かわいいイギリス伝統菓子がたくさん!御茶ノ水の小さな専門店「レイジー デイジー ベーカリー」

2017年11月26日 11時45分

おでかけ ことりっぷ


御茶ノ水にオープンした「Lazy Daisy Bakery(レイジー デイジー ベーカリー)」は、イギリスとイギリスのお菓子が大好きな店主・中山真由美さんが手掛けるイギリス菓子専門店。こじんまりとした店内には、スコーンやジンジャービスケット、ケーキなど、かわいいお菓子がいっぱい。イギリスに詳しい中山さんが教えてくれる数々の「お菓子の物語」もとても楽しいですよ。


イギリスの魅力が詰まった専門店



入り口の白うさぎが目印

お茶ノ水駅から徒歩10分。東京医科歯科大学キャンパスを超えたところに、イギリス伝統菓子のお店「レイジー デイジー ベーカリー」があります。約10年にわたって、アンティーク雑貨のバイヤーをしていた店主・中山真由美さん。何十回とイギリスに足を運ぶうちに、イギリスのお菓子文化に魅せられ、昨年お店をオープンしました。



お店のキャラクターはハリネズミ。なぜハリネズミかというと、「イギリスではハリネズミは幸せを背中に運んでやってくる」(中山さん)から。「幸せをお店に運んできてほしいし、お店に足を運ぶ人もここから幸せを運んでいってもらいたい」との思いで名付けられたそうです。



かわいらしいケーキがいっぱい

店内には、珍しいイギリスの伝統菓子がずらり。常時、約10種類のケーキと、約4〜5種類の焼き菓子やビスケットを取り揃えるほか、珍しいイギリスティーや季節によってはジャムの取り扱いもしています。


「イギリスのお菓子には物語がある」と中山さん。今回は、お店で特に人気の3種類のケーキについて、その歴史とともに、たっぷりとお話を伺いました。


1500年代から愛されているお祝いケーキ



「シードケーキ」(480円)。手前がキャラウェイシード

昔から収穫や種まきの時に作られてきたお祝いケーキ「シードケーキ」(480円)。歴史は古く、誕生したのは、なんと1500年代とか。残念ながら、いまイギリスではほどんど見かけなくなりましたが、レイジー デイジー ベーカリーでは通年で味わえる定番のお菓子です。


シードケーキの“シード”は、キャラウェイシードのこと。イギリスでは子どもの枕の下に置かれるなど、昔からお守りのアイテムとして使われているそうです。シンプルなケーキですが、一口味わうと、キャラウェイシードとレモンの香りがふわっと広がって、なんとも幸せな気分になりますよ。


ヴィクトリア女王が愛した“赤い”ケーキ



「ヴィクトリアスポンジ」(450円)

イギリスのアフタヌーンティーで登場することでも有名な「ヴィクトリアスポンジ」(450円)は、その名の通り、ヴィクトリア女王(在位1837−1901年)が愛したケーキ。夫のアルバート公が亡くなられた折、ヴィクトリア女王を元気づけようとお付きの方が作ったのが始まりです。


レイジー デイジー ベーカリーでは、イチゴやラズベリーのジャムを挟むイギリスの伝統的なスタイルを踏襲しつつ、香りづけにさくらんぼリキュールをイン。赤いジャムのプチプチ食感と、生地のしっとり&ふわふわ食感は納得のおいしさです。


体に優しい「野菜のケーキ」はいかが?



「キャロットケーキ」(540円)

砂糖が高級品であった中世イギリス。砂糖の代わりに糖度の高い野菜がケーキに使われるようになったのが「野菜ケーキ」のはじまりです。ケーキに使われる野菜は、キャロット、ビートルート(ビーツ)、コジェット(ズッキーニ)、パースニップ(サトウニンジン)など。


その中でも特に有名なのが「キャロットケーキ」。その昔イギリスからアメリカへ渡った移民たちの手により伝えられ、二度の世界大戦を経た後、アメリカで大ブームに。のちに、逆輸入という形でイギリスでも再び陽の目を浴びることになったそうです。



このケーキの魅力は、野菜ならではの食感や軽さが楽しめるところ。レイジー デイジー ベーカリーの「キャロットケーキ」(540円)は、細かくカットしたにんじんとクルミとレーズンがたっぷり。さまざまな食感とケーキの程よい甘さ、香りが楽しいケーキです。



店主・中山真由美さん

これからの季節は、「パーキン(ジンジャーブレッド)」(500円)や「レモンドリズルケーキ」(460円)もおすすめ。レモンは、瀬戸内の無農薬レモン。冬から初春にかけて、時間が経つにつれて熟し、それに伴ってケーキも甘くなっていくとか。「変わりゆく味わいを楽しんでみてください」と中山さん。


お菓子のおいしさもさることながら、イギリスに造詣の深い中山さんのお話もとても魅力的。イギリスやイギリス菓子のとりこにしてくれる「レイジー デイジー ベーカリー」。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


ことりっぷ

2017年11月26日 11時45分

おでかけ ことりっぷ

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。