1位はあの“名曲の宝庫”!OZ読者100人が選んだ、音楽が好きなミュージカルBEST3

2020年06月23日 17時00分

ミュージック おでかけ OZmall

ミュージカルを観てみたいけれど、どれを観たらいいかわからない。そんな悩みに応えるべく、ミュージカルを鑑賞したことがあるOZ読者100人にアンケートを実施しました。今回は「音楽が好きなミュージカル」上位3作品を発表! 選ばれた理由や公演動画をチェックして、好みの作品を見つけてみて。



◆第1位『サウンド・オブ・ミュージック』



【「ドレミの歌」「エーデルワイス」など、思わず歌いたくなる“名曲の宝庫”】

第二次世界大戦中のオーストリアを舞台に、自然と音楽を愛する修道女・マリアとトラップ大佐、7人の子供たちの心の触れ合いを描いた『サウンド・オブ・ミュージック』。劇中に登場するナンバーは誰もが知っている名曲ばかりで、ストーリーと音楽がシンクロし、よりいっそう心に響くこれぞミュージカル。子供たちが歌と出会い、心を通わせていく場面で歌われる「ドレミの歌」に心癒され、トラップ一家が祖国オーストリアを想って合唱する「エーデルワイス」にきっと涙するはず。

【あらすじ】
歌と自然を愛するシスター見習いのマリア。お転婆な彼女が家庭教師として派遣されたのは、厳格な海軍将校・トラップ大佐と母を亡くした7人の子供たちが暮らすお屋敷だった。軍隊のような規律で躾けられ、心を閉ざす子供たち。マリアは音楽によって彼らの心を解き放ち、やがてトラップ大佐の心も揺り動かしていく。音楽を通じて固く結ばれる家族の愛と絆。しかし、その影でナチスドイツの魔の手が祖国オーストリアに忍び寄っていた…。

読者のコメント
・初めて観たミュージカルが『サウンド・オブ・ミュージック』です。どれも知っている曲で心にじーんときました。
・マリアとかわいい子供たちに心が癒されます。何度も観たいミュージカルです。
・『サウンド・オブ・ミュージック』は歌に癒されます。

◆第2位『ウエスト・サイド・ストーリー』




【「トゥナイト」など、60年以上も愛され続けている名曲の数々に感動】

シェイクスピアの悲劇『ロミオとジュリエット』に着想を得た『ウエスト・サイド・ストーリー』は、1950年代のマンハッタン、ウエストサイドを舞台にした切ない恋物語。主演の2人が情感たっぷりに恋心を歌い合う「トゥナイト」や、リズミカルで楽しい「マンボ」、エネルギーにあふれた「アメリカ」など多くの名曲が歌われる。誰もが一度は観ておきたい、ミュージカルの金字塔。

【あらすじ】
舞台は、1950年代後半のニューヨーク、マンハッタンのウエストサイド。セントラルパークを挟んで、イーストサイドが高級住宅街で、ウエストサイドには多くの移民が住んでいた時代の物語。この頃のニューヨークは、世界中から多くの移民が夢と富を求めて集まってきた時代だった。彼らはそれぞれギャング集団を作り、お互いに敵対し合う。しかし、ポーランド系移民のトニーと、プエルトリコ系移民のマリアは偶然出会い、激しい恋に落ちてしまう。禁断の愛は多くの人を巻き込み、悲劇の連鎖を生む…。

読者のコメント
・バルコニー越しにでマリアがトニーと歌う「トゥナイト」は大好きです。まさに『ロミオとジュリエット』ですね。
・「アメリカ」も「マンボ」の踊り出したくなるような楽しい曲で、頭の中で何度も繰り返しています。
・『ウエスト・サイド・ストーリー』は音楽が好きです、どの曲もどこかで聴いたことがあり、“あ、あの曲だ!”と思うとさらに楽しくなります。

◆第3位『CHICAGO』



【舞台上で演奏されるオシャレなジャズの数々は最高にクール!】

ニューヨーク・ブロードウェイの初演から20年以上、世界36カ国、500都市以上、12言語で上演されているメガヒット・ミュージカル『CHICAGO』。実話に基づいた悪女2人によるスキャンダラスなストーリー展開、セクシーな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちの妖艶なダンスで観る人を魅了する。そして、“何でもあり”と歌う「オール・ザット・ジャズ」をはじめ、夫への愛を皮肉たっぷりに歌う「ファニー・ハニー」など、名曲の数々で舞台は最高潮に!

【あらすじ】
1920年代のジャズ全盛時代、イリノイ州シカゴ。不倫を重ねていた夫と妹を殺した元ナイトクラブ・ダンサー、ヴェルマが収監されている監獄に、愛人を殺害した、女優志願の人妻ロキシーがやってくる。悪徳敏腕弁護士ビリー・の力でメディアの注目を集め、スターとなっていたヴェルマに負けじと、ロキシーもビリーを雇ってマスコミを利用し、正当防衛の“悲劇のヒロイン”として一躍メディアの寵児になっていく…。

読者のコメント
・ジャズテイストの音楽はオシャレでとにかくかっこいい!
・『CHICAGO』は毎公演欠かさずに観ています。舞台の上で演奏されるジャズがかっこよくて好きです。
・「オール・ザット・ジャズ」、最高ですね!

OZmall

2020年06月23日 17時00分

ミュージック おでかけ OZmall

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。