カワイイだけじゃない!ブランケーキと生姜せんべいをお土産に【マニマニの鳥取-5-】

2017年09月25日 17時00分

おでかけ マニマニマグ



鳥取旅で出会ったモノ・コトをご紹介する連載の5回目、ついに最終回です。「鳥取に行ってくるね〜!」と話してきたあの人に、なにかお土産を買って帰りたい。せっかくなら、可愛くて美味しくて、渡すのがちょっと楽しくなるようなものがいいですよね。そんなわがままな乙女心を満たしてくれるお菓子を紹介します。


※これまでの「マニマニの鳥取」は、コチラからご覧ください。


あげる相手の顔を思い浮かべながら、お土産探しへ!


鳥取の「亀甲や」今回紹介するのは「鳥取ブランケーキ」と「生姜せんべい」です。どれを紹介しようかとお店を巡ったのですが、誕生秘話や作り手の熱い思いを聞いてしまったら、どうしても選べない… やっとのことで絞りこんだ2つを眺めてみると、白地にカラフルな模様が入ったパッケージがなんだか似ています。試しに並べて(しかも砂丘で)カメラを向けたら、とってもいい感じに 撮れちゃったので、2つまとめてどうぞ!


鳥取の名物がキュートに大集合!亀甲や「鳥取ブランケーキ」


鳥取の「亀甲や」1つ目に紹介するのは、「亀甲や」の「鳥取ブランケーキ」(ハーフ、648円)。

松葉蟹、民芸の器、二十世紀梨など鳥取名物のイラストが、商品名を囲むようにちりばめられています。どれもとっても可愛い!白いうさぎは「因幡の白兎」。フチに飾りのついた傘は「鳥取しゃんしゃん祭」で使用する物で、4千人が傘を持って踊る姿がとっても華麗なんだそう。今回は見られなかった鳥取の魅力に思いを巡らせていたら、帰る前から「また来たいな」という思いがむくむく。


鳥取の「亀甲や」鳥取の「亀甲や」箱のデザインは、鳥取で学生時代を過ごしたという大神慶子さんによるもの。「亀甲や」社長の小谷寛さんと大神さんは、その頃からの旧知の間柄。この素朴で可愛いパッケージデザインは、長きにわたる信頼関係があってこそ生まれたものだったんですね。そんなストーリー、とっても素敵です。写真は小谷寛さん(右)と、長男の直大さん


厚く切り分けて、鳥取の器でいただきました


鳥取の「亀甲や」お味ももちろん◎。しっとりとしたスポンジに、ブランデーがたっぷりしみ込んでいます。名前“ブラン”は、ブランデーのことだったんですね。お酒が苦手な私ですが、パクパク食べてしまいました。

ちなみにケーキを乗せているのは、鳥取の人気窯元「因州中井窯」のお皿なのですが、パッケージにもしっかり描かれています。当然ながら、相性はバッチリです。


昔ながらのパッケージがレトロ可愛い、宝月堂「生姜せんべい」


鳥取の「宝月堂」2つ目は、宝月堂の「生姜せんべい」(27枚入り3枚ずつの個包装、1,296円)。

見てください、この堂々たる文字。レトロ感、じゃなくて本物のレトロです。なにしろこのお菓子は、”民芸のプロデューサー”と称される吉田璋也のプロデュースよるもの。昔ながらのパッケージですが、今なお新鮮に感じます。もちろんロングセラーならではの風格があるんですが、どこか可愛い。


鳥取の「宝月堂」鳥取の「宝月堂」もともと「生姜せんべい」は鳥取県東部で江戸時代から庶民の間で親しまれていたもので、現在も市内の色々なお店が作っています。地元民はそれぞれに好みのものがあるんだそう。宝月堂の「生姜せんべい」は、薄く焼いた甘さ控えめなせんべいを波型に曲げ、生姜蜜を塗ったもの。吉田璋也は「鳥取砂丘にうっすら雪が積もったようだ」と表しました。とても美しい表現ですよね。

いざ口にすると、カリカリ感と生姜の辛みがたまらない!これはあと引く美味しさです。


一枚一枚、手作業で丁寧につくられています


鳥取の「宝月堂」鳥取の「宝月堂」びっくりしたのが、このせんべいの作り方。なんと、古い鉄製の機械を使って、一枚一枚手作業で焼いているんです! そして、焼き上げたばかりのまだ柔らかいおせんべいを、これまた一枚ずつ手で曲げていきます。宝月堂5代目の佐々木稔郎さん(上写真)も、汗だくになりながらせんべいを焼いていらっしゃるとのこと。「新商品にはどんどんチャレンジするけど、変えるべきでないものはしっかり守っていく。」と佐々木さんは仰いました。こんな風に作られていると知ってしまったら、ますます愛着がわいてしまいますよね。


物語の詰まった、愛情あふれるお土産をお持ち帰り


鳥取の「宝月堂」可愛くて美味しいお土産には、魅力あふれるストーリーが詰まっていました。想いのこもったものを誰かに手渡せるって幸せなことだなあ。「鳥取ブランケーキ」は大切な人や家族に、「生姜せんべい」は友達や同僚に配るのにぴったり。迷わず“どちらも”購入しましょう。


さて、楽しかった鳥取の旅もあっという間におしまいです。この旅で見つけた鳥取の魅力が、誰かの旅のキッカケになれば嬉しいな。


連載はいったん終わりますが、鳥取の“好き”をみつけるマニマニの旅は、これからもつづきます。


(Photo & Text/清水美由紀)


亀甲や【きっこうや】


営業時間:平日8:30~19:00、日祝8:30~17:30

定休日:なし

Web:https://kikkoya.jimdo.com/

住所:鳥取県鳥取市片原2-116


宝月堂【ほうげつどう】


営業時間:9:00~18:30

定休日:日曜、祝日

Web:https://hougetsudou.jp/

住所:鳥取県鳥取市二階町3-121


おまけPHOTO


鳥取の「宝月堂」購入するとその場で餡をつめてくれる「亀甲もなか」(亀甲や)


鳥取の「宝月堂」「生姜せんべい」は、箱無しの少ない枚数でも買えます(宝月堂)


鳥取の「宝月堂」「生姜せんべい」の波型は、鳥取砂丘のイメージ(宝月堂)


鳥取の「宝月堂」ほろほろとした食感が楽しい和風クッキー「砂の丘」は、和三盆味と生姜味。イラストは5代目の手書き!(宝月堂)


マニマニマグ

2017年09月25日 17時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。