ジブリ好き必見!映画の世界を実際に味わえると話題の企画展示「食べるを描く。」に行ってきました。

2017年10月31日 03時00分

おでかけ マニマニマグ



「いつかジブリ映画の世界に入り込めたらいいな」そんな妄想を実現してくれる場所があったら…。今年5月から「三鷹の森ジブリ美術館」で開催されている企画展示「食べるを描く。」は、ジブリ映画に登場する食事シーンの秘密を知ることができると話題です。


ジブリ映画の食を楽しめる企画展示「食べるを描く。」


三鷹の森ジブリ美術館日本人ならだれもが一度は観たことのある映画、ジブリ。スタジオジブリの映画には食べるシーンが多くでてきて、そのシーン自体が記憶に残っている人も多いと思います。


『魔女の宅急便』で、キキが屋根裏部屋で作るホットケーキ、『ハウルの動く城』で、火の悪魔・カルシファーが焼いて魔法使いの弟子・マルクルがとっても美味しそうにかぶりつくベーコンエッグなど、食べもの自体はごく普通のものなのに、おいしそうな笑顔、臨場感のある描写にわたしたちは引き込まれます。


そんなジブリ映画の「食べる」をいろいろな角度から楽しめるのが、今年5月27日から行われている企画展示 「食べるを描く。」です。


映画の食事を目の前に再現!


三鷹の森ジブリ美術館まず、展示入り口からテンションが上がること間違いなし。歴代のジブリ映画で出てきたおいしそうな食べものがずらりとショーケースに並んでいます。「あ、この食べものおいしそうだったな」「昔、食べたいと思ったんだよな」なんて、ついつい映画のワンシーンを思い浮かべて、立ち止まってしまいます。


ジブリ映画を豊かにする作画の力


三鷹の森ジブリ美術館展示は2部構成。一部は「食べるを描く。」


ジブリ映画における食事シーンの絵コンテ、原画、場面写真が壁一面にずらり。宮﨑駿監督が描いた絵コンテ、それをアニメーションにする過程での演出方法の印象の変化など、一つひとつ観ていくうちに、ジブリ映画の世界にぐいっと引き込まれていきます。


ジブリ映画にとって「食べる」は食べるという行為だけではないのです。登場人物のうれしい・かなしい・せつない・がんばるぞといった気持ちの揺れ動きを表現するために、食べる仕草、食べ方、表情などを綿密に描いているのだそう。


三鷹の森ジブリ美術館たとえば『千と千尋の神隠し』で、千尋がハクからもらったおにぎりをほおばるシーン。写真下半分をよーく見ると目から涙がぽろぽろこぼれ落ちているのが分かりますか?おにぎりを食べることで、ずっと張り詰めていた感情がやわらかくほどけた瞬間が描かれています。


わたしはこの原画を観た時、なんだか泣きそうになりました。アニメーションとして見るジブリ映画も好きだけれど、原画は世界に一つしかないから、人の心をぐっと揺さぶるのかもしれません。


「となりのトトロ」のあのシーンに入り込める


三鷹の森ジブリ美術館二部は「食べるを作る。」


ジブリ映画の中には食べるだけではなく、食事を作るシーンも数多く出てきます。ということで、今回、展示用に映画のワンシーンを実物大で再現しています。実際にジブリ映画の世界に入りこめるのです。


『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所が目の前に現れた瞬間、大人気なくはしゃいでいる自分がいました。だって、子どもの頃、ビデオがすりきれるまで観たトトロの世界に入り込める日が来るとは…。台所には靴を脱いで中に入れるので、さわったり、棚を開けたりして楽しむことができます。


実際に行って見てさわってジブリ映画を体感しよう


三鷹の森ジブリ美術館あんまり詳しく紹介しすぎてしまうと、企画展示「食べるを描く。」へ行った時の驚きやワクワクが少なくなってしまうので、今回の紹介はここまで。きっと記事を読んでいるより何倍も何十倍も楽しめる展示です。ぜひ実際に足を運んで、ジブリ映画の世界を味わってみてくださいね。


(Text&Photo/忠地七緒)


三鷹の森ジブリ美術館【みたかのもりじぶりびじゅつかん】


営業時間:10:00~18:00(予約制)

定休日:火曜日ほか

メンテナンス休館…2017年11月7日(火)~11月17日(金)

冬季休館…2017年12月27日(水)~2018年1月2日(火)


※長期休館の日付は年度ごとに変動します。

※開館スケジュールは予告なく変更される場合がありますので、ごあんないダイヤル0570-055777(9:00~18:00 休館日は休み)でご確認ください。


料金:大人・大学生…1,000円、高校・中学生…700円、小学生…400円、幼児(4歳以上)…100円

※ジブリ美術館のチケットは日時指定の予約制です。詳細はこちらをご覧ください。


Web:http://www.ghibli-museum.jp/

住所:東京都三鷹市下連雀1丁目1-83


© Museo d’Arte Ghibli © Studio Ghibli © 1989 角野栄子・Studio Ghibli・N


おまけPHOTO


三鷹の森ジブリ美術館三鷹駅からは徒歩約15分。てくてく歩くも良し、コミュニケーションバスに乗るも良し


三鷹の森ジブリ美術館バスにマックロクロスケ発見!


三鷹の森ジブリ美術館美術館の周りは井の頭公園。ジブリの世界を堪能した後は、公園をお散歩するのもおすすめ


関連記事 こんな記事も読まれています


【写真レポ】「TOKYO ART BOOK FAIR 2017(東京アートブックフェア)」は、本と雑貨好き必訪の一大イベントだった!



デイリーズ・マフィン(東京・月島)で、おなかも心もまんぷくモーニング



No.4(東京・市ヶ谷)の毎朝食べたいトーストセット



マニマニマグ

2017年10月31日 03時00分

おでかけ マニマニマグ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。