伊勢神宮を参拝するなら早朝が吉。早朝まいりだけの魅力とは?

2017年06月26日 11時30分

おでかけ マニマニマグ



三重の伊勢神宮といえばもはや国内旅行の定番。平成のお伊勢まいりブームもあって「伊勢神宮に行ってきた」という方も、たくさんいらっしゃると思います。ですが、参拝の時間にまでこだわった人は少ないのではないでしょうか。


今回は「早朝に伊勢神宮をおまいりする」という、特別な体験についてお伝えします。


早朝だけの、厳かな伊勢神宮の雰囲気が好き


伊勢神宮へ早朝参拝伊勢神宮はおよそ2000年の歴史をもち、古くから「一生に一度は参りたい」と尊ばれ続けてきた聖域。伊勢市の「内宮」「外宮」を中心に、三重県の4つの市と2つの郡に点在する125の宮社があり、ひとつの宗教施設としては世界でも類をみない規模となっています。


伊勢神宮には、国内外から多くの参拝者が集いますが、僕が好きなのはだんぜん早朝、まだ人気の少ない伊勢神宮。これまで約11年間、公私に渡って伊勢に通い続けてきて、辿りついた答えが「早朝まいり」なのです。


朝の爽やかな空気、やわらかい太陽の光に満ちる境内、神宮の森のざわめきや川のせせらぎの音――あの雰囲気は、「早朝まいり」をした人にしか味わえません。


木漏れ日のなか伊勢神宮の森を歩く心地よさ!


伊勢神宮へ早朝参拝僕がわざわざ早起きして伊勢神宮を訪れる一番の理由は、このすばらしい時間と空間を感じたいから。


早朝、参拝者もまばらな境内は「しーん」という音が聞こえてきそうなほど静か。森のざわめきや川のせせらぎの音に耳を澄ませ、木漏れ日にきらめく玉砂利の参道をゆっくり歩くと、はるか昔から神さまがいらっしゃる聖なる場所として尊ばれてきたことが、なんだかわかるような気がします。


まさに聖域! この清らかで美しい景色は、朝早く伊勢神宮を参拝したひとだけの特権です。


静けさに包まれて内宮参拝ができる


伊勢神宮へ早朝参拝神々の中心である天照大御神(あまてらすおおみかみ)がいらっしゃる伊勢神宮内宮の正宮。ここは日中混雑するのですが、早朝なら混雑することなく、静かにゆったりと参拝することができるんです。ときには石段が朝露に濡れ、木漏れ日を浴びて幻想的に輝く光景に出会えるのも、朝の参拝ならでは。


正宮は、個人的なお願いをする場所ではなく、日ごろの感謝を神さまに伝える場所。古くからの習わしにのっとって、ひとり心静かに参拝すると、ほんとうにココロもカラダも洗われるようです。


混雑前に「赤福本店」に立ち寄れる


伊勢神宮へ早朝参拝急に“食い気”の話になるのですが、伊勢神宮をおまいりする際、僕が必ず立ち寄るのが内宮の門前町・おかげ横丁にある赤福本店です。つくりたての赤福餅が、とにかくおいしい!


実はこの赤福本店、朝の伊勢神宮参拝者をもてなすために、なんと早朝5時から営業しているんです。人気店なので昼間は行列することもありますが、早朝ならその心配もなし。歴史を感じる木造建築のお座敷で、優雅においしい伊勢名物を味わえるのは、それを知ってる人だけの特権です。


そばを流れる五十鈴川や、朝日にきらめくお庭の緑を眺めながら、ゆっくりくつろいでいると、「あ~、早起きして良かった!」と素直に思えます。


2時間30分限定の「あそらの茶屋」の「朝粥」が旨い!


伊勢神宮へ早朝参拝“食い気”の話が続きますが、大好きなのでコレに触れずには終われません。


僕はいつも前泊して早朝のお伊勢まいりにのぞむのですが、楽しみにしているのがこの朝粥。参宮あわびで有名な老舗「伊勢せきや」の2階に併設する食事処「あそらの茶屋」が、朝の参拝者にむけて7時30分から10時限定で、昆布とカツオのだしで割った特製だれで味わうおいしい朝粥を食べさせてくれるのです。


これが、しみじみとおいしいんです。

ひと口ごとに、じんわりと体に染み込んでいくのを感じます。写真でもわかるように、お粥のほかにいろんな小鉢もセットで、まるで旅館の朝食のよう。あそらの茶屋の朝粥を食べるために、前泊の宿のプランを「朝食なし」にするのが僕の定番です。


「知ってて良かった!」がいっぱいの早朝まいり


伊勢神宮へ早朝参拝このように、早朝の伊勢神宮まいりには「知ってて良かった~」と思うことがいっぱいあります。早起きするのはツライですが、早朝参拝の魅力はそれを補って余りあるものと自信を持って言うことができます。


「わたしもひとり静かにおまいりしてみたい!」というかたはぜひ。もしかしたら、今まで知らなかった伊勢神宮に出会えるかもしれませんよ。


伊勢神宮【いせじんぐう】


時間:5:00~19:00(10~12月は5:00~17:00、1~4月・9月は5:00~18:00)

Web:http://www.isejingu.or.jp/

住所:三重県伊勢市宇治館町1(内宮)/伊勢市豊川町279(外宮)


赤福本店【あかふくほんてん】


営業時間:5:00~17:00

定休日:無休

Web:http://www.akafuku.co.jp/

住所:三重県伊勢市宇治中之切町26


あそらの茶屋【あそらのちゃや】


営業時間:7:30~17:00(1階売店は8:30~)

定休日:無休

Web:http://sekiya.com/

住所:三重県伊勢市本町13-7



おまけPHOTO


伊勢神宮へ早朝参拝朝日が昇る伊勢神宮内宮の宇治橋伊勢神宮へ早朝参拝手水舎で身も心も清めてから参拝を伊勢神宮へ早朝参拝伊勢神宮の境内を流れる清流・五十鈴川


関連記事 こんな記事も読まれています


縁結び!恋愛成就のパワースポットを楽しむ京都一人旅



出雲の寺社で良縁祈願。人気パワースポットをまわる縁結びの旅



自然の宝島「青島神社」は縁結びにもご利益アリ!宮崎のパワースポット



マニマニマグ

2017年06月26日 11時30分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。