「小正醸造 嘉之助蒸溜所」で味わう焼酎造りから生まれたウイスキー

2018年07月04日 18時00分

おでかけ マニマニマグ



ビールからの焼酎、これが私のいつもの飲み会の流れ。ビールののどごしを味わい、薩摩の女ならやっぱ焼酎!とお馴染みの焼酎をちびちびと味わう。そんな半分オヤジの私ですが、最近気になる存在がいます。それが、ウイスキー。朝ドラで目覚めたウイスキーへの憧れ。鹿児島の「マッサン」ストーリーを探しに、いざ日置へ!


(Photo&Text/谷川沙由里)


嘉之助蒸溜所で作るウイスキーに活きる焼酎造りのノウハウ


小正醸造 嘉之助蒸溜所日置市の吹上浜沿いに2018年5月にオープンした「嘉之助蒸溜所」。南九州自動車道を美山ICで下り国道270号を南へと車を走らせ辿り着くのが、小鶴ブランドでお馴染みの焼酎メーカー・小正醸造が新たに造ったウイスキー製造所です。

長期貯蔵して作る熟成焼酎の「メローコヅル」は2代目の小正嘉之助が生み出したヒット商品。先代の名にあやかり、焼酎造りのスキルを活かし新たなジャパニーズウイスキーを作り出しているのだそう。まさか焼酎とウイスキーがこんなに近い存在だったとは…。


いざ、嘉之助蒸溜所のウイスキー製造現場へ


小正醸造 嘉之助蒸溜所初めてのウイスキー製造現場の見学はとにかくすべてが新鮮。所要は1時間ほど、製造の工程はシンプルで分かりやすく、ウイスキー作りの知識を聞き漏らすまいととにかくスタッフの説明に耳を傾けました。
マッシュタン(糖化槽)で麦芽を麦汁へと変化させ、ウォッシュバックで酵母を加え2、3日寝かせることでアルコール度数が7~8%へと上がります。そして、工程の中でも一番注目なのが、ポットスチル(蒸留器)。


小正醸造 嘉之助蒸溜所ラッパのような形と、色合いがカッコイイ!
この中でウイスキーが蒸留され、2度の蒸留でアルコール度数は50~60%へとグンと上がります。ちなみにこの規模の蒸留所でポットスチルが3基あるのは珍しいんだとか。

3基の違い、分かりますか?まず大きさ、そしてネックの形状や上部のラインアームの角度の違いによって原酒の香りや味わいに変化が生まれるそう。

奥が深いぜウイスキー。


じっくりと待つからこそできあがる美味しさ


小正醸造 嘉之助蒸溜所蒸留後のウイスキーを樽詰めするための樽もさらっと流してはいけません。何やら味のある樽だなと思っていたら元はバーボン樽だったものを再利用。


他にも焼酎やシェリー酒など、ウイスキー以外のお酒を作るなかで使った樽を使うのは味わいへの変化を期待してのことなんだとか。そして、樽に詰まってしまえばあとはじっくりと貯蔵期間へ入ります。最低でも3年、樽の中で熟成されます。


今日できたウイスキーと出合えるのがいつになるのか…ウイスキー作りのロマンここにあり、ですね!


嘉之助蒸溜所で楽しめるオーシャンビュー×ウイスキー=最高


小正醸造 嘉之助蒸溜所見学の最後に訪れる「THE MELLOW BAR」。

なんですかこの絶景は!目の前に広がる海!特注のソファは座り心地抜群で、住みたいほどの居心地の良さ…。そんなバーで試飲を楽しめる贅沢なひととき。


試飲は2種類の原酒と貯蔵期間6ヵ月未満のウイスキー、ウイスキーを作る過程でできる麦汁の4種類を味わえます。

口に含んでみると、確かに味わいが違う!

これから完成するウイスキーへの期待も、胸いっぱいに高まります。


ウイスキーをたしなむ素敵な大人を目指します


小正醸造 嘉之助蒸溜所焼酎好きの私にとって遠い存在だと思っていたウイスキーが、こんなにも身近な存在だったなんて、嬉しいギャップです。

世界でも注目が高まっているジャパニーズウイスキー。それを鹿児島から発信しているなんて鼻が高い。

美味しいお酒を家でじっくり味わうのも素敵な時間だけれども、できあがるストーリーから知ればより有意義に、より美味しく感じられそう。ウイスキーグラスを片手にウイスキーへ思いを馳せる、そんなオトナ女子へと私はなりたい!


小正醸造 嘉之助蒸溜所


【こまさじょうぞう かのすけじょうりゅうしょ】

営業時間:10:00~17:00(見学は10:00~、13:00~、15:00~)

定休日:なし※臨時休あり、見学は4日前までの要予約

料金:見学料1000円(テイスティング含む)

Web:http://kanosuke.com/

住所:鹿児島県日置市日吉町神之川845-3


 


おまけPHOTO


小正醸造 嘉之助蒸溜所ポットスチルの中で蒸留中。蒸留は2回行われ、1回目の蒸留だとアルコール度数は20%ほどになるそう。


小正醸造 嘉之助蒸溜所試飲は持ち帰りもOKなので、車で訪れた場合も安心。色や香り、味わいの違いを感じてみて。


小正醸造 嘉之助蒸溜所1階には売店もあり自由に商品を見ることができます。注目したいのは、樽詰め前のウイスキー原酒を使った蒸留したての「ニューポット」。ウイスキーといえばキレイな琥珀色と思っていましたが、ニューポットは無色透明。

原酒でも味わえるなんて知りませんでした。


小正醸造 嘉之助蒸溜所売店で販売しているオリジナルグッズ。日常使いしたくなるオシャレなデザインで欲しくなります。


関連記事 こんな記事も読まれています


鹿児島「ほたる醸造」の甘酒ぷりんは、真摯な甘酒作りから生まれた自慢のスイーツ!



武家屋敷カフェ?鹿児島「蒲生茶廊 zenzai(ぜんざい)」で「善哉」な時間を味わう



唐船峡(指宿)のそうめん流しは鹿児島県民の夏のソウルフード!



マニマニマグ

2018年07月04日 18時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。