食堂みつばち(今治)のおしゃれテラスでまったり【しまなみ海道の“移住者カフェ”-5-】 

2017年11月09日 18時00分

カフェ巡り おでかけ マニマニマグ



今治の食堂みつばち「瀬戸内の海ってキレイだけど、だいたい同じ風景」だなんて思っていませんか? それはすごくもったいない話。今回はちょっぴり表情の違う「しまなみの海」と出合えるカフェをご紹介します。名物のお魚ランチも、付け合わせが凝っていてしかも美味!


※これまでの「しまなみ海道の“移住者カフェ”」は、コチラからご覧ください。


海の雰囲気が、ほかのエリアとちょっと違う


今治の食堂みつばちしまなみエリアの代表的な絶景といえば、海を覆いつくすように浮かぶ大小の島々。しかし、大島の東側にある「食堂みつばち」の近くには、そのような島はほとんどありません。目の前には、どーん!と水平線まで開けた大きな海。なのに、波はなくどこまでも穏やか。その前に立ってみると、大きな優しさに包まれていくような、不思議な気分になっていきます。


今治の食堂みつばち「食堂みつばち」一番のビュースポットは、水色のテラスにあるカウンター席。目の前にパノラマで広がる海を眺めながら、カフェオレやケーキプレートをいただくのも至福のとき。土日はお客さんで賑わっていますが、平日にもし時間があれば、このテラスに腰を据えて本を読むのもおすすめです。


今治の食堂みつばちしまなみの海が舞台となった小説といえば、2014年の本屋大賞にもなった『村上海賊の娘』(和田竜/新潮社)や、浅見光彦シリーズ「しまなみ幻想」( 内田康夫/文春文庫)なども。名作を読むことで、旅もまた違った景色を私たちに見せてくれるかもしれません。


食堂みつばち のワンプレートランチ


今治の食堂みつばちそして忘れちゃいけないのが、みつばち名物「お魚ランチ」(1300円)。主に、地元漁師さんが届けてくれるタイなどの名産物が、賑やかにワンプレートへ盛り付けられています。


今治の食堂みつばちこの日のメインは、タイのムニエル。肉厚で食べ応えがあるのはさることながら、底にはこんがり焼けた皮が。絶妙な火加減による香ばしさとバターの芳香が、立ち上ってきて鼻をくすぐります。


プレートにはその他にも、キノコのマリネ、キュウリとナガイモの食感がアクセントのもずく酢、ベーコン&カボチャのキッシュ、ハムとダイコンのマヨネーズ和え、エノキのスープなど、盛りだくさん。味のふり幅がとても広く、盛りだくさんなのに決して飽きません。


今治の食堂みつばち「食堂みつばち」のランチのメニューは時期によって替わり、「できるだけ島で獲れた魚を使う」という視点から考案されています。


人が人を呼ぶ「みつばち」の名前の由来


今治の食堂みつばち実は「食堂みつばち」には、オーナーである田中敦さんの夢が詰まっていました。「いつかカフェの経営がしたい」と思っていた田中さんは、松山市でのサラリーマン生活に別れを告げて2011年に夫婦で移住。カフェ「Paysan(ペイザン)」のオーナーであり先輩移住者でもある求(もとめ)さんご夫婦と知り合い、それが縁でこの島に決めたそうです。


今治の食堂みつばちもともと別荘だった建物を、求さんが中心となりDIY改装。手作業で窓をつくったり、ミシン台をリメイクしてテーブルに仕立てたり、古い物を大切に活かしてお店ができあがりました。


今治の食堂みつばちそして、「食堂みつばち」という店名は、地元の方たちが命名してくれたとか。「さまざまな技術や面白い特技をもった人が集まるように」という願いが込められているそうです。実際、不定期で開催されるイベントでは、アフリカの民族楽器ムビラの奏者が訪れたり、ヨガの教室も行われたりしています。


今治の食堂みつばち


食堂みつばち では参考になる移住の話が聞ける


今治の食堂みつばちちょっと変わったしまなみの海とおいしい食事、ユニークな仲間たち。そんな三拍子がそろった場所で、これからまた何が生まれるのでしょうか。オーナーの田中さんは、島暮らしのよい面も大変な面も気さくに教えてくれるので、移住に興味がある人も「食堂みつばち」に行けば刺激がもらえるかもしれません。しまなみの旅が、実り多きものになりますよう!


(Text&Photo/吉野歩)※海と外観の写真のみ「食堂みつばち」提供


食堂みつばち【しょくどうみつばち】


営業時間:11:00~16:00 (ランチ11:00~14:30)

定休日:火・水曜

Web:http://r.goope.jp/mitsubachi

住所:愛媛県今治市吉海町仁江1876-1


※車で来店の際は、(元別荘のためか)カーナビによっては違う場所に案内されることもあるのでご注意を。「今治市宮窪町友浦」を目指して、友浦からは海を左に見ながら海沿いの道をしばらく走るとお店に着きます。


おまけPHOTO




今治の食堂みつばち愛媛県の給食では、みかんジュースで炊いた「みかんごはん」がお馴染みなんだとか。そんなソウルフードを昇華させた「みかんピラフのデミグラスソース・オムライス」(1100円)。


今治の食堂みつばちハワイのミュージシャンでありサーファーの「ジャック・ジョンソン」が大好きで、「食堂みつばち」のBGMの定番にしている田中さん。

「昔ドライブで初めて聴いたときに、惚れ込んで『いつかお店を持ったらかけよう』と決めていたんです」と、照れくさそうに教えてくれる様子も魅力的なオーナーさんです。


今治の食堂みつばち近隣の島の作家さんがつくった作品も購入可能です。手前は、お隣にある伯方島「小舟工房」のぬくもりある焼き物。まるで、みつばちの巣のように、賑やかな物販コーナーです。


関連記事 こんな記事も読まれています


週3日だけ出合える「paysan」のもっちりパン【しまなみ海道の“移住者カフェ”-6-】



絶景で至福の一杯「オミシマコーヒー焙煎所」【しまなみ海道の“移住者カフェ”-4-】



尾道の新名所『ONOMICHI U2』がスゴイ!まるで倉庫の中の小さな町



マニマニマグ

2017年11月09日 18時00分

カフェ巡り おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。