【PR】粒感、香りのバランスが最高! コシヒカリを超える新ブランド米「いちほまれ」って知ってる?

2017年11月27日 12時00分

おでかけ マニマニマグ



日本人の究極のソウルフードともいえるお米。朝起きて、炊きたてほかほかのごはんと味噌汁、焼き魚があれば最高に幸せ。心も体も癒されるメニューですよね。

今までお米の品種にはそんなにこだわりがなかった私ですが、福井県で開発され2017年9月に発売された新ブランド米「いちほまれ」を味わう女子会に参加して、おコメ熱に火がついてしまいました。


6年間かけて開発された福井の自信作


私が参加した女子会は、いちほまれを開発した福井県農業試験場の冨田桂さんを、赤坂にあるeditor’s fav「るるぶキッチンAKASAKA」に招いて、いちほまれの試食などをしながらお米について楽しく学ぶイベントです。(写真中央が冨田さん)

開発の逸話を聞くと、いちほまれを生み出すために6年もの歳月をかけたそう。新品種の候補となる苗を約20万種も田んぼに植えて、1種類ずつ選定し、病気や夏の暑さに強く、消費者の好みに合った品種を追及。簡単には語れない手間隙と苦労を重ねようやく生まれたのがいちほまれ。

今お米界で人気NO1を誇るコシヒカリは新潟生まれのような印象がありますが、実はこの福井県農業試験場で開発された品種だそう。この福井生まれのスター、コシヒカリを追い越せるお米ができたと開発者の冨田さんは自信満々でした。


こんなに違う? 粒感や粘り、甘さや香り…めくるめくお米ワールド


期待が高まったところで、いよいよ実食!

いちほまれとコシヒカリを並べ、どちらがどちらか分からない状態で食べ比べてみたところ、噛んでいてなんとなくこっちの方が好きだな、と思ったお米、それがいちほまれでした。

最初に口に含んだ瞬間の粒感や粘りがコシヒカリよりも強く食感がいい。次第に甘みが出てきて、お米特有の香りや旨みを感じられてバランスもいいんです。もちろんコシヒカリも大好きでおいしいのですが、やっぱり食べてみると違う。

2つの品種を見比べてみると実は色も違っていて、いちほまれは絹のように白くてツヤツヤしていて見るからにおいしそう。

冨田さんがあれほど自信ありげだった様子に納得してしまいました。


こんなおいしいお米、毎日食べられたら幸せだなー。なんて思いながらモリモリと堪能しちゃいました。

同じお米でもこんなに違うなんて。これからはお米を買う時に味や品種に敏感になってしまいそうです。


同郷の福井グルメが「いちほまれ」のおいしさを引き立てる


この優秀なお米を生んだ福井には、お米以外にも名産のグルメが盛りだくさん。

なかでも「へしこ」というサバを塩と糠で漬けたものは、福井ならではの郷土料理の代表格。糠によって旨みが増していて、適度に塩気があるので、ほのかに甘みを感じるいちほまれとの相性が抜群。ついつい、へしこ→ごはん→へしこの止まらないループにはまりそう。

ほかにも名産の焼きサバや、芋茎(ずいき)を酢漬けにした食感のいい「すこ」やほくほくした里芋のころ煮など福井の風土に根付いた料理の数々があり、いちほまれと一緒に食べているとなんだか福井に行きたくなってきました。


実は大切! お米の炊き方をおさらい


いくら品質のいいお米でも、炊き方を間違えるとそのおいしさが半減してしまうもの。せっかくいいお米を買ったら、そのポテンシャルを十分に引き出したいですよね。

いい機会なので開発者の冨田さんに聞いてみました。まず、お米は「研ぐ」のではなく「洗う」感覚で優しく扱うのがポイント。最初に入れる水はお米に吸収されるため、味にダイレクトに影響するそう。そのため、ミネラルウォーターを使うのがおすすめです。

1回目の水は糠をさっと落とすイメージで素早く捨てて、水を捨てた状態でやさしくかき回し、水を入れて汚れを落とす。この繰り返しを3~4回すればOKとのこと。

私は、お米を水に30分以上浸してから炊かないといけないと思っていたのですが、それは必要ないという話に衝撃を受けてしまいました。

最近の炊飯器は優秀で、お米に水を吸わせる時間も含めて炊いてくれるので、洗い終わったらすぐさま炊飯スイッチONにして大丈夫なんだとか。今まで私が待っていた時間って……。

思っていたより手軽なので、少し拍子抜けしましたが簡単なのはすっごくうれしい。みなさんもポイントを押さえて最大限においしいご飯を炊いてみてください。


ニューフェイスのいちほまれにご注目!


福井生まれの期待の新ブランド米・いちほまれはぜひ食べてみないとおいしさは実感できないと思います。いちほまれのHPに購入できる店や、食べられる飲食店が掲載されているのでぜひチェックして一度このおいしさを実感してみてください。

また、私が参加した女子会の様子も12月中旬に同じHPで公開されるので、合わせて見てみてくださいね。おいしさが画面から伝わってきますよ。


DATA


いちほまれ

Web:https://ichihomare.fukui.jp/


おまけPHOTO


いちほまれ女子会イベントの動画はHPで公開予定!


焼きサバと付け合わせのすこ。芋茎の軟らかいけどしゃくしゃくとした食感が特徴的です。


マニマニマグ

2017年11月27日 12時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。