SNSで話題!「翁堂」のおとぼけたぬきケーキ

2019年02月26日 17時00分

おでかけ マニマニマグ



JTBのMOOK「東京から行く週末おいしい旅vol.2」とコラボして、ちょっと離れていても食べに行きたくなる首都圏周辺グルメを紹介するこの連載。


今回は、長野県松本にある老舗ケーキ店「翁堂」です。


新店舗が次々と流行を発信するなか、昔ながらの伝統を継いだバターケーキが注目されています。


(Photo &Text/渡辺 俊)


※連載「東京から行く週末おいしい旅vol.2」はコチラからご覧ください。


バラエティに富んだバターケーキにときめく


翁堂の内観明治44年(1911)創業、現在3代目が切り盛りする老舗の和洋菓子店「翁堂」。


本店はJR松本駅から徒歩13分、松本市の上土通りにあり、ほかにも駅前店と中町蔵店の3店舗があります。


お店の中に入るとショーケースにはケーキをはじめ、最中やくるみ餅など和菓子がずらりと並び、素朴なスイーツは地元の人々に愛されています。


一度見たら買わずにいられない「翁堂」のたぬきケーキ


翁堂のたぬきケーキ「翁堂」に入ってまず目に飛び込んでくるのが「たぬきケーキ」1個320円。


早朝からケーキ生地にバタークリームをしぼり、職人さんが手作業で表情を作っているため、ひとつひとつの表情が違うんです。


あっちを向いたりこっちを向いたり、「どれにしようかな」と選ぶのが楽しい愛らしさです。


ほどよい甘さのバタークリームは、コクがあって子どもの頃に食べた懐かしい味わい。耳はアーモンド、帽子は緑のドレンチェリーでできています。


ぶたケーキにパンダケーキ、「翁堂」のカラフル三兄弟


翁堂のケーキたぬきケーキの横に鎮座していたのが、コーティングがストロベリーチョコの「ブタケーキ」、レモンチョコレートの「パンダケーキ」(各320円)。


カラフルでキュートな三兄弟、並ぶとかわいいですね♪


ときにシロクマなども登場するらしいので、「翁堂」を訪れたら要チェックです。


小さくてかわいい、どうぶつベイビー


翁堂のケーキ「翁堂」には、さらに小さいサイズの「どうぶつベイビー」(1個170円)もあります。


ミニサイズのどうぶつケーキは、パンダ、ブタ、ヒヨコ、キツネ、コアラ、フクロウなど、職人さんの遊び心でどんどん新しい仲間が加わっています。


小さなどうぶつたちが右往左往するように並ぶ姿はたまらなくキュート!


コーティングは違いますが、どれもお腹の中はあんず味。午後のコーヒータイムのお茶請けにいかが?


翁堂には、お酒を楽しむ大人向けの「たぬきケーキ」も!


翁堂のたぬきケーキサイズはどうぶつベイビーと一緒なのに、この子だけは大人向け「大人のたぬきケーキ」(1個280円)です。


体の中のケーキ生地にはラム酒がたっぷり染みていて、小さくてもしっかりラム酒の風味が楽しめます。


まとめ買いする方もいて、時には売り切れてしまうこともあるので、おみやげにする際は事前に予約をしておくと安心です。


「翁堂」のお菓子は、社長や職人さんのアイディアと、昔ながらの伝統がちょうど良く混ざり合っています。


SNSで話題になっている理由は、作り手のやさしさや伝統を大切にしたいという思いが伝わってきて、見る人がほっこりするからなんだと思います。


駅前店の2階には喫茶室があり、昭和レトロな雰囲気のなかでドリンクとケーキを楽しめます。


イートインでも、テイクアウトでも。食べると元気になる「翁堂」のケーキをぜひご堪能ください。


翁堂【おきなどう】


営業時間:9:00〜19:00

定休日:第1・3水曜(季節により変動あり)

Web:https://www.mcci.or.jp/www/okinado/

住所:長野県松本市大手4-3-13


おまけPHOTO


翁堂のミミーサブレ「ミミーサブレ5枚400円」は、オーナーが飼っていたインコをモチーフにしたサブレ。40年前に生まれた商品ですが、レトロモダンなミミーちゃんがかわいいと、再ブレイク中


今度の週末は食べるために旅しよう!


おいしいもののために旅をして、せっかくだから観光も!2017年に発行された週末の素敵な“おいしい”過ごし方を紹介する、JTBのMOOK『東京から行く 週末おいしい旅』が好評につき第二弾として帰ってきました!


第一弾からエリアやメニューも変わりパワーアップ。


今回紹介した翁堂のような、わざわざ食べに行きたいその土地の“オンリーメニュー”が、なんと100メニューも掲載されています。


せっかくおでかけしたなら、ついでに観光したい!という声にもおこたえし、各エリアで今話題の観光スポットやショップ情報も満載。


東京で今食べに行きたい旬なグルメ案内も収録し、毎週末活躍すること間違いなし♪第一弾を持っていない方も、是非セットで楽しんでください!


【こんなエリアが載ってます】


鎌倉、三浦海岸・三崎、小田原、横浜、秩父・長瀞、軽井沢、千葉、松本、甲府、益子…and more!


東京で今話題となっているカフェやレストランが勢揃い!東京グルメエリア案内も収録


関連記事 こんな記事も読まれています


【今が旬】長野「フランセ板屋」の「ももたろう」は究極のデザートだった!



SNS映えしすぎ!?「RK GARDEN(アールケイガーデン)」のアートなヴィーガンキッシュ<東京から行く週末おいしい旅>



「豊島屋菓寮 八十小路」(鎌倉)の宝石箱のような和スイーツ!



マニマニマグ

2019年02月26日 17時00分

おでかけ マニマニマグ

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。