どぶ汁VSアンコウ鍋! アンコウの聖地・北茨城で食べ比べてみた

2018年01月31日 18時00分

おでかけ マニマニマグ



冬の味覚といえば、何を思い浮かべますか? 茨城出身の僕は、断然アンコウです。何せ茨城沖は国内随一の名産地。地元産は当たり前。質・鮮度とも他県とはひと味違います。今回はアンコウの聖地として名高い北茨城を訪れ、茨城の冬の2大グルメであるアンコウ鍋と郷土料理「どぶ汁」を食べ比べてみました。


(Text/オノガワユキチ Photo/岸本夏行)


港の目の前!「温泉民宿 かね久」で味わう本場のどぶ汁


どぶ汁とは、アンコウの肝から出た水分だけで具材を煮込む、超濃厚アンコウ鍋とでも言うべき郷土料理です。基本的に割り下を加えないため、とにかく風味が濃厚。その分クセが強く、人を選ぶ料理とも言えるかもしれません。しかし、最旬期に漁港近くの人気店で食べるどぶ汁は、ひと味もふた味も違います。




訪れたのは、北茨城の中でも特にアンコウの水揚げ量が多い平潟港。その眼前にたたずむ「温泉民宿 かね久」では、コクと香ばしさを極限まで追求したどぶ汁(1人前3240円〜)が味わえます。まず注目してほしいのは、どぶ汁の色味。ごらんください、この赤さ! これは肝からしみ出した脂の色で、赤みが強ければ強いほど濃厚な旨みが凝縮されている証です。口に含むと、ぶわ〜っと香ばしさが広がり、しばらく余韻が残ります。それでいて臭みはまったくなし。“海のフォアグラ”の異名に偽りなしです!


旨みのピークはシメの雑炊で訪れます


スープの旨みをさらに引き立ててくれるのが、具材のシンプルさ。鍋の中身はアンコウの身や皮、胃袋、ヒレなどの“7つ道具”と大根のみ。「アンコウの風味を、ダイレクトに楽しんでほしい」という「温泉民宿 かね久」のご主人の気概がうかがえます。


さらに、どぶ汁を味わう上で絶対に外せないのが、シメの雑炊。口へ運ぶと、イメージを遥かに超える芳醇さ。肝の旨みに身やヒレから出たコクが加わり、実にまろやかで上品な味わいです。鍋の具材はあくまで前菜、この一杯の雑炊こそがメイン料理だと実感しました。


「浜庄」で、食材が全部主役なアンコウ鍋をいただきます


続いて訪れたのは、平潟港から南に1㎞ほど下ったところにあるアンコウ料理店「浜庄」です。海岸沿いにぽつんとたたずみ、店内からは太平洋が一望できる好立地。木の温もりを生かした、シックな内装も好印象です。


「浜庄」のアンコウ鍋(1人前2600円〜)は、とにかく食材のおいしさがずば抜けています。もちろんアンコウは地元平潟港産が中心ですが、こだわりはアンコウのみにあらず。野菜やお米、味噌も地元農家直送。しかも、有機栽培・無農薬栽培が評価されて農林水産大臣賞まで受賞した一流農家からのみ仕入れているのです。いわば、北茨城のオールスター食材を集めたアンコウ鍋!身のプリプリ感や野菜のシャキシャキ感は、ちょっとクセになります。


サイドメニューもハイレベル


「浜庄」では、鍋以外のアンコウメニューも見逃せません。特にあん肝(800円)は絶品。濃厚でありながら舌触りはクリーミーで、生臭さはいっさいなし。さり気なく添えられたゆずの風味が後味をしっかり引き締めていて、まるでデザート感覚で味わえるからフシギです。


さらに、アンコウとも和え(800円)にも隠れた工夫が。蒸したアンコウとワケギを自家製酢味噌に付けると、ほのかに肝の風味が口の中に広がりました。秘密は酢味噌。あん肝をさり気なく練り込み、爽やかさの中にコクをプラス。日本酒と一緒に味わいたくなります。


結局、どっちがおすすめなの?


どぶ汁とアンコウ鍋、2つの人気店をハシゴしてみた結果、これは食べる状況によって、オススメが変わるな・・・と思いました。個人的には、ゆっくりと時間をかけて味わうならどぶ汁、サクッとお腹いっぱい食べるならアンコウ鍋。どぶ汁は変化を楽しむ料理で、アンコウ鍋はバリエーションを楽しむ料理ってところでしょうか。

北茨城のアンコウが味わえる時期は11月上旬〜4月上旬。みなさんも、ぜひ2大アンコウ料理を食べ比べて、自分の好みを見つけてみてください!


温泉民宿 かね久【おんせんみんしゅく かねきゅう】


営業時間:11:00~14:00、18:00〜21:00 (どぶ汁・アンコウ鍋は3日前までに要予約)

定休日:12月31日〜1月7日(アンコウ料理は10月上旬〜4月上旬のみ)

Web:http://ankou-kanekyu.com/

住所:茨城県北茨城市平潟町1576-3


浜庄【はましょう】


営業時間:11:30~14:00 (時間外は要予約、アンコウ鍋は予約不要)

定休日:月曜(祝日の場合は翌日。アンコウ料理は11月上旬〜4月上旬のみ)

Web:http://www.hamasyo.jp/

住所:茨城県北茨城市平潟町1482-2


おまけPHOTO


「温泉民宿 かね久」では個室利用もできます。


頭の先から尻尾まで余すところなく使う「温泉民宿 かね久」のどぶ汁。


五浦海岸に面した「浜庄」は1階が食事処、2階が旅館になっています。


関連記事 こんな記事も読まれています


草津の「龍燕(りゅうえん)」で、人生最高のビールに出合った話



草津温泉で見つけた!絶景と感動の観光スポット ベスト3(群馬)



かわいすぎるカピバラに胸キュン。草津熱帯圏はふれあいパラダイス!



マニマニマグ

2018年01月31日 18時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。