それって愛の証拠!?「デートDV」あなたは大丈夫?

2018年01月31日 07時34分

デート 恋愛 YOLO

「殴る・蹴る」だけが暴力じゃない


DV(家庭内暴力)は知ってますか?これは結婚した夫婦の間の暴力のこと。“デートDV”とは、「結婚はしていないけれど、デートするくらい親密な間柄の二人の間に起こる暴力」のことです。「暴力」というと、殴る蹴るといったものを想像しますが、デートDVが暴力と位置づけるものは他にもあります。


「身体的暴力」

→殴る蹴るなど、肉体に加害する暴力。


「精神的暴力」

→暴言を言い続ける、ケータイを勝手に見るなど、精神的なダメージを与える暴力(被害者にはダメージの自覚がないこともありますが、何かしらの影響は必ずあります)。


「経済的暴力」

→借りたお金を返さない、デート代をいつも全額負担させる、など。中高生の恋愛でもこうした問題は深刻な事例があります。さらに、大人になると何百万〜何千万円のレベルで、被害が明らかになるケースもあります。


「性的暴力」

→避妊に協力しない、嫌がっているのに無理やり性行為をしようとする、など。


「行動の制限」

→勝手に出かけさせない、10分ごとにどこに行ったか報告させるなど、相手の行動を制限しようとする暴力。


デートDVは、誰でも加害者にも被害者にもなる可能性があります。


相手のことが好きすぎて起こる暴力


加害者は相手が嫌いだから暴力をするわけではありません。相手のことが好きすぎて、失いたくなくて、近くに置いておこうとすることから、暴力で相手を支配してしまおうとするのです。デートDVは、外から見ているだけではわかりにくいもの。加害者は、被害者以外に対しては温厚で、本当にいい人であることも多いからです。


そこで、被害者が共通の友達に被害を相談しても、「あの人がそんなことするわけない」と信じてもらえなかったり、「それだけあなたを心配しているんだよ。愛の証拠だよ」と言われたりすることもあります。



加害者も被害者も気づいていないかも


デートDVは、本人も気づかないことがあります。加害者が危害を加えていることに気づかないこともあるし、被害を受けているほうも、「自分に原因があるから相手を怒らせているんだ」と思って、自分の責任と考えてしまったりするのです。また、男性が加害者で女性が被害者という構図が多いですが、女性が加害者で男性が被害者というケースも少なからず存在します。


もしあなたがデートDVに関係していたら…


もし自分が危害を加えているかもしれないと不安になったら…。実は、自分が加害者かどうかは自分だけでは判断しにくいもの。時々自分の行動を振り返ったり、パートナーのようすを見て、自分の行動を見つめ直したりするといいでしょう。


自分が被害に遭っていたら…。これも自分ではわかりにくいですが、相手のことを「なんか怖い」と思ったら、それはもう被害に遭っているのです。自分に何かよくない点があると思うなら、それは直せばいいでしょう。でも、自分によくない点があったとしても、それが暴力を受けていい理由にはなりません。


身近な人が加害者だったら…。自覚がない可能性もあるため、結構繊細で、難しい問題です。でもまず、「あなたのやっていることは、あなたが大好きなパートナーのためになってないのでは?」などと伝えるのがいいかもしれません。また、素人だけでは解決できないことも多々あるので、デートDVの相談電話などに相談してみてください。


身近な人が被害に遭っていたら…。「別れたほうがいい!」などと伝えるのは逆効果です。デートDVを受けている人は、暴力を受けていても、相手のことが好きで、相手に変わってほしいと思っています。そういう時に「別れたほうがいい」と詰め寄ると、かえってかたくなになり、相手を守ろうとしたりと、隠したりするケースも。そこで、「それはデートDVであること」「あなたは悪くないこと(何があっても、どんな理由があっても、それが暴力を受けていい理由にはなり得ないこと)」「困っている時に相談窓口があること」を伝えてあげてほしいと思います。


全国の相談ダイヤルがまとまっているサイト http://ddv110.org/


まだまだ聞き慣れない言葉、デートDV。けれど、無自覚のない人も含めると、見すごすことのできない問題になってきています。まずは自分を振り返ってみてみませんか?



ライター:三上あずさ


お話をうかがった人

柳田正芳

1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。思春期若者世代の性の悩み相談・悩み解決に携わる。その他、「両親学級」で講師をつとめたり、大人の性の相談を受けるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動


YOLO

2018年01月31日 07時34分

デート 恋愛 YOLO

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。