“誰かが求める自分” をつくっていることに疑問を感じて家出した妻が戻ってきた!あの名作のその後とは?永作博美インタビュー

2019年07月06日 10時00分

おでかけ OZmall

夫からひとりの人間として見られていないことに絶望した主人公のノラが、家族を置いて家を飛び出したところで幕を下す印象的な名作といえば、ヘンリク・イプセンによる1879年の戯曲『人形の家』。そんな物語の15年後を描く舞台『人形の家 PART2』が、2019年8月9日(金)から 9月1日(日)まで紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演される。そこで、主演の永作博美さんに舞台やプライベートについて聞いてきました。



【名作のその後の物語を知るってワクワクします】

――まず、主人公のノラ役に決まったときの感想をお聞かせください。

お話をいただいたときは、「あぁ、あの先が読めるんだ!」という感じでした。
イプセンの『人形の家』のお芝居を観たり本を読んだりされた方も、ノラが家を出てから「あの後どうなったんだろう」とか、「子どもたち大丈夫かな」「ノラはなにを考えているんだろう」とか、きっといろんな思いをめぐらせていらっしゃっただろうなと思います。
実際に『人形の家 PART2』の脚本を読ませていただいて、すごくおもしろい作品だと思いました、想像以上でした!



【これは私じゃない、本当の私ってどれ?“誰かが求める自分”をつくるのをやめたノラ】

――『人形の家』で、最後に家を出てしまうノラの気持ちについて、どう思われますか。

彼女は家事が嫌だとか、子どもたちとの生活が嫌だとか、そういうことは少しも思っていないだろうなと思うんです。でも、自分の居場所をつくるために、“誰かが求める自分” をつくっていることに気づいて、疑問を持ち始めたんだろうなと思います。それで、あるとき“自分をつくる”のをやめた、ということだと思います。これは私じゃない、本当の私ってどれ?という感じかなと。


――そして今回の舞台は、そこから15年後の物語。再び戻ってくるノラの気持ちが気になるところです。

たぶん、本人は戻ってきたくなかっただろうなと思いますね。帰らざるを得なくなってしまった理由があって帰ってくるのですが。
突然帰ってきたノラに、家族は戸惑いながら、なにを話していいのやら…というところから、物語は始まっていきます。登場人物は4人なのですが、それぞれと1対1で話し合って、想像以上に全員が自分の本当の気持ちを吐き出しています。
140年前という時代背景なのですが、今の私たちの生活や、悩み、考えていることなどが、それほど違わないんです。あと、「こんな家族、いるかも」と、ちょっとワケありの家族の一場面を見ているような感じもあるかもしれないですね(笑)。

【永作さんの仕事と家庭の両立の秘訣は?】

――ご自身もご家族があって、多岐にわたりお仕事もされていて、毎日お忙しいと思うのですが、両立するために、意識されていることはありますか。

ちゃんと寝る、ということですね。きちんと眠れると、リセットできるんです。いっぱい食べますし、いっぱい寝ます(笑)。

――普段、台詞を覚えるときは、どうされていますか。覚えるコツはありますか。

台詞は移動中に覚えることが多いですね。その人の生き方をイメージしながら、その世界観や空気に引っ張られながら、進めていく感じですね。台詞だけをただ覚えるだけで進めていくと、その台詞だけが尖ってくるというか。



【日常の「ま、いっか」が埋まっていく!演劇鑑賞でエネルギーをもらっています】

――ご自身が舞台や映画などを観に行くときは、誰かと一緒に、それともひとりで?

ひとりで行くことが好きですね。ひとりだと自由に考えられるというのか。あと、鑑賞中にストンとなにかが抜ける瞬間があって、その感覚が気持ちいいんです。

――抜ける、とは?

なんというのか、「あ、そうだ、あれはこうしよう」というのが急にひらめくというのか。どうしようかなということを決められたり、空いた隙間を埋められたりしたほうがスッキリするけれど、日常には「ま、いっか」と流してしうまうこともいっぱいあるじゃないですか。そういうところが埋まっていく感じが気持ちいいんですね。演劇だけでなく絵画でもなんでも、その作品のエネルギーなのか、なにかに触発されるのだと思うのですが、それに助けられるという感覚です。

――もし今回の『人形の家 PART2』を誰かと一緒に観るとしたら、誰と行くのがおすすめですか?

年齢や性別関係なく、どなたと一緒でも興味深く観ていただけると思います。ひとりで観たらもしかすると、「ちょっとどうしよう、誰に話せばいいのかな」となるかもしれないですね(笑)。誰かと一緒だと、「あのシーン、どうだった?」とか「あの台詞、どう思った?」と言って、あとでものすごく盛り上がると思います。みなさんには、ぜひ誰かと一緒に観ていただいて、意見を交わし合って、そして帰っていただくのがいいのかなと思います。




【人間関係の悩みを解決するヒントが見つかるかも】

――まだ演劇を鑑賞したことがない方も多いと思うのですが、最後にひと言、みなさんへのメッセージをお願いします。

初心者の方にはいいんじゃないかなと思います。時代背景は残しておきたいという演出家の意図もあって、衣裳なんかはその時代に寄り添ったものですが、現代劇だと思っていただいていいですね。100分ぐらいでそう長くない戯曲ですし、難しいことはなにひとつ言っていないんです。ただ、人間が生きることの難しさは、たくさん出てくるのですが。
それぞれの登場人物が、人との間を埋めるために一生懸命話しているので、なにかヒントがもらえるかもしれないし、代わりに言ってくれてスッキリしたと感じる人もいるかもしれないです。誰でも少しぐらいは人間関係の悩みはあると思うので、そういう意味では少し発見はあるかもしれませんね。

――すごく楽しみです。ありがとうございました。

OZmall

2019年07月06日 10時00分

おでかけ OZmall

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。