世田谷線沿線で愛されるパン屋若林「ナイーフ」|by PARIS mag

2018年03月13日 11時45分

パン おでかけ ことりっぷ


毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、赤い扉が目印のパン屋「naïf(ナイーフ)」をご紹介します。


『世田谷パン祭り』が人気を博していることが表しているように、パンの名店が多い世田谷区。その中でも近頃特に気になるのは、かわいいローカル線「東急世田谷線」沿いに店を構えるパン屋さんたち。今回は世田谷線の若林駅から徒歩2分ほどの場所にある「naïf(ナイーフ)」へ行ってきました。


北は北海道、南は台湾まで!? 全国からお客さんが集まる住宅街のパン屋さん


三軒茶屋から2つめの若林駅周辺は、駅を降りるとのどかな住宅街。行き交う人たちものんびりとしています。環七に出て通り沿いを歩くと、目印の赤いドアが見えてきました。



出迎えてくれたのは『ナイーフ』の代表であるタニカミ フミエさん。「ナイーフ」のシェフを務める谷上 正幸さんの奥様でもあります。さっそく、おすすめのパンについてうかがいました。



パネトーネは2週間ほど日持ちするので、手土産にもおすすめ

「イタリアのクリスマス菓子『パネトーネ』がおすすめです。年間を通して提供しており、レギュラーのフィリングはレーズンとオレンジピールを使用しています。また、季節限定のものもあります」。



限定タイプのパネトーネは季節によって変わるので、こちらもお楽しみに!クリスマスが近づくころは、ドイツのクリスマス菓子「シュトーレン」も登場する予定なのだそう。


「お客様に一番人気なのは『ミルクフランス』です。トーストするとミルククリームが少し溶けておいしいですよ」と教えてくれました。



フランス朝食の定番・クロックムッシュにはたっぷりのツナが入っていてボリューム満点!

タニカミさんにお話を聞いている間にも、次々とお客様がいらっしゃいます。バゲットを買っていくダンディなおじさまや赤ちゃん連れのママなど、地元の方に愛されていることが垣間見れました。



「お客様は地元の方がほとんどですが、全国からもいらっしゃいます。最近は海外からのお客様も来てくださいますね。先日も台湾からのお客様がいらっしゃいました。もしかしたら日本でパンの修行をした台湾の方が、台湾で紹介してくれたのかもしれませんね(笑)」。



タニカミさんは来店するお客様に「風邪治りました?」「連休はどう過ごされたんですか?」と声をかけていました。地元の方に愛されるお店だからこその風景にほっこり。


「こだわらないこと」がこだわりの谷上さんのパン作り


もともとは中目黒の人気店だった「ナイーフ」が若林の地に移転したのは2015年のこと。人が集まる繁華街から、なぜ住宅街に移転したのか、シェフの谷上さんに伺いました。



シェフ・谷上正幸さんの意外なフィロソフィーとは!?

「中目黒のお店を閉店したあと、ずっとお店を開くための物件を探していたんですけど、なかなかいい物件に巡り合えなかったんです。でも、この近くをたまたま歩いていたらここの場所を見つけて。ちょうどテナントを募集していたのですぐに不動産屋さんに連絡を入れました。

環七沿いだから車の通りは多いけれど、不思議と音も気にならない場所なんです(笑)。あと、世田谷区には有名なパン屋さんも数多くありますよね。パン屋さんにとっていい土地なんだと思います」。



バゲットは数種類をご用意。当日はカンパーニュが完売していました

ショーケースに並ぶパンはどれも魅力的。谷上さんはどんなパンを得意としているのでしょうか?



「やはりカンパーニュなどのハード系ですね。僕がこの世界に入った30年前に比べて、ハード系のパンが日常生活に根付いてきているように感じます。昔はレストランで出されるパンといったらバゲットくらいでしたが、最近はその土地その土地でオリジナルのパンが提供されるようになりましたよね。みなさん、パンの多様な食べ方を受け入れられるようになってきたのではないでしょうか?」と谷上さん。



確かにこの数年で、私たちの「パン偏差値」は向上しているような気がします。好みのパンを食べたいという思いも強くなっているのかもしれないですね。



土地の名前が入った「若林ブレッド」と、モチモチ食感が楽しい「シリアルブレッド」

「こだわりは持たないようにしているんですよ。『こうじゃなきゃいけない』という考え方は持たないようにしています。作ったものがおいしければいいかな…と(笑)。



小麦粉もバターも今は国産のものを使っているけど、いつ価格が高騰して使えなくなるかわからないですしね。食べ方だってこだわらなくていいと思うんです。食パンに海苔をのせても、納豆をのせても、それがおいしければいい。お客さんにはパンの食べ方も自由に楽しんで欲しいんです」と、「こだわりを持たない」というこだわりを教えてくれました。



店名の「naïf」はフランス語で“素朴”という意味

最後に今後「ナイーフ」をどんなパン屋さんにしていきたいか聞いてみました。



「今は行列もなくのんびり営業しています。だからこそお客様も、店番をする家内との会話を楽しみにして来てくれるし、それでまたお店にも足を運んでくれる…。この雰囲気を大事にしていきたいですね。



パンについては『おいしい』というのは変わらない絶対条件。そこにプラスαを加えて、とにかくその時々でおいしいパンを提供していけたらと思います」。



フミさんの温かい接客と、谷上シェフの「こだわらないパン」に溢れる「ナイーフ」は、優しさたっぷりの空間でした。



ことりっぷ

2018年03月13日 11時45分

パン おでかけ ことりっぷ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。