INTO University of East Anglia

★★★★★
★★★★★
4.12
2
日本語可
イギリス
ノーリッジ
----
----

基本情報

正式名称
INTO University of East Anglia
通称
INTO University of East Anglia
イギリス
都市
ノーリッジ
住所
Norwich Research Park Norwich NR4 7TJ
設立年度
規模
認可
オーナー
学べる言語
英語
滞在方法
設備
門限
立地・周辺環境
祝日
イギリスの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
洗濯
掃除
宿泊形態
入退寮日
レンタル可能品
なし
その他

口コミ

Macho12週間2017年08月28日
【Total 】 大学キャンパス内にある語学学校なので、学生も多く、勉強するにはもってこいの環境。 シティセンターにもバスで15分ほどで行くことができ、可愛いカフェや大きめのショッピングモールもあるので、息抜きもしやすい。オンとオフのメリハリがつけやすい。 【What are recommended points?】 アジアだけでなく、世界各国から学生たちが集まっているので、言語だけでなく、様々な国や文化について学ぶことができる。先生もプロフェッショナルな人達ばかり、学校や寮の設備もきれいでしっかりしている。 【What are your valuable experiences?】 やはり、色んな国の友達かできたこと。クラスの規模はそれほど大きくないので (私が在籍していたクラスは14人ほど)、生徒同士の距離感が近く、しっかり、楽しみながら勉強ができた。 授業の合間にカフェでお茶をしながら会話をしたり、週末にシティやロンドンまで一緒に出かけたりするのも楽しかった。
mii61448週間2017年10月06日
大学内にある語学スクール。 滞在方法は、ホームステイや、大学の寮が選べる。 大抵の生徒は寮に入っていた。 寮は大学の敷地内にある。 寮では共有キッチンがあり、そこで生徒と交流できる。 部屋はベッドと机、トイレシャワー付き。十分な広さで綺麗。 学校については、まず、生徒はほぼアジア圏である。 時期にもよるが大半は中国、韓国、日本の生徒。 たまに欧州からの留学生もいる。 ひとクラスの人数が多いため(15人〜)積極的に会話に参加する必要がある。 日本人は日本で文法をしっかり学んでいるが、会話はできない生徒が多いので、留学のクラス分けでは会話のスキルでクラス分けされる。 そのため、文法の授業ではかなり退屈になると思う。だか、文法の知識を活かしてそこのレベルでどんどん会話スキルを磨いていけばいい。 他国の生徒は平気で間違った文法でも喋るので、とにかく物怖じせずに発言しコミュニケーションをとることが大事である。 授業は大学内の教室を使うことがあるので、次の授業がどの教室であるかを必ず把握しておくことが大事。 大学はそれなりに広いので授業を逃してしまう恐れがある。 大学の敷地内にバーもあり、施設は充実している。 色々な国の生徒がいるので差別的なことも少ない。 学食も自由に使用できる。 とにかく、日本人で固まらず、積極的に大学の催しに参加したり、資格を取ったり、と活動しないと、ただ授業をうけて日々が過ぎていくだけ。 環境は十分すぎるくらい整っているのであとは自分次第なところはある。

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む