「アルマーレ」でいただく、鳥取の器で彩られた海辺のイタリアン【マニマニの鳥取-4-】

2017年09月21日 19時00分

おでかけ マニマニマグ



鳥取の「アルマーレ」こんにちは。フォトグラファーの清水美由紀です。

鳥取旅で出会ったモノ・コトをご紹介する連載の4回目。今回は、東浜の美しい海岸線が一望できる絶好のロケーションにあり、周辺の窯元の器で食事することができるレストラン「アルマーレ」を紹介します。


※これまでの「マニマニの鳥取」は、コチラからご覧ください。


「トワイライトエクスプレス瑞風」が立ち寄る、話題のレストラン「アルマーレ」へ


鳥取の「アルマーレ」山陰地方を代表する景勝地であり、世界ジオパークにも認定されている浦富海岸。その絶景を楽しめる素晴らしいロケーションに建つのが、今回の目的地であるイタリアンレストラン「アルマーレ(AL MARE)」。JR東浜駅からすぐ、豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の立ち寄り先として話題の新スポット(2017年5月OPEN)ですが、山根窯で鳥取民芸熱の高まった私の興味はそこではありません。実はここ、周辺にある複数の人気窯元の器で食事することができる、民芸好きにはたまらない穴場スポットなんです! キレイな海を見ながら、その土地ならではのステキな器で食事ができる、それって最高じゃありませんか。


アルマーレ は全席オーシャンビュー


地中海をイメージしたという庭園を抜けてレストランへ。建物に入ると目の前に現れるのは、窓一面に広がる海岸線! 実は、今回の取材時はあいにくの空模様だったんです。それでも窓から海だけが見えるこの眺めは開放感たっぷりで、そのまま海に溶け込んでしまうかのような一体感でした。晴れていたらどれだけ綺麗だったんだろう… ということで、冒頭の晴れた日の写真は店からお借りしました。私が撮った写真はこちらです。


鳥取の「アルマーレ」鳥取の「アルマーレ」それでも立地の素晴らしさは十分伝わりますよね。本当に海岸スレスレで、アルマーレ(イタリア語で“海”)という店名にも納得です!


鳥取の「アルマーレ」鳥取の「アルマーレ」海と反対側に目を向けると、美しいお庭も眺めることができます。店内のインテリアは洗練されていて、落ち着いた大人の雰囲気。座席の間隔もゆったりしているので、リラックスして食事を楽しむことができます。


鳥取の器、大集合!アルマーレ で新たな窯元との出会いも。


鳥取の「アルマーレ」さあ、いよいよ楽しみにしていたお食事です! 私が選んだのは、目の前に広がる海で獲れた地元食材がふんだんに使われ、「瑞風」の乗客気分が一番味わえるというメディテラニアンコース2900円(※ランチのみ)。食材はもちろん見た目や調理法に趣向を凝らされたメニューは季節毎に変更があるとのことですが、今回いただいたメニューはこちら。メイン料理はお肉も選べます。

・パン、燻製バター

・前菜:イカのなかのイカ

・パスタ:3色のタリアテッレ キノコ、イカ墨、魚介

・メイン:“夏風”平目、きゅうり、とうもろこし、ミント、バジリコ、夏野菜

・デザート:ウリ科とシソ(一口サイズのスイカとズッキーニが、メロンのエスプーマの中に閉じ込められています)

・紅茶(orコーヒー)


鳥取の「アルマーレ」ここからは器をクローズアップ!まずはパスタ。印象的な青い器は「岩井窯」のもの。このお店で使うためにアイディアを出し合い制作された器で、静かな表情ですがとっても存在感のある器です。深いブルーの色合いが、海を見ながら食事をいただける「アルマーレ」の象徴のように感じました。


鳥取の「アルマーレ」お次はメイン。鮮やかな二色使いが印象的な器は「牧谷窯」のもの。色の違う土を重ねて模様をつくる、練り込みという技法で作られています。とっても美しいし、なにより料理が映えます!


他にも、紅茶ポットとカップ&ソーサーは延興寺窯、パンのプレートは県内の木工作家など、料理とあわせて鳥取の手仕事を存分に味わい尽くすことができました。同じ鳥取のものでも、醸し出す雰囲気はそれぞれ全く違うんです。様々な器に盛り付けられた食事を五感ぜんぶで味わえたことで、新たなお気に入りの窯元ができました。こんな体験は、他ではなかなかできないですよね。


目と手と舌で、鳥取を味わい尽くしました


「アルマーレ」は、“鳥取ならでは”の海、手仕事、食材を味わい尽くせる、特別なレストランでした。それにしても鳥取の海って、とても青くて澄んでいて、本当に美しいんですよね。のんびり眺めていると、本当に優雅な気持ちになってきます。「瑞風」がわざわざここに立寄るのも納得!


今回の旅もそろそろ終盤。そういえばまだお土産を買っていませんでした! カワイくて美味しくて鳥取らしい、そんなお土産を探しにでかけましょう。

<つづく>


(Photo & Text/清水美由紀)


AL MARE(アルマーレ)【あるまーれ】


営業時間:11:30~17:00(LO 16:30)、夜の営業は要予約(詳細はお問い合わせください)

定休日:水曜

Web:http://www.al-mare.jp

住所:鳥取県岩美郡岩美町陸上34


おまけPHOTO


鳥取の「アルマーレ」海岸沿いには木の遊歩道が整備されていて、散歩することができます。取材した日は大荒れの海模様でした


鳥取の「アルマーレ」出迎えてくれる「アルマーレ」のエントランスの看板は、端正な印象


鳥取の「アルマーレ」「イカのなかのイカ」というメニュー名も面白い


関連記事 こんな記事も読まれています


鳥取砂丘はフォトジェニック【マニマニの鳥取-1-】



「山根窯」で見つけた、一生モノの器【マニマニの鳥取-3-】



マニマニマグ

2017年09月21日 19時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。