上野の「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」で知る豊かな暮らし方。つくり手と繋がる本屋

2018年05月21日 18時00分

おでかけ マニマニマグ



上野駅から裏路地を歩くこと3分ほど。そこには、都会であることを忘れてしまうほどに豊かな植物と、優しい日差しに包まれた素敵な本屋さんがありました。お店の名前は「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」。

路地に置かれた木の看板には、CAFE・GREEN・PRODUCT・STUDIOと書かれてありました。どうやら、普通の本屋さんではありません。ワクワクする気持ちを抑えながら、店内への扉を開きました!


(Photo&Text /小高朋子)


ROUTE BOOKS(ルートブックス)は、植物に囲まれた空間の中にある本屋


上野のルートブックス「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」があるのは、JR上野駅から徒歩3分ほどの場所。静かな街並みを歩いていると突如、写真のように、グリーンに彩られた一角が現れます。


大きく開かれた窓から差し込む、柔らかな光に包まれた店内には、たくさんの植物たちが溢れていました。ナチュラルな木調の什器には、ファッションや料理・暮らし・自然・写真集など、さまざななジャンルの本が並んでいます。本屋さんというよりは、まるでインテリアショップのような雰囲気です。


上野のルートブックス古いビルをリノベーションして作られたという「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」は、天井が高くとても開放的な雰囲気です。窓辺にはアンティークソファーやテーブル席が配置されており、心地よい風が吹き込んできます。気になる本を手にとり、開いてみれば、あれもこれもと欲しくなる本がいっぱいです。


上野のルートブックスしかも、植物をはじめ廃材を再利用したテーブルや椅子、棚、什器など、「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」に置いてあるほとんどのものが販売品だというから驚きです!


作家ものの陶器や雑貨などのセレクト商品などもあり、宝ものを探し出すような気持ちで隅から隅まで見てまわりたくなりますよ。


「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」ができるまで


上野のルートブックスこの素敵な本屋「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」を手がけたのは、工務店「ゆくい堂」さん。


元々は空き家になっていた向かいのビル1階の倉庫に、事務所兼作業場を構えたのが始まりでした。しばらくして、上階の改装も少しずつ進め、現在の「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」の前身となるお店をビルの4階にオープンしました。その後、同じく空き家になっていた向かいのビル1階に移転し、今のスタイルのお店が出来上がったそう。


上野のルートブックス工務店が本業ということもあり、個性的で魅力的な内装は「ゆくい堂」さんが手がけています。そのため、つくり手との距離感がとても近いからでしょうか。店内は、暖かでホッとできる優しい雰囲気に満たされています。


「“産地直送の新鮮な野菜のように、つくり手とお客さんが直接繋がれる場所”を作りたかった」と話すのは「ゆくい堂」代表の丸野さん。

気になるものがあったら、ぜひお店の方に声をかけてみてください。いろいろな情報を教えてくれますよ。


上野のルートブックス思わず気になった植物についてお話を聞いてみたのですが、これがまた凄かったので少し紹介。


私は植物を買うたびに、すぐに枯らしてしまうのが悩みでした。これは、買ったお店と自宅の育成環境が違うことが、大きな原因であることが多いそう。植木屋さんなどでは美しい状態で出荷するために、植物に適切な環境で育てているんですね。そこで「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」では、誰でも簡単に育てられるように、家庭環境となるべく近い環境に植物を慣らしてから販売をしているそうです。そのため、“育成期間中”の札がかかっている植物も。


これなら、私でも枯らすことなく簡単に育てられるかもしれません!


専門店にも負けない本格派コーヒーが味わえる


上野のルートブックスさらに嬉しいのが、なんと言っても本格コーヒーも楽しめるところ。「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」では、自家焙煎コーヒー豆を販売する「アライズコーヒーロースターズ」の豆を使用した、こだわりのコーヒーが2種類から選べるんです。


実は、アライズのコーヒー豆を取り扱うことになったのも人との繋がりからだそう。ゆくい堂が施工の依頼を受けたある3件のコーヒーショップが偶然にも、すべてアライズのコーヒー豆を使用したお店だったそう。それがきっかけとなり、コーヒー豆の品質はもちろんのこと、ご縁を感じて仕入れを決めたんだとか。


上野のルートブックス豆の特徴を最大限に引き出すために、独自のドリップ方法を確立するのには大変苦労したと言います。


「お客さまにご提供できる味になるまでには、10kg以上の豆をドリップして試飲し続ける日々が続きましたよ。気温や湿度などを考慮して、その日ごとにベストバランスになるよう味を調整しています」と丸野さん。気になることはどんなことでも、とことんやってしまう職人気質なんですね(恥ずかしいらからと、お写真はNGでしたよ)。


その精神と技術はスタッフさんにもしっかり伝わっているようで、香りは華やかで後味はスッキリとしたおいしいコーヒーでした。ちなみにこの日、コーヒーを淹れてくれたスタッフさんも、普段はゆくい堂での営業のお仕事をされているそうです。 上野のルートブックスカウンター周りにある手づくり焼き菓子は、近くにある知り合いのお店から仕入れているそうです。くつろぎの時間を過ごしたい方には、ビールの用意もありましたよ。仕事帰りにふらっと立ち寄るのも良さそうです。


「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」ではワークショップも開催


上野のルートブックス「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」の2階へ上ってみると、少し大きめのテーブルやソファーがあり、リビングルームのような雰囲気です。ここでは不定期でワークショップなども開催されるそうです。陶芸教室やギター、料理、ヨガなど、飛び込み参加が可能なものもあるそうなので、時間があったらのぞいてみるのも楽しそうですね。この日も、外国人の先生と会話を楽しむ英会話教室が開催されていましたよ。


またレンタルスペースとしての貸し出しもしているそうなので、オリジナル作品の販売会やレンタルギャラリーなどにも使用することも出来るようです。


上野のルートブックスお店の目の前にはTAKE FREEとかかれた木材置き場が。ここにある木材はどれでも好きに持ち帰って良いそうです。土日など職人の手が空いている時には、作業場でものづくりワークショップを開催することもあるそう。本格的な機材を使用してのものづくりは、なかなか体験できない貴重な機会となりそうです。


本だけでなく生活に関わる様ざまなものが集められた「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」で、ゆったりと過ぎゆく時を楽しんでいるうちに「あぁ、こんな空間で暮らして見たいなぁ」という思いがこみ上げて来ました。なるほど「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」は、本屋さんとしてだけではなく、豊かな暮らし方の提案をしてくれていたんですね。


ROUTE BOOKS【ルートブックス】


営業時:12:00〜21:00

定休日:無休

Web:http://route-books.com

住所:東京都台東区東上野4-14-3 Route Common 1F


おまけPHOTO


上野のルートブックス心地よい空間と美味しいコーヒーで、ゆっくりと過ごす常連客も多い様子。


上野のルートブックス「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」では廃材を再利用した雑貨やテーブル、椅子なども販売して、どれも欲しくなってしまいそう!


上野のルートブックス「ROUTE BOOKS(ルートブックス)」の植物は、購入後にも育てやすいよう、店内で環境を整えながら育成しているそう。


上野のルートブックス“産地直送の新鮮な野菜”も販売していました。


関連記事 こんな記事も読まれています


東京スカイツリーすぐそば、Unlimited Coffee Bar(アンリミテッド コーヒーバー)の絶品カプチーノ



オニバスコーヒー(中目黒)で浅煎り&自家焙煎コーヒーのフルーツ香を楽しむ



本好きの憧れ「ブルックリンパーラー」って? 新宿でとことん読書に没頭できるカフェ



マニマニマグ

2018年05月21日 18時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。