和歌山「いなだ荒物雑貨」は意外な場所で営業中の可愛い荒物屋

2017年11月13日 16時00分

おでかけ マニマニマグ



和歌山の「いなだ荒物雑貨」こんにちは。旅好きフォトグラファーの清水美由紀です。先日、和歌山へ旅行に行ってきました。

和歌山といえば、熊野古道に那智大滝、南紀白浜、高野山といった自然景勝地や伝統的な人気観光地が思い浮かびますよね。これまで綺麗な海でダイビングをしたり、メジャーな観光地をめぐる旅はしたことがあったのですが、県庁所在地である和歌山市周辺は足を運んだことがありませんでした。

紀北エリアと呼ばれる和歌山県北部をぐるりと回った今回の旅で、とっても印象に残った「いなだ荒物雑貨」をご紹介します!


国内外の可愛い手工芸品が並ぶ「いなだ荒物雑貨」


和歌山の「いなだ荒物雑貨」和歌山市内で、「楽しそうなお店はないかな」と情報を探していた私の目に留まったこのショップカード。

お店の名前は「いなだ荒物雑貨」。ちなみに荒物というのは、ざるや箒、ちりとりといったちょっと前まではどこにでもあった簡単な作りの日用品のこと。カードの雰囲気から、可愛いものがたくさんありそうな予感がします。これは行ってみなくっちゃ!

早速和歌山駅から約20分東へ車を走らせて向かうと、市街地から離れた田んぼに囲まれた場所に見つけることができました。「暮らしの道具あります」という看板に、胸が高鳴ります。


色々な自然素材から作られたカゴに魅了される


「いなだ荒物雑貨」に入ってまず圧倒されたのが、カゴやざるの量!竹や山葡萄、籐など様々な素材から作られたカゴがずらりと並んでいました。

小さなラベルには金額とともに、作られた場所の地名が記載されています。長野の根曲がり竹に、大分の竹工芸、愛媛・道後温泉の湯カゴ。このひとつひとつが、その地域にあるものを活かし、地域に根付いた職人さんが手を動かしてつくったものなんですよね。

うっとりと魅了されると同時に、これまで全国を旅した時に見てきたカゴたちが集合していることに、なんだか感動してしまいました。


和歌山の「いなだ荒物雑貨」


和歌山の「いなだ荒物雑貨」「いなだ荒物雑貨」の奥の一角には、海外のカゴも並んでいました。素材や作られた場所が違うだけで、こんなにも表情が変わるなんて、カゴの世界って奥深い。東京・谷中の「松野屋」のオリジナル商品も販売されていました。


和歌山特産のシュロ箒のぷっくりした風貌にほれぼれ。


そして、箒コーナーには、和歌山県特産のシュロ箒もたくさんの種類が置いてありました。

写真の左側にある、焦げ茶色のものがシュロ箒です。私の地元長野県松本市では右側のような、箒草の箒が一般的。見慣れた箒とは雰囲気が違い、ぷっくりと丸い印象のシュロ箒。とっても可愛い!

和歌山の「いなだ荒物雑貨」


和歌山の「いなだ荒物雑貨」ちなみにシュロというのは、ヤシ科の植物のこと。このシュロの樹の皮を剥がして、箒の穂先として使用したものが、シュロ箒なんです。

国産のシュロは今少なくなっているようで、「いなだ荒物雑貨」には和歌山産のシュロを使用し和歌山で製造されたシュロ箒と、海外産のシュロを使い和歌山で製造されたシュロ箒があるのだそう。お店のおばあちゃまが詳しく説明してくださるので、自分の好きなものを選ぶことができます。


これがギャップ萌え?!この可愛いお店がある場所は…。


和歌山の「いなだ荒物雑貨」実は「いなだ荒物雑貨」、取扱商品が素敵なだけじゃなくて、お店の外観にびっくりなんです。以前は化粧品や薬を扱うお店を営んでいたとのことで、その名残があります。

リノベーションしたお店の外観は昔のままというパターンはよくあるけれど、それだけじゃありません。


和歌山の「いなだ荒物雑貨」「いなだ荒物雑貨」…なんと、ガソリンスタンドの一画にあるんです!しかも、田んぼに囲まれたガソリンスタンドです。都心の土地がない場所ならともかく、広大な地の広がる和歌山でというところもとっても面白いですよね。「いなだ荒物雑貨」の前を車が通り過ぎては、ガソリンを補給していき、なんとも斬新な光景でした。

可愛くて洗練された荒物雑貨と、ガソリンスタンドの組み合わせ。これが世に言う「ギャップ萌え」というものなんでしょうか。もう、テンション上がりっぱなしでした。


「心ときめく荒物雑貨」×「ガソリンスタンド」の異色のコラボレーション


「まさかこんな場所に?」と目を疑ってしまうような、ガソリンスタンドの一画でこじんまりと営業している「いなだ荒物雑貨」は、日本全国そして世界中のカゴやざる、和歌山特産のシュロ箒に出会える胸キュンスポットでした。こんな光景に突然出会えるのだから、やっぱり旅って面白い。


(Photo & Text/清水美由紀)


いなだ荒物雑貨【いなだあらものざっか】


営業時間:11:00~17:00

定休日:日曜(祝日時々休み)

住所:和歌山県和歌山市木枕59


おまけPHOTO


和歌山の「いなだ荒物雑貨」「いなだ荒物雑貨」には、実験に使うようなガラス製品もたくさんありました。無駄のないシンプルなデザインが素敵です。明治45年創業の小泉硝子製作所の品物です。


和歌山の「いなだ荒物雑貨」随分古そうな御通帳が、棚にひっそり置かれていました。近所の金物屋さんが閉店する際に引き受けた、40年程前に作られた品物だそうです。こちらも販売されています。


関連記事 こんな記事も読まれています


和歌山「アドベンチャーワールド」のパンダの癒しパワーは絶大!悩みがあるなら会いに行こう



【農家が作るジェラート】キミノーカ で和歌山のやさいをスイートに味わう



マニマニマグ

2017年11月13日 16時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。