ファーム富田(富良野)ラベンダーの見頃・魅力を解説。紫の絶景を堪能

2017年06月21日 00時13分

絶景スポット おでかけ マニマニマグ



富良野の「ファーム富田」編集・ライターの仕事を始めて早十数年、これまで何度「ファーム富田のラベンダー畑」の原稿を書いたことでしょう。北海道・富良野・初夏といえば、「ファーム富田」はまさにテッパンのネタ。雑誌業界のキラーコンテンツなのです。そして何度でも紹介したくなるほど、ラベンダー畑はやっぱり美しいのです。


富良野のラベンダー畑といえば、ファーム富田


富良野の「ファーム富田」撮影で初めて、北国ならではの抜けるような青空の下、風に揺れて波打つ数万本のラベンダーを見たとき。「花」の美しさに心が震えた、人生初の体験でした。悪いことは言いません。一生に一度は見ておくべきと断言しちゃいます。

ファーム富田は、昭和33年(1958)からラベンダー栽培を始めた歴史ある花畑です。富良野地区における観光花畑のパイオニア的存在で、現在は少し離れた「ラベンダーイースト」を含め約26万㎡もの広大な敷地で、ラベンダーをはじめ季節の花々が観賞できます。


富良野の「ファーム富田」正直にいって、それほど花に詳しくはないのですがラベンダーは昔から好きでして。自宅にもラベンダー鉢があるくらい。小さな紫色の花がかわいらしく、顔を近づけるとさわやかで甘い香りが鼻孔をくすぐります。あ~ぁ、癒やされる~。


富良野のファーム富田はそんなラベンダーが見渡す限りに咲いているのですから、その癒やし力たるやもう…。ちょっとした悩みや疲れなんて、花畑の彼方に消えていくのです。


紫色に染まった大地と青空。ファーム富田はまさにフォトジェニック!


富良野の「ファーム富田」ファーム富田には12の花畑がありますが、ラベンダーを観賞するなら「トラディショナルラベンダー畑」は絶対に外せません。約1万㎡の斜面をラベンダーが埋め尽くし、大地が紫一色に! 花畑の中には通路が整備されていて、ラベンダーに囲まれて歩くこともできるんです。そんな様子を少し離れた場所から撮ってもらえば、まるでラベンダーの海を歩いているかのよう。そのスケール感と美しさは感動モノです。


ちなみに、ラベンダーって色々な種類があるのをご存知ですか? ファーム富田では、花色や花期の異なる5種類を植栽しています。園内の「倖(さきわい)の畑」にはその内の4種類が植えられていて、淡い紫のグラデーションが楽しめるんです。


ファーム富田 のラベンダー畑に込められた、創業者の愛


富良野の「ファーム富田」さて、ここで伝えておきたいのが「ファーム富田」の誕生秘話。

昭和20年代前半から昭和40年代後半まで、富良野一帯では香料用のラベンダー栽培が盛んに行われていました。しかし安い輸入香料や合成香料の登場に押され、富良野の丘から次々とラベンダー畑が消えていきます。


ファーム富田の創業者も、生活のため一旦は栽培をやめる決心をします。栽培を続けても、赤字になるだけですから。でもラベンダーが愛しすぎて、どうしても畑をつぶせなかったそう。


稲作と併行して細々と栽培を続けていたとき、旧国鉄のカレンダーに同園のラベンダー畑(現在のトラディショナルラベンダー畑)の風景が採用されます。これが全国的に話題となり、一躍人気の撮影スポットになったのです。


現在、このすばらしいラベンダー畑があるのは、創業者の花を愛する一途な気持ちや、それを支えた家族、スタッフなど様々な関係者のおかげ。その思いを胸に観賞すれば、より一層美しく感じられるでしょう。


ファーム富田はラベンダーだけじゃない!絶景の花畑


富良野の「ファーム富田」ファーム富田では、ラベンダー以外にも色々な季節の花をめでることができます。

なかでも私のイチオシは、カスミソウやポピーなど7色の花の帯が丘に連なる「彩りの畑」。そのカラフルな光景は、まさに大地に描かれた花色の虹。インスタ映えすること間違いなしです。


下から見上げるのもいいですが、よりスケール感のある景色を楽しむなら、展望デッキ「森の舎(いえ)」からの眺めがおすすめ。花の帯が丘の向こうまで続く奥行きある風景が、とってもキレイですよ。


ラベンダーの見頃は? 短い最盛期を狙ってファーム富田 へ


富良野の「ファーム富田」ファーム富田のラベンダーは早咲き、遅咲きがあり、ラベンダー自体は6月下旬~8月初旬まで見られます。

でも一番の見ごろは、7月上~中旬のわずか2週間弱。最盛期のラベンダーは発色もよく、陽光を受けて宝石のようにキラキラと輝きます。まさに期間限定の絶景で、その“いまだけ感”が、よりいっそう美しさを際立たせるのです。ぜひ見ごろを狙って足を運んでみてください。


※ラベンダーの見ごろはHPで確認できます


ファーム富田【ふぁーむとみた】


営業時間:8:30~17:00(季節・施設で変動あり)

定休日:期間中無休(施設により変動あり、冬期休園)

Web:http://www.farm-tomita.co.jp/

住所:北海道中富良野町基線北15号



おまけPHOTO


富良野の「ファーム富田」「ポプリの舎(いえ)」では、テラス席でのんびり花景色が楽しめる富良野の「ファーム富田」国内最大規模のドライフラワーアレンジメント展示スペースがある「ドライフラワーの舎(いえ)」富良野の「ファーム富田」「トラディショナルラベンダー畑」にあるメッセージ板


関連記事 こんな記事も読まれています


1時間待っても食べたい! フラノバーガー の絶品ハンバーガー



道民を唸らせる「ひつじの丘」(富良野)の絶品ジンギスカン!もう他の店には行けない!?



美瑛の新名所!ロケ地跡に誕生した フェルム ラ・テール美瑛 の魅力とは



マニマニマグ

2017年06月21日 00時13分

絶景スポット おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。