「唄う稲穂」(福岡)は「うどん居酒屋」の元祖!うどん通も魅了されるその味とは?

2017年06月21日 23時09分

おでかけ マニマニマグ



「うどん居酒屋」をご存知でしょうか?近年、東京にも上陸しブームになっているという、うどん文化根付く博多で生まれた、酒もつまみもうどんも堪能できる新スタイルのうどん屋です。今回は、舌の肥えた博多の飲ん兵衛たちが夜な夜な集うとウワサのうどん居酒屋「唄う稲穂 」に初潜入してまいりました!


「うどん」を愛する街、福岡にある 唄う稲穂


福岡の「唄う稲穂 」博多のソウルフードと言えば「とんこつラーメン」のイメージが強いかと思いますが、ここ最近、にわかに注目されているのが「うどん」です。


実は福岡はうどん発祥の地と言われ(諸説あります)、昔からこの地に根付き、ながーく県民に愛されてきた食べ物なのです。


私の出身はお隣の佐賀県なのですが、福岡に住み始めた当初、うどんの店の多さにびっくりしたものです。そして人生の半分を福岡で過ごし、身も心も福岡に染まった今、私も立派な「うどん党」のひとり。


…なのですが、恥ずかしながら「うどん居酒屋」は未開拓。なんせ、私、全くお酒が飲めないもので。勝手に敬遠しておりました。が、うどん党を自負する者としてはやはり、抑えておきたいトコロ。


「うどん居酒屋デビューなら、ここに行きなさい!」と食通の先輩ライターにすすめられ、今回訪れたのが、「唄う稲穂」です。


唄う稲穂 、居酒屋なのにシャレとんしゃー!


福岡の「唄う稲穂 」地下鉄薬院大通駅から徒歩2分ほど、屋号の入った大きな提灯を発見。木を基調とした店内、ほの暗い照明…居酒屋にしてはだいぶ「シャレとんしゃー」(博多弁で、「お洒落でいらっしゃる」の意)ですが、とっても落ち着く空間です。


福岡の「唄う稲穂 」さらに店内には立派なワインセラーが。自然派ワインにもこだわったお店だそうです。これまたシャレとんしゃー!

ではワインをいただこうかしら…とマダムぶりたいところですが、下戸な私はひとまず評判のしょうゆうどんを注文しました。


もちっ!糸島産小麦が弾む、香る!伝説のうどん


福岡の「唄う稲穂 」ついに、福岡のうどん通たちを魅了してきた「唄う稲穂 」の伝説のうどんとご対面。なんと白くてツヤやかで、美しい麺なのでしょう…。水で締めた麺に、自家製だし醤油とすだちをかけていただく、シンプルなスタイルです。


まずは醤油をかけずにそのまま。もちっ!とした弾力、ふわっ!と広がる小麦の香り。程よい塩気がまた小麦の味を引き立てます。


お、おいしいっ!こんなにダイレクトに小麦の風味を感じるうどんってなかなかない。


博多うどんといえば、噛まなくても切れるくらいのやわめんが特徴ですが、「唄う稲穂 」のうどんはしっかりコシがあります。でも讃岐うどんとも違う、程よいしなやかさ、もちもち感が絶妙です。


この独特の弾力は、使っている福岡県糸島産の小麦のなせるワザだとか。地元の小麦の秘めたるポテンシャルにおののきました…!

自家製だし醤油とすだちをかけると、これまたサッパリとしておいしい!飲んだあとや、暑い季節にはたまらないはず。


一品料理もさすがのクオリティー


福岡の「唄う稲穂 」お次は一品料理。「唄う稲穂 」は系列店にもつ鍋店や、魚が自慢の和食店を展開されていることもあり、料理への期待値はいやが上にも高まります。今回はもつ煮込みと、イワシのぬか炊き(北九州の郷土料理)をチョイス。


…もう、期待以上です。


モツはもちろんぷりっぷり!みそと一味が合う~!2日間かけて仕込まれたいわしのぬか炊きは、ほろっほろ。きっと日本酒に合うんだろうな。


こんな時だけは、お酒が飲めたら…と心底思うのです。


唄う稲穂 のシメはうどん!これであなたも真の博多通


福岡の「唄う稲穂 」「唄う稲穂 」は、夕方4時から深夜3時まで開いているので、じっくり時間をかけてお酒と料理を堪能するもよし。2軒目3軒目に寄ってシメのうどんを堪能するもよし。カウンターからそっと、うどんを打つ姿を堪能するもよし。


色々な楽しみ方ができそうな「うどん居酒屋」。もちろん、私のようにお酒が飲めなくてもやさしく受け入れてくれる、懐の深いお店でした。


ちなみにこの店の前身である「唄う 手打ちうどん 稲穂」は、辺鄙な場所に店を構えながらも、うどん好きが足繁く通う知る人ぞ知る名店でしたが、惜しまれつつも閉店。その技術を学んだうどん職人達がまた次々と名店を産み、福岡でうどん居酒屋ブームを巻き起こしたのです。


そんな“うどん居酒屋のルーツ”ともいえる名店の看板と伝統を受け継ぎ、ここ居酒屋激戦区・薬院に新たに誕生したのが、この「唄う稲穂」なのだそうです。

観光で来られた方も、ぜひ一度はシメのうどんを堪能していただきたいものです。


余談ですが、博多駅近くの承天寺には「饂飩(うどん)蕎麦発祥之地」と刻まれた石碑があります。ここまで巡れば、アナタも真の博多通と言えるかも!


唄う稲穂 【うたういなほ】


営業時間:16:00~翌3:00

定休日:日曜

Web:http://motsunabe-ikkei.com/?page_id=206

住所:福岡県福岡市中央区薬院1-10-10



おまけPHOTO


福岡の「唄う稲穂 」ボンゴレうどんも絶品!福岡の「唄う稲穂 」料理に合いそうな地酒の数々福岡の「唄う稲穂 」しっぽりできる個室もあります福岡の「唄う稲穂 」「唄う稲穂 」は、薬院大通駅から徒歩2分。大きな提灯が目印!


関連記事 こんな記事も読まれています


知ってるだけでハナタカ!「とり田」は博多女子をトリコにする水炊き専門店



「じゃこくじら」は博多で噂の「海鮮角打ちイタリアン」!昭和レトロな横丁に女子殺到



【博多の新名物】池三郎 の「炊き餃子」は最後の一滴まで味わいたくなる!



マニマニマグ

2017年06月21日 23時09分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。