砂で繋がる「知林ヶ島」で、縁結びとフォトジェニックと人生を考える

2018年06月08日 18時00分

おでかけ マニマニマグ



鹿児島には難解な地名が多くて申し訳ない。知林ヶ島(ちりんがしま)、と読みます。島へと繋がる砂の道(砂州)が現れる、指宿の中でも指折りの観光スポット。その長さ実に800mほど。私はここを渡って初めて砂浜ってなんて歩きにくいんだ…と知りました。ツライ。結構ツライ。しかしそうしてでも渡るべき縁結び&フォトジェニックな島なんです。


(Photo&Text/上村杏奈)


海に浮かぶ無人島へと繋がる道は、そう簡単には現れません


鹿児島の知林ヶ島知林ヶ島は鹿児島湾(錦江湾)に浮かぶ無人島。鹿児島市街地から車で1時間と少し、指宿市西方にあります。子どもの頃は「ゾウさんの島」と勝手に読んでいました。ちょっとだけある離れ小島がゾウの鼻先みたいにみえません?


知林ヶ島へと繋がる砂の道が現れるのは、3月から10月にかけての大潮、または中潮の干潮時のみ。大潮?中潮?となった方、安心してください。毎年砂州出現予測がいぶすき観光ネットにアップされています。


ただし、台風などで海が荒れて砂が大幅に流されてしまうと、しばらく砂州が形成されなくなることもあるそうなので、お出かけ前には必ずチェックしてみてください。


繋がる、結ぶ、縁を結ぶ…2つの潮流がぶつかりできる道


鹿児島の知林ヶ島知林ヶ島は陸地と砂浜で「繋がる」ことから、縁結びのパワースポットとしても知られています。砂州手前にある“誓いの丘”は、貝殻を使った願掛けポイント。さて、ここから島渡りがスタートします。

たかが800m、されど800m。気軽すぎる気持ちで足を運ぶと結構痛い目にあいます。

歩きにくい砂浜に時々「イーーー!」となりますが、焦りは禁物。

疲れた時には立ち止まって、海を見ながら、その波音に癒されます。右を見ても海。左を見ても海、そんな体験なかなかできませんから。


鹿児島の知林ヶ島

鹿児島の知林ヶ島鹿児島湾から出ようとする海流と、南から流れくる黒潮の分流、どちらも同じ海なのに、砂州を1本はさんだだけでこんなに印象が変わるのがとても不思議でいつも見入ってしまいます。


知林ヶ島に行ったらマストで写真に収めたい!かわいい貝殻


鹿児島の知林ヶ島

鹿児島の知林ヶ島足元をみると、キレイな貝殻がたくさん。その中には「目八葵貝(モクハチアオイガイ)」と呼ばれるものがあります。これは元々は2枚貝、合わせるとハートの形になるので絶好のフォトアイテムなのですが、1枚ずつで打ち上げられているのでピッタリ合う片割れを探すのはなかなか至難の技。

あれじゃない、これじゃない…といつも奮闘しては、これがベストかしら?と思うもので写真をとります。選り好みせず、手頃なところで手をうちなさいってこと…?なんだか現実世界のことを諭されているような気にもなります。

モクハチアオイガイ、深いです。


キツイけど、でも登ってそして鐘を鳴らしてほしい!


知林ヶ島までたどり着いて、もし時間と体力に余裕があれば、島内に設けられた展望所まで足を運んでみてください。

島内には遊歩道と2つの展望台が整備されていて、ぐるっと一周できるようになっています。(私は体力的な問題から砂州から一番近い南展望台までしか行ったことがありませんが…)

鹿児島の知林ヶ島よっこらしょよっこらしょ、とまたここもなかなか大変な道のり。ただし、その大変さを乗り越えた先には、登った人にしか見られない景色があります。

鹿児島の知林ヶ島手前の木が少し残念ですが、知林ヶ島からみる指宿市街地、そして指宿のダイヤモンドヘッド・魚見岳、絶景です!火照りきった頬をなでる海風も最高!テンションが上がります。

そして“鳴らすと幸せが訪れる”という「Chrin’s Bell」をカーンと。

鹿児島の知林ヶ島ご利益があるかどうかは分かりません、でもここまでの道のりを考えると、なにか1つくらいは小さな幸せがくるような、そんな気持ちになるのです。


ただでは幸せは訪れないのね、と気づかされる島・知林ヶ島


鹿児島の知林ヶ島砂州を渡り知林ヶ島を訪れる度に、なんでこんなキツイところに来ちゃったんだろう…とちょっとだけ後悔します。でも渡るとやっぱり展望台まで行きたくなるし、鐘を鳴らしたくなるし、帰る頃にはまた来たくなる不思議なスポットです。

この不思議さがパワースポットたる所以なのかもしれません。

車ですぐ行けるようなラクチンスポットではないけれど、自分の足で行くからこそのありがたみを十分に感じられる場所です。

すでに筋肉痛がきてますが、これもまた幸せな痛み。

鹿児島の知林ヶ島島にはトイレも自販機もありませんので事前の対策がマストです。そして砂州の往復時間は約40分。その間太陽を遮るものはなにもないので、日焼けにも注意して砂の道、そして知林ヶ島を楽しんでください。


知林ヶ島【ちりんがしま】


Web:http://www.ibusuki.or.jp/tourism/view/chiringashima/

住所:鹿児島県指宿市西方


おまけPHOTO


鹿児島の知林ヶ島島についたらゲットしたい渡島証明書。100円で発行してくれます


鹿児島の知林ヶ島駐車場からみえる指宿のダイヤモンドヘッド・魚見岳。カッコイイ!


鹿児島の知林ヶ島魚見岳の展望所(山頂まで車で上がれます)から望む知林ヶ島もまた良しなのです


関連記事 こんな記事も読まれています


海に浮かぶ神社。「荒平天神」は鹿児島のフォトジェニックスポット!



歩いて行ける別世界「雄川の滝」周辺で、南大隅町の魅力を再発見



鹿児島「番所鼻自然公園」は穴場のパワースポット!地元民も虜にする魅力とは?



マニマニマグ

2018年06月08日 18時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。