旅の記念に!「sarasvati(サラスバティ)」&「宮島工芸製作所」の“オシャレ杓子(しゃくし)”

2018年07月05日 21時00分

おでかけ マニマニマグ



嚴島神社を含め、島の約14%が世界遺産に認定されている広島県の「宮島」。取材でよく訪れるのですが、今回は初めて見た時に自分用に即買い、その後もお世話になった方や友達へプレゼントするためにちょくちょく購入している、お気に入りの杓子をご紹介します!

取材する際、担当でなくとも雑貨は必ずチェックする私が、「myキッチン部門ではこれが1位では…」という、名品中の名品。

見た目&遣い勝手が抜群で、日々ご飯をよそうのが楽しくなる、ナイスアイテムなんです。


最初の出合いは、宮島のコーヒーの名カフェ「sarasvati(サラスバティ)」


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」私が宮島の杓子に初めて出合ったのは、取材合間に休憩でよく利用する「sarasvati(サラスバティ)」というカフェ。嚴島神社の入口から徒歩3分、店内で焙煎したての本格的なコーヒーが味わえるお店です。

ある時ふと「sarasvati(サラスバティ)」の入口に目をやると、そこにあったステキな杓子に目を奪われました。なんてきれいな形なの…!


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」緩やかに丸みを帯びた形がなんとも美しい。ヘラ部分は薄く、緩やかなカーブを描いています。持ち手は厚みがあり、何とも握りやすそう。「丸柄ナナメ杓子」という商品名で、1100円(箱付)です。


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」家で早速試したところ、やっぱり超絶の使いやすさ。握ると手のうちにすっぽりと収まり、手と杓子の一体感すら感じられます。

プラスチックのものに比べると、ややお米がつきやすいですが、少しお水につければ即解消。見た目的にも優しい色合いですし、何よりよそっている最中から国産のサクラの木の香りが漂い、「ご飯、おいしそうだなー」と思えることがいい!

食べる前から食欲がそそられ、テンションが上がります!


「宮島工芸製作所」で「丸柄ナナメ杓子」の秘密を探る!


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」あまりにも気に入ったので、次の宮島来訪では「丸柄ナナメ杓子」を作っている宮島工芸製作所に行ってみることに。

製作所は、飲食店やおみやげ店が立ち並ぶ「表参道商店街」の裏側の「町家通り」を、さらに奥へと進んでいったところにあります。辺りはほぼ住宅です。


宮島工芸製作所は明治23年(1890)創業。最初は角盆を作っていたそうですが、昭和初期から杓子を作り始めたとのこと。

家庭用の杓子やヘラ、バターナイフの小物などを中心に、時には飾り用の超巨大な杓子まで、約30 種の製品を作っています。


工房の中へおじゃますると、数人の方が機械に木を当てていました。木をざっくりと切ったあと、ルーターや面取り器で杓子を形作り、なめらかになるよう磨きをかけるそうです。


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」手前が、木からざっくり切り出した杓子。木材はサクラやヒノキ、クワ、ケヤキ、ミズメの5種が主で、すべて国産で主に中国地方のものを使っています。

「丸柄ナナメ杓子」は長く使えるようにと、素材が硬いサクラの木を使用しているそう。


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」木材を一本ずつ小さな型にはめて手で研磨する機械に当てて、形を整えていきます。


工程は全部で7つあり、細かい調整はすべて手で行っています。

4代目の藤井佐武郎(さぶろう)さん曰く、「大切にしているのは、使いやすく長期間使用できるものを製作すること」だそう。この思いが、機械任せにしない杓子作りに繋がっているのですね。


ちなみに私が惚れた「丸柄ナナメ杓子」は、3代目による考案で、発売から約25年(!)のロングセラーでした…


そもそも杓子は、約200年以上前に宮島で誕生!


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」ここで少し、杓子の歴史を。

はじまりは1800年頃。僧の誓真(せいしん)が、琵琶を持った弁天材の夢を見たことがきっかけで、琵琶から杓子を思いつき、山の神木で作ることを島民たちに教えたといわれています。

「神木の杓子でご飯をいただくと幸福を招く」と世に広まったそう。


長い歴史をもつ伝統的な杓子の形を元に、現在「宮島工芸製作所」では、調理ヘラやターナー、お玉、フライ返し、バターナイフなどさまざまなキッチンアイテムを作っています。

杓子を知り尽くした社長やスタッフによるデザインだそうです。


こんなにさまざまな種類の道具がその後に生み出されるとは、誓真さんもびっくりされたことでしょう。


宮島旅の思い出にぜひとっておきの1本を…


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」木でできた杓子は、調理中に溶けたり、フライパンや鍋を傷つけたりする心配がないのもよいですね。長く使うことで手に馴染み、木材にもよりますが、だんだん飴色に変わっていきます。

その経年変化による“味”も含め、長く使えるアイテムなのです。


宮島では、「sarasvati」や「宮島工芸製作所」以外にも杓子を扱うお店がいくつかあります。ぜひいろいろのぞいてみて、お好みの1本を連れ帰り、日々の暮らしで使ってみてください。宮島みやげとして大切な方へプレゼントするのもおすすめです。


私のイチオシ「丸柄ナナメ杓子」もぜひ候補に入れてくださいね!


sarasvati【さらすばてぃ】


営業時間:8:30~19:00

定休日:不定休

Web:http://sarasvati.jp/

住所:広島県廿日市市宮島町407


宮島工芸製作所【みやじまこうげいせいさくじょ】


営業時間:8:00~17:00

定休日:日曜

Web:http://www.geocities.jp/miyajima_shamoji/

住所:広島県廿日市市宮島町617



おまけPHOTO


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」宮島工芸製作所の店先では、「丸柄ナナメ杓子」(1080円)など、さまざまな形の杓子を販売しています。木製のキッチンアイテムも多数。


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」コーヒーのよい香りが漂う「sarasvati(サラスバティ)」では、煎りたての豆の購入や、カフェ休憩もお忘れなく


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」「sarasvati」はとても洗練された空間。男女問わず、ゆったりくつろげます


「sarasvati(サラスバティ)」と「宮島工芸製作所」「宮島工芸製作所」が手掛けた、「sarasvati」オリジナルのカッティングボード(1620円)もおすすめ。包丁の刃に優しい、軟らかい檜(ひのき)が使われていて形もきれい。価格も手ごろで、私も同行したカメラマンさんも、即決で購入しました。やや小さめなので、第2のまな板やお皿代わりに日々の台所で活躍中です。(販売はsarasvatiのみ)


関連記事 こんな記事も読まれています


世界遺産・宮島をのんびり巡る旅。質感に感動した逸品に出逢う【旅先から連れ帰ったくらしの道具-6-】



季節の変わり目に思い出す、宮島「坂本菓子舗」の極上もみじまんじゅう



「大久野島」は至福のうさぎハーレムだった!日本で唯一のうさぎ島に大満足



マニマニマグ

2018年07月05日 21時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。