那須まで行く価値大!「那須高原パンのいえ クーロンヌ」の絶品パン【PR】

2018年04月26日 18時00分

絶品 パン おでかけ マニマニマグ



那須高原といえば、いわずと知れたベーカリー激戦区であり、おいしいパンの宝庫。今回紹介する「那須高原パンのいえ クーロンヌ」は、地元の人から絶大な人気を集めるだけでなく、そのおいしさを求めて週末には県外からのお客さんで行列ができるほど。


評判を聞きつけて取材してみると、那須高原までわざわざ買いに行きたいと思わせられる魅力と理由が、そこにはありました。


(Text/清沢奈央 Photo/岩田えり)


<INDEX>


1.「クーロンヌ」ってどんなお店?

2.お店のスペシャリテ「バゲット」

3.売り切れ御免の「ゲランドの塩パン」

4.圧倒的支持率「パン・オ・ヴァン」

5.派閥争いが激化?「ソーセージパン」

6.「朝6時半オープン」に込められた想いとは?

7.「クーロンヌ」ショップデータ


「クーロンヌ」ってどんなお店?


「クーロンヌ」は茨城県を中心に、8店舗を展開する地元では抜群の知名度を誇るベーカリーです。


その中でも、今回取材した「那須高原パンのいえ クーロンヌ」は、大自然の中で焼き立てのおいしいパンが楽しめるとあって、近隣のみならず遠方からもパン好きがこぞって集うお店なんです。

東北自動車道・那須ICを降りて県道30号線へ。細い脇道を進むと、かわいらしい手描きの看板が出迎えてくれるので、目印にしてみてください。


お店の扉を開けた瞬間、ふわぁ~と鼻を抜ける焼き立てのパンの香り。無意識に何度も何度も深呼吸をしていました。「クーロンヌ」のパンたちはどれも“新鮮さ・おいしさ・健康に良いもの”を吟味したものばかりですが、なかでも特に売り切れ御免の人気パンがいくつかあります。その代表格の5つをこれからじっくりと紹介します。


お店のスペシャリテ「バゲット」


パン屋さんを訪れるといつも、このお店のイチオシって何かな?と気になります。


「クーロンヌ」のスペシャリテは、バゲットなんです。しかも、バタールとバゲットの中間サイズという新しいスタイルの!長すぎず短すぎず、太すぎず細すぎず…。日本の文化に、より馴染むようにと考案されたものなのだとか。


ひと口食べると…しっとりとした贅沢な潤いと口当たりの軽さに惚れ惚れ。噛めば噛むほど小麦の風味や旨みがジュワーっと出てくるんです。この存在感抜群のバゲットのこと、もっと知りたくないですか?


おいしさのヒミツを探るべく厨房へお邪魔しました。


「クーロンヌ」のバゲットのおいしさのヒミツは、大きく3つ!ライ麦から起こした自家製天然酵母「ルヴァン」をイースト菌と併用していること。そして、フランス産小麦をブレンドしたフランスパン専用粉を使っていること。だからこそ、パンの香りや風味、しっとり感がいつまでも長く楽しめるのだそう。


3つ目のポイントは…、次の写真で!


おいしさのポイント3つ目は、冷蔵庫で長時間低温発酵させ、じ~っくりと熟成させていくこと。生地をひと晩寝かせることで、「クーロンヌ」ならではの、甘みや深みを存分に生み出してくれるんだそうです。


売り切れ御免の「ゲランドの塩パン」


「クーロンヌの塩パンは、ちまたの塩パンとなにやら違うらしい」。以前からそう耳にしていて気になっていた「塩パン」を、この機会に実食してみました。


クセになる食感とは、まさにこのこと!

ほのかな甘みと後味のすっきりさもさることながら、表面カリッ・中はフワッ・底カリカリの3重のハーモニーがとにかくおいしい!


生地を焼く際に、ちょっとした秘密があるようです。それはオリーブオイルをふりかけること。ただ焼くのとは違う、揚げたようなカリッと感を生み出すのだといいます。


気が付けば…山盛りだった塩パン(108円)は、ほんの数十分で残りわずかに。命が吹き込まれたかのごとく、次々とお客さんのトレーに塩パンがのせられていきました。


みなさん10個、20個とまとめ買いをされるようなので、確実に手にするなら早めの来店がおすすめです!


塩パンの商品名にもなっている“ゲランドの塩”は、フランス・ブルターニュ半島南部の塩田で海水から作られる塩です。機械をほとんど使わず、熟練の塩職人が手作業で収穫しているのだそう。


飲食店などでは温野菜に添えて提供するところも多いというくらい、素材の味をダイレクトに引き出せる塩なんですって。

この塩をふりかけて焼き上げているからこそ「クーロンヌ」の塩パンは、旨みや味の丸みが絶妙なんだな~としみじみ。


ひと口に「塩パン」といっても、これほどまでに味に違いが生まれるなんて。計算されつくした塩パンに感涙です。


ゲランドの塩を使ったお菓子を発見しました。その名も「ゲランドの塩クッキー」(216円)。

バニラの効いたサクサククッキーなんですが、塩を使っているのでスイートさは控えめです。

甘いのが苦手な友人のおみやげに早速購入してみました。後日、感想を聞いたところ「絶妙な塩加減がおいしすぎてハマった~」とのことでした・笑。


圧倒的支持率「パン・オ・ヴァン」


ズシッと重たそうなこちらのパン。少し近づくと赤ワインのいい香りがするんです!水の代わりに赤ワインで小麦粉をこねて仕込み、そこに大量のラズベリーやクランベリー・クルミ・山ブドウをギッシリ練り込んだハード系のパンです。


ワインやチーズに舌の肥えたご近所さんからの支持率が圧倒的に高いひと品で、噛めば噛むほど、ヤバいくらいにウマい!のです。それはまるで、赤ワインを飲みながらフルーツケーキを食べている感覚。


ちなみに「パン・オ・ヴァン」とは、「ワインのパン」という意味なんだそうです。薄くスライスしたその上に、チーズをのせて食べると絶品ですよ♪


派閥争いが激化?「ソーセージパン」


パン屋さんに行くとその種類の多さ故、「どれにしようかな~」と、必ずといっていいほど悩みますよね。


そこで頼りになるのがポップです。「クーロンヌ」のポップは、シンプルながらとにかく親切&分かりやすいのです!パンの説明はもちろんですが、やみつき度・おみやげ度・お取り置き度など、さまざまなナンバーワンを教えてくれます。


そして今回、栄えある「これが噂のナンバーワン!お客さま人気度1位」に輝いたのが、ソルティドッグ(410円)というわけ。


長さ15㎝ほどのドッグパンに直径約2㎝のハーブソーセージを挟んだもので、岩塩とレモンが効いています。

ソーセージの味もしっかり楽しめるし、歯切れの良いパンは美味です!お互いがおいしさを立てあっているという感じなんですよね。

そのハーブソーセージ「ソルティドッグ」の対抗馬が…「ソーセージフランス」です。


40㎝ほどのロングソーセージを使ったソーセージフランス(345円)。見た目のインパクト大ですね。今や「クーロンヌ」の看板商品ともいえるほど絶大な人気を誇るのだとか。お肉屋さんと改良を重ねに重ね、作り出した究極のソーセージは、とにかくジューシー。40㎝でも一人でペロリと完食できちゃいます。風味や味の濃淡もしっかり楽しめるのは、ソーセージを包む時に、フランスパン生地に粒マスタードも一緒に入れているからなんだとか。


好みは人それぞれですが、はっきりといえることは…どちらのソーセージパンも“おいし~い!”ということ。


「朝6時半オープン」に込められた想いとは?


「クーロンヌ」のオープンは早朝6時30分。なぜそれほど早く開店するのだろう…!? その理由は、総菜パンと関係があるそうなんです。


週末は県外からもたくさんの人が訪れる「クーロンヌ・那須高原店」ですが、平日や雪深い冬のシーズンのお客さんの多くは地元の方々。お店を支えてくださる地域の人に、「焼き立ての温かい総菜パンを朝ごはんとして食べてもらいたい」という、感謝の気持ちが込められているのだそうです。


地元の人に支えられ、地元での評判を聞きつけた観光客も多く集うようになった「クーロンヌ」。休日に、これでもかと早起きして、オープンと同時にお店を訪れてみるのも楽しそう。

常連さんにおすすめを聞きながら、高原の朝時間をゆっくり噛みしめてみてはいかがでしょう。


那須高原パンのいえ Couronne


【なすこうげんぱんのいえ くーろんぬ】

営業時間:6:30~18:00(冬季は変動あり)

定休日:火・水曜(祝日の場合は営業、そのほか不定休あり)

Web: http://www.couronne.co.jp/shop/nasu/

<パン工房 クーロンヌ>http://www.couronne.co.jp/

Instagram:<パンの世界><採用の世界>

住所:栃木県那須郡那須町高久乙796-62


おまけPHOTO


マカロンをトッピングした新感覚のメロンパンなど、パンのバリエーションはとにかく豊富です。


「クーロンヌの食パンを食べなければ、朝ははじまらない」と、地元の人が毎日買いに来るこだわりの食パン。


毎日10種ほど並ぶスイーツ系パン。なかでも、あんに負けない甘くて柔らかい生地の那須あんぱんが大人気。


総菜パンは、常時約8種。その中で「クーロンヌ」の定番として長く愛されてきたのがコチラ。スモークチーズとサーモンのタルティーヌ(302円)


バゲットやメロンパンを使って作られるラスク(324円~)。ふわり&サックサクです!


テラスには野鳥たちが集まるエサ台も。高原の中にあるパン屋ならではですね。


薪ストーブのあるイートインスペース。ベーカリーに隣接しています。


関連記事 こんな記事も読まれています


忘れられない味!栃木「松月氷室」の天然かき氷<東京から行く週末おいしい旅>



茨城の有名店「サザコーヒー」本店が異空間すぎる。コーヒー愛あふれるカフェ



海カフェ「海音(シーネ)」は茨城の良さがぎゅっと詰まったぬくもり空間



マニマニマグ

2018年04月26日 18時00分

絶品 パン おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。