ハリー杉山さんと長濱ねるさんが森美術館「アナザーエナジー展」鑑賞|STEP2【個人で鑑賞】オズマガジン掲載

2021年07月12日 10時00分

おでかけ OZmall

2021/7/12(月)発売のオズマガジン8月号は「アートなおでかけ」特集。ベストセラー『13歳からのアート思考』の著者・末永幸歩さんに、誰でもすぐに実践できる「アートの楽しみ方」を教えてもらいました。体験するのはJ-WAVE (81.3FM)「POP OF THE WORLD」のナビゲーター、ハリー杉山さんと長濱ねるさん。「アートをどう見ればよいかわからない」という人にこそ知ってほしい、新しい自分との出会いが美術館には眠っていました。

【ナビゲートしてくれるのは、ベストセラー『13歳からのアート思考』の著者・末永幸歩さん】

―――アート鑑賞って難しくないですか?
難しく考えなくて大丈夫です。まず作品の前に立ったら、見たままの印象をアウトプットしてください。おすすめは、初めに展覧会全体をさっと1周して直感で気になる作品をひとつ見つけることです。美術館に行くと作品解説を読むことに追われたり、写真を撮るのに夢中になったりと、あちこち思考が散らばりがちではありませんか? じっくりと時間を使ってひとつの作品に対峙することで、アートを五感で堪能できて、記憶に残る作品と出会えるようになりますよ。(末永さん)

【いざ実践】ハリー杉山さん、長濱ねるさんとこんな方法で鑑賞します!
◆STEP1【3人で鑑賞】
3人で気付いたことや感じたことを話し合いながら鑑賞します。

◆STEP2【個人で鑑賞】←今読んでいるのはこちらの記事
視点を変えながらじっくり作品と向き合い、感じたことを互いに話し合います。

◆STEP3【自由鑑賞】
STEP1、2を踏まえて、気になった作品を選んで自由に鑑賞します

◆STEP2【個人で鑑賞】宮本和子《黒い芥子(けし)》、ミリアム・カーン《美しいブルー》

【作品をじっくり見て、自分なりの答えを見つける】

フィリダ・バーロウ《アンダーカバー 2》の次は、宮本和子《黒い芥子》とミリアム・カーン《美しいブルー》を個々に鑑賞。気付いたことを発表し合うと、お互い異なる見方をしていて驚きが…!



【末永】次に見るのは、黒い糸と釘で構成された立体作品です。今度はこんな鑑賞ポイントも加えてみてください。「どんな音が聴こえる?」「どんな触覚を感じる?」「どんな温度がする?」視覚以外の五感を使ってさらに視点を変える問いかけです。最後は作品に独自のタイトルを付けてみましょう。付けた理由も一緒に教えてください。

(それぞれ10分ほどじっくり鑑賞)

【末永】では発表していきましょう。

【ハリー】僕は『人の本質』です。「黒いひもが無数にある」「メタリックな音」「シャープな見た目」「ひもの中に狭い道がある」と書き出しました。クールな見た目は、「人に頼られて強くあろうとする自分」。狭い道には「脆くて生々しい自分」がいるんじゃないかと。それでこのタイトルが浮かびました。

【末永】素晴らしい! ねるさんはどうですか?

【ねる】私は『砂』です。最初は「固そう」「熱そう」「黒いのに光みたい」と書いたんですが、離れてみたら、「磁石に吸いつく砂鉄」だと思いました。近づくと釘が地面から浮いていて、釘の丸い部分が、砂のように粒々っぽく見せているって気付いたんです。

【末永】釘の影が音符みたいにも見えますね。

(近づいて見るふたり)

【ハリー】音符の線ですね!

【ねる】五線譜にも見えます!

【末永】どんな音楽が聞こえるかも考えられそうです。こうしてオリジナルのタイトルを付けると、ふたりとも同じ作品を見ているのに、まったく違う見方をしていることがわかりますよね。作品にいろんな問いかけをすることで、自分と作品だけのやりとりができますよ。



【末永】次は絵画作品です。この絵で短いお話を作ってみましょう。

(離れたり近づいたりして鑑賞)

【ねる】初めに海に見えてから、なかなか印象を変えられません…。

【末永】あえて考えを否定してみましょうか。「海じゃないとしたら?」という調子です。ほかにも、「絵の外側に続きがあったらどんな絵が描かれている?」「もし作品の中に
自分が入り込んでみると?」など視点を膨らませてみてください。

(さらにじっくり観賞後)

【末永】では今度はねるさんから発表してもらいましょう。

【ねる】「落ちていく人々は助けを求めていた。海の底は深く暗く冷たく、とらえることができない。泣き叫ぶ声がぼんやりと聞こえた気がする。私はうつろな目でただただ傍観していた」。やっぱり、この絵は海に見えて…。そこで「温度」を考えたら、左下の深い青色を見て、凍てつくような寒さだろうなと想像しました。絵の中の人の目も赤くて、助けを求めているように見えたんです。

【末永】「傍観」というのは?

【ねる】作品の中に入り込んでみると、自分は海に落ちていくふたりをぼーっと眺めている傍観者なんだと思いました。だから実際につらい目に遭っている人に、自分は手を差し伸べられていないって気付いたんです。そういう自分の内面までのぞけた気がします。





【ハリー】僕と見方が全然違う。僕は会話形式の話を作りました。「ねえ、なんでそんなにがんばるの。だってさあ、生きる実感が欲しいから。空気って、どんな味がするのか知りたいんだよね。それってさ、誰かに認められたいの? うーん…なんだろう…無になるのが怖くて、怖くて…。でもさ、空気の味って…大したもんじゃないかもよ」。僕は水面を泳ぐ魚を上から鳥が見ていような目線で、ふたりがレースをしている姿に見えました。

【ねる】えー、おもしろい!

【ハリー】赤い目を見て、自分も徹夜して猛烈に集中すると充血するのと一緒だなと。このふたりは「もがきながら苦しむけど、無我夢中でがんばっている人」なんです。過去に自分も「なんでそんなにがんばってるの?」って人から言われたことを思い出しました。

【ねる】ふたりとも目が赤い理由が全然違う。がんばってるとか恐怖を感じてるとか、心の状態で見方が変化していますね。

【ハリー】今日見た作品も、明日見たらまた違って見えるんだろうね。

【末永】作品と向き合うと、自分自身にも向き合えるのが、アートのおもしろさですね。作品とのやりとりを通して湧き起こった感覚を「自分なりの答え」として大切にしてほしいなと思います。

Profile
◆末永幸歩さん
美術教師、東京学芸大学個人研究員、アーティスト。現在、オンライン講座「Udemy」を開講中。アートを通して「モノの見方を広げる」ユニークな授業を展開している

◆長濱ねるさん
欅坂46卒業後、多岐にわたり活動中。『セブンルール』(カンテレ/フジテレビ系)、J-WAVE『POP OF THE WORLD』ではMCを務める。アートは詳しくないけれど、好き

◆ハリー杉山さん
司会、リポーター、モデルなどマルチに活躍。J-WAVE『POP OF THE WORLD』、CX「ノンストップ!」、TBS「世界ふしぎ発見!」など多数出演。アートには親しみがあり

◆3人が訪れたのはこちら!「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人」森美術館



【キャリア50年以上の現役女性作家が集結】

71歳から106歳までの現役の女性作家16人に光を当てた本展。絵画に映像、インスタレーションなど約130点が並ぶ。活動拠点も作風も異なる彼女たちの共通点は、自分の信念を貫き50年以上制作を続けてきたこと。性別ではくくれないなにか特別な力=アナザーエナジーを放つ作品に、挑戦を続けることの勇気をもらえるはず。

DATA
開催場所/森美術館
開催日程/2021/4/22(木)~9/26(日)
開催時間/10:00~20:00、火~17:00(閉館30分前最終入館)
※事前予約制
※当面、上記の通り時間を短縮して営業
住所/東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
アクセス/六本木駅より徒歩3分
定休日/会期中無休
入場料/1800円ほか
お問い合わせ/050-5541-8600(ハローダイヤル)
※最新情報は、美術館のWEBサイトをご確認ください

【OZmallからのお願い】
新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

※オズマガジン2021年8月号「アートなおでかけ」の記事を一部転載 
※掲載店舗などの情報は、取材時と変更になっている場合もございますので、ご了承ください

OZmall

2021年07月12日 10時00分

おでかけ OZmall

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。