【農家が作るジェラート】キミノーカ で和歌山のやさいをスイートに味わう

2017年11月30日 12時00分

おでかけ マニマニマグ



和歌山の「キミノーカ」こんにちは。旅好きフォトグラファーの清水美由紀です。これから寒くなる季節…ではありますが、アイス好きにとって、アイスは決して夏の風物詩なんかじゃなくて、年間通して食べるもの。こたつに入って食べるアイスの至福度ったらもう!たまりませんよね。そんなアイスクリームLOVERな私は、ジェラート屋さんを見つけるとつい立ち寄ってしまいます。先日、和歌山へ旅行に行ったときに「農家が作るジェラート」を食べることができるお店「キミノーカ」の存在を知りました。不思議な組み合わせに興味をそそられ、「ぜひ行かねば!」とひとり興奮して行ってきました。


山椒のジェラート?!キミノーカ では見たことのない味に出会えるらしい


和歌山の「キミノーカ」山間部に位置する和歌山市紀美野町に「キミノーカ」はあります。紀美野町の農家さん、略して「キミノーカ」なんですね。和歌山県は実は山椒の産地なのですが、中でも紀美野町では多くの山椒が作られているんだとか。そんな山椒を使用した珍しいジェラートもあるんだそう!どんな味がするんだろう。楽しみです。


キミノーカ がある紀美野町までは、山道をくねくね


紀美野町はこだわりのパン屋さんが店を構えて以来、フレンチレストラン、蔵を利用した菜食ランチやコーヒースタンドがここ数年で続々とオープンしている、和歌山市近郊でも指折りのホットな町なんだそう。どんな町なのか楽しみに、うきうきと車を走らせていたのですが…ナビに従ってドライブするうちに、なんだかずいぶん山奥へと来てしまいました。


和歌山の「キミノーカ」


和歌山の「キミノーカ」山道を登り、ありえないほどのUピンカーブを曲がり、そこからさらに細い山道を下る。運転に自信のない私には、かなり難易度の高いチャレンジです。そして、「本当にこの道であってるのかな?」と不安になってきた頃、ついに「キミノーカ」に到着しました!


山椒畑に囲まれ、農産物が直売される。でもジェラート屋さんなんです。


360度、見渡す限り山に囲まれた場所に、ポツンと佇む一軒の建物。これが農家が作るジェラートの店「キミノーカ」です。もともと山椒畑だったという土地に建てられていて、周りにも山椒の木がたくさん。

和歌山の「キミノーカ」


和歌山の「キミノーカ」「キミノーカ」に入ると、農家さんのお店らしく野菜の直売がされていました。近所の方が野菜を買いにくることも多いんだそう。野菜が並ぶ光景って、ほのぼのしていていいなあ。旅先で野菜を見るのって、見たことのない野菜に出会えたりと、とっても楽しいんです。「ゼブラ茄子」「白なす」「千両なす」…ナスだけでたくさんの種類がありました。地域が変われば野菜も変わる。地域の自然環境に合わせて変化し、地域の食文化に深く根付いているものだから、その地域ならではの野菜に出会って新しい発見をするのは、私にとっては旅の醍醐味のひとつでもあります。


キミノーカ に入るとパステルカラーのジェラートたちがお出迎え


和歌山の「キミノーカ」そしてそしてついに、野菜のジェラートとご対面!「とうもろこし」に「ナスソルベ」「甘長とうがらし」などなど、気になるものがたくさんあります。というか、気になるものしかありません。どのジェラートも素材そのものの自然な色だそうですが、優しくてとっても綺麗。
ちなみに名産の山椒を使ったジェラートは、「山椒ミルク」と「山椒チョコレート」の2種類がありました。


和歌山の「キミノーカ」迷いに迷って、この3種類に決めました!ピンク色は「つゆあかね」という和歌山特産の梅のジェラート、黄色は秋に食べたくなるほっこり「かぼちゃ」、そして茶色が「山椒チョコレート」です。

「つゆあかね」はさっぱりしていて暑い季節によさそう。かぼちゃは間違いなしのかぼちゃ感。山椒チョコレートは少しドキドキしながら食べたのですが、ほんのりスパイシーな山椒がチョコレートにぴったりあっていてとってもおいしいジェラートでした。

季節によってジェラートの素材が変わっていくそうなので、どの季節に行っても、何度行っても楽しめそうです。


わざわざ山奥に行って、自然の中でジェラートを食べるおもしろさ


農家が作る野菜ジェラートのお店「キミノーカ」は、想像以上に大自然あふれる山奥にありました。ドキドキしながらドライブしてお店を見つけるのは、さながらアミューズメントパークか宝探しゲームのよう。そして、山椒畑と山に囲まれた場所で、のんびり畑の恵みをジェラートとして味わう。わざわざそこに行くことだけでも探検気分を味わえて、しかもおいしく不思議な味に出会えて楽しい。旅の目的地にふさわしいお店でした。次に行ったらどんな味に出会えるのかな。


(Photo & Text/清水美由紀)


キミノーカ【きみのーか】


営業時間:10:00〜17:00

定休日:月曜(祝日の場合、翌日火曜が休みとなります)

住所:和歌山県海草郡紀美野町三尾川785-3


おまけPHOTO


和歌山の「キミノーカ」この日のメニューは「かぼちゃ」「とうもろこし」「みるく」「つゆあかね(梅ソルベ)」「えんどう豆」「スイカとパッションフルーツのソルベ」「干し柿白ワイン」「山椒チョコレート」「山椒ミルク」「甘ながとうがらし」「柿とマンゴーのソルベ」「ナスソルベ」の全12種類。


和歌山の「キミノーカ」このバターナッツはかぼちゃの一種なんですが、スープに使いやすいんですよね。


関連記事 こんな記事も読まれています


和歌山「アドベンチャーワールド」のパンダは、癒しパワー絶大だった!



和歌山「いなだ荒物雑貨」は意外な場所で営業中の可愛い荒物屋



 


マニマニマグ

2017年11月30日 12時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。