京都「さるや」のはかない淡雪系かき氷に、真夏の森の中でめぐり合う!

2017年06月20日 23時53分

おでかけ マニマニマグ



京都でもここ数年、夏のかき氷ブームが続いています。昔ながらのもの、ボリューム重視なもの、カラフルな具や蜜を使ったフォトジェニックなもの…。世の中にこれだけいろいろなかき氷があると、人によってお気に入りのタイプも違ってきますよね。

今回は、数多くあるかき氷のなかで、私がこの世で一番スキな「さるや」のかき氷をご紹介します。


縄文時代からある!? 京都の神秘の森に佇む茶店「さるや」


京都の「さるや」世界遺産の下鴨神社を包むようにあるのが「糺(ただす)の森」とよばれる深い森。なんと縄文時代からあったという原生林で、樹齢600年ほどの木も元気に生き続けているとか。原生林といっても重々しい感じではなく、癒しの空気にあふれています。森の中を歩いていると心も体も癒され、なんだかやさしい気持ちになれるんです。


この森の中に静かに立っているのが、茶店「さるや」です。木でできた壁や柱、屋根からも、店先の床几でひと休みする人たちからも、和やか~な空気が伝わってきます。流れる空気が緩やかで、なんだかあまり現代っぽくはない、そんなお店です。


京都の「さるや」手がけるのは、下鴨神社の近くにある和菓子店「宝泉堂」さん。宝泉堂が「さるや」の定番メニューとして研究開発したのは、下鴨神社の故事にのっとって復元した申餅をはじめ、ほかでは食べられないものばかり。


なかでも、夏にしか登場しないかき氷「鴨の氷室の氷」(700円)は、全国のかき氷ファンが熱く! 熱く推す珠玉の逸品なんです。かくいう私も、絶対、絶対食べてほしい~と思いながらこれを書いています。日本のかき氷の原点が、ココにあります!


さるや のかき氷は、はかなさを感じるほどフワフワ


京都の「さるや」「さるや」のかき氷の一番の特徴といえば、驚くほどのフワフワ感。初めて食べる時は、きっと驚きます。雪のような…それも、はらはらと降る淡雪のような食感なんです。口に含むと、やわらかい質感を伝えながら、すぐに溶けていってしまいます。はかない…はかないからこそ、スキ…。何度も、何度も食べに行きたい…。こんな魅惑の食感のかき氷って、ほかにはないと思うんです。


「さるや」の方によると、目指しているのはまさに「雪」とのこと。その食感の秘密は氷の質。普通よりもかた~い氷、それも、カルキや塩素などの不純物がなるべく少ない氷を削ることが大切らしいです。かつて下鴨神社に、冬の新鮮な雪を夏まで保存しておく「氷室(ひむろ)」があったという故事を、こんなステキな形で現代に蘇らせているのです。


黒蜜のコクと氷のハーモニーにまたうっとり


京都の「さるや」氷の食感に加え、さるやのかき氷の魅力を高めているのが「蜜」。なかでも私が大好きなのが、黒蜜です。沖縄の黒糖を使った黒蜜は、氷を口に含むと同時にふんわりと広がり、氷が溶けるとともにすっきりと引いていく、不思議な甘さ。添加物は一切不使用。まさに「天然の甘さ」を感じられる奇跡のシロップです。


蜜は真っ白な氷に別添えの形で出てくるので、好みの分量をかけられます。まずはひと口、氷だけ。そして次に、蜜をかけて味わってみてください。フワフワ~の氷に蜜が沈んでいく様子に、また感動するはず。トキメキます。


さるや の自家製絶品蜜シリーズは食べ過ぎ注意!


京都の「さるや」黒蜜のほかにオーダーできる蜜が「イチゴ」と「抹茶」。イチゴの蜜は、滋賀の長浜の農家のイチゴを、ジャム状になるまで丁寧に炊いています。抹茶の蜜は、薄茶用の抹茶から作っています。もちろんどちらも着色料、添加物一切不使用。これは、子どもから年配の人まで、安心してお菓子を食べてほしいという、宝泉堂のポリシーでもあるんです。


せっかく取材に来たので、黒蜜に加えてイチゴもオーダー。ジャム状に炊かれているから、ナチュラルだけどとっても甘い! そして、天然だからこその、この色…やっぱり純白のピュアな氷には、これでなくっちゃ。


こうなったら抹茶も…と思いかけましたが、そこはやっぱり我慢。2杯いただいたことでだいぶ涼しくなったな、と思ったとき、一つ気付いたことがありました。そういえば、「さるや」はクーラーが点いていない…。これはもちろんあえてのことで、「すごく暑いときでも、かき氷を口にし、森を愛でることで涼をとってほしい」という、お店の方のおもてなしの心。下鴨神社と糺の森で受け継がれてきた納涼文化に、この平成の世でも触れられるって…すごいロマンじゃないですか?


さるや


営業時間:10:00~16:30

定休日:無休 ※かき氷は夏季限定

住所:京都府京都市左京区下鴨泉川町59 下鴨神社境内


おまけPHOTO


京都の「さるや」さわさわと葉擦れの音が聞こえる糺の森

京都の「さるや」「さるや」ののれんに申のマークを発見

京都の「さるや」器は土器。スプーンは京都の鍛金作家のもの

京都の「さるや」糺の森には縁結びスポットの相生社もある


関連記事 こんな記事も読まれています


下鴨神社 アクセスや参拝方法をご紹介。京都屈指の縁結び神社に迫る



マールブランシュのひんやり「モンブラン」【夏の京都の3時のおやつ-2-】



みんな大好き「月ヶ瀬」のあんみつ【夏の京都の3時のおやつ-1-】



マニマニマグ

2017年06月20日 23時53分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。