「大三島みんなの家」で時間旅行【しまなみ海道の“移住者カフェ”-1-】

2017年08月21日 17時00分

カフェ巡り おでかけ マニマニマグ



しまなみ海道の大三島みんなの家ターコイズブルーの瀬戸内海に浮かぶ、美しい島々――。愛媛県今治市から広島県の尾道市を橋で繋いだ絶景が広がる「しまなみ海道」は、今や国内外から観光客と、多くのリピーターが訪れるスポットになりました。

そしていま、このしまなみエリアに惚れこんだ移住者さんたちが、続々とカフェをオープンさせています。今回は、「古きよき物」への慈しみにあふれたカフェのご紹介です。


大山祇神社のほど近く、昭和時代の法務局をリノベしたカフェ


しまなみ海道の大三島みんなの家しまなみ海道の真ん中にある大三島(おおみしま)。この島のシンボルともなるのが、日本総鎮守とも呼ばれる大山祇神社です。静かな参道をてくてく下っていくと、突如オアシスのように「大三島みんなの家」が現れます。

一般的な日本家屋にしては、ちょっと特徴的な形ですよね。実は、昭和時代の法務局をリノベーションしたもので、昭和58年まで実際に島の人たちの暮らしを支えてくれていました。


しまなみ海道の大三島みんなの家柔らかな光のにじむすりガラスや、窓の格子に取り付けられたネジ式の鍵などが、きちんと活躍の場を与えられていてなんだか誇らしげ。大三島みんなの家の調度品の多くは、もともと建物にあったものやご近所から譲り受けたものを、丁寧に磨き上げて再利用しているそうです。


レトロ品のミュージアムのような大三島みんなの家


しまなみ海道の大三島みんなの家ただ懐かしいものだけではなく、大三島みんなの家には好奇心を刺激してくれるインテリアも。上の写真は、メニュー板が乗っていた机。十字架の彫刻ということは、昔は島に教会でもあったのでしょうか。でも彫刻の周りに落書きがしてあるから、小さい子どもがいたご家庭のものだったりして――。なんてことを推理するのもまた一興です。


しまなみ海道の大三島みんなの家そして、これは何だと思いますか? 正解はランプ。古い医療用のフラスコの中にライトが仕込んであって、暗くなるとほのかな灯りで健気に光るんですよ。(「大三島みんなの家」は、夜もワインバルが楽しめるのでおススメです)。

古い物が持つ包容力なのか、時間の流れがとってもゆっくりに感じられます。


島の食材でエネルギーチャージ


しまなみ海道の大三島みんなの家カフェのお楽しみといえばランチ。スパイスの効いた定番のカレーもおススメですが、わたしのお気に入りは不定期で変わる季節のメニュー。島の農家さんや漁師さんがとってきた食材をカフェ風にアレンジして提供しています。価格は主に700~800円代と手ごろです。

この日は、「島のひじき入りハンバーグセット」を注文。穏やかな瀬戸内海でとれたひじきの旨味が、ジューシーなお肉にほどよく溶け込んで、ふわっ、とろっと幸せな口当たり。


しまなみ海道の大三島みんなの家食器も期待を裏切りません。ハンバーグのプレートには、レトロなストーンウエア(炻器)。そのころは島の一般家庭でも使われていたとか。お漬物の豆皿は、昔の転写技術「印判」によるもの。手作業のため「同じものはひとつとない」と言われる柄の風合いが愛おしさを倍増させます。

時代を超えて愛されるものたちを、肩肘はらずに受け止められるのは、鑑賞するだけでなく実際に使われているからなんですね。


都市の建築家たちと地元の人たちの想いが、旧法務局に命を吹き込んだ


しまなみ海道の大三島みんなの家旧法務局が、「大三島みんなの家」として生まれ変わったのは2015年。その原点には、「参道に賑わいを取り戻したい」という地元への愛がありました。島の高校生や地元の人たち、そして世界的な建築家・伊東豊雄さんが塾長を務める「伊東建築塾」の塾生たちが力を合わせ、手作業で古い法務局を改築していったのです。


その想いに引き寄せられるように、運営スタッフとして移住してきた人たちがいます。


しまなみ海道の大三島みんなの家島を愛し、穏やかで、笑顔が絶えない。そんな彼女たちが吸引力となって、「大切にしたくなる」モノや人がさらに集まってくるのです。


人とつながる、大三島みんなの家 の物々交換コーナー


しまなみ海道の大三島みんなの家最後にオススメしたいのが、お店の一角につくられた「物々交換コーナー」。このカフェに訪れた人にとって思い入れのある品々が、手書きのコメント付きでディスプレイされています。


しまなみ海道の大三島みんなの家メッセージを読むと、まだ出会ったことのない持ち主さんの顔が浮かんでくるよう。


しまなみ海道の大三島みんなの家気に入った品があれば、自分の「大切なもの」と交換可能。スタッフさんが愛情もってディスプレイしてくれるので、自分のアイテムが飾られている様子も……照れくさいようなうれしいような不思議な気分です。


しまなみ海道の大三島みんなの家この日は、島の女性が手づくりした「さをり織り」のバッグをお迎えしました。メッセージを読むと、なんと洋服のベストをリメイクしたとか。わたしが嫁入り(?)させたのは、カンボジアのイベントで購入したエスニック調のカットソー。みなさんもここに来るときは、ぜひお気に入りのアイテムを持参してみてください。お互いの「大切」を交換するって、とてもワクワクする体験ですよ。


大三島みんなの家では、ワークショップやイベントにも参加できます


しまなみ海道の大三島みんなの家モノと人が集まる「大三島みんなの家」では、ピラティスのレッスンや子どもと楽しめる手作りバッジのワークショップ、月に1回開かれる「参道プチマーケット」など、趣向を凝らしたイベントが用意されています。お出かけの際は、ホームページもぜひチェックしてみてください。


それでは、しまなみ海道の「移住者カフェ」特集、第2回もお楽しみに!


(Photo & Text/吉野歩)


大三島みんなの家【おおみしまみんなのいえ】


営業時間:11:00~16:00(ランチ)、18:00~22:00(ワインバル)

定休日:月曜

Web:https://minnanoieomishima.wixsite.com/info

住所:愛媛県今治市大三島町宮浦5562


関連記事 こんな記事も読まれています


食堂みつばち(今治)のおしゃれテラスでまったり【しまなみ海道の“移住者カフェ”-5-】 



週3日だけ出合える「paysan」のもっちりパン【しまなみ海道の“移住者カフェ”-6-】



弓削島「Kitchen 313 Kamiyuge」の手作りベーグル【しまなみ海道の“移住者カフェ”-3-】



マニマニマグ

2017年08月21日 17時00分

カフェ巡り おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。