もう逃さない。恋のタイミングをつかむコツ

2021年09月11日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

2007年放送のドラマ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)は、タイミングを気にしすぎてしまったあまりに、すれ違ってしまった男女の物語だ。

放送当時、小学生だった私は、ただ無邪気にドラマを見ていた。健(山下智久)と礼(長澤まさみ)が過ごす輝かしい青春に、自らの未来を重ねながら。

だが、大人になった今見返してみると、このドラマはかなり切ない。苦しいほどに、切ない。

私たちは、年を重ねるごとに“たられば”に縛られるようになる。「もしも、振られてしまっ“たら”」「告白しなけ“れば”、ずっと近くにいられるのかもしれない……」と。

幼なじみの礼との関係を壊すことを恐れて、ずっと想いを伝えられなかった健のように。

■「恋のタイミング」は気にしない方がいい?

本作のあらすじを大まかに説明すると、結婚してしまう初恋の女性(=礼)を取り戻すべく、主人公・健が過去に戻って奮闘する……というもの。健の前に、タイムスリップをさせる能力を持つ“妖精”(三上博史)が現れ、過去に戻してくれるのだ。

この作品に惹き込まれる理由のひとつは、健と礼がとにかくすれ違いまくることにある。つまり、「タイミング問題」だ。

礼とは小学校から大学までずっと一緒にいたからこそ、いつでも告白できると錯覚してしまった。加えて、幼なじみの関係を壊すのも怖かったのだ。

「今じゃない」「いつか」とタイミングを気にしているうちに、礼は多田さん(藤木直人)と交際をスタートさせてしまう。

正直なところ、当時の私は「なんで多田さん!?」と思った。健と礼が結ばれることを必死に祈っていた私にとって、多田さんは“ヒール”でしかなかったのだ。

だが、大人になった今よく考えると、多田さんは頼りなく見えて、実は誰よりも男らしい。

礼に告白をしたのも、みんなで王様ゲームをしている最中というよく分からないタイミング。プロポーズをしたのも、礼が大学を卒業したばかりの時。普通に考えたら、断られる可能性の方が高いだろう。

それでも、多田さんは気にしない。「もう自分の中で答えが出ているのに、礼に伝えるのを先延ばしにしたくなかった」と、まっすぐに想いを伝えたのだ。

「駆け引きとか計算とか関係なく、好きだって気持ちをストレートに伝えてくれたことが嬉しかった。あんな真正面からぶつかってきてくれる人、初めてだった」とほほ笑む礼は、本当に幸せそうだった。

■100回に1回の奇跡的なホームランを打つために

思えば、健の親友・ツル(濱田岳)が、学園のマドンナ・エリ(榮倉奈々)と付き合えたのも、多田さんのようなまっすぐさがあったからだ。

「好き!」と果敢にアプローチを続けても、何度も振られまくる。お調子者のツルだが、断られるたび全く傷ついてなかったはずはない。それでも、誠意を伝え続けた。

だからこそ、幹雄(平岡祐太)が「あそこまで普通やらねえよな? だから、たまにホームラン打っちゃうんだよな。100本に1本くらい、人の心つかんじゃうようなでっかいの」と言った通り、ツルはエリの心を動かせたのだ。空振りを恐れて、バットを振らないままでは、恋をつかむことができなかったはず。

もちろん、まっすぐに「好き」という気持ちを伝えれば、相手が全てを受け止めてくれるわけじゃない。一生懸命バットを振っても、当たらない可能性だってある。恋の結果は、バットを振り続けた数と比例しないから、苦しい。

けれど、多田さんやツルのように想いを伝えていたら、健のように「もしもあの時……」と後悔することはないのではないだろうか。

恋をする上で、すれ違いは避けては通れない。だからこそ、「今じゃない」「いつか」と言い訳するのではなく、素直に想いを伝えよう。そうすれば、少しずつすれ違いは減ってくれるはず。

大人になるほど駆け引きはうまくなっていくけれど、『プロポーズ大作戦』の登場人物たちのように、まっすぐな気持ちを忘れずにいたい。

(文:菜本かな、イラスト:タテノカズヒロ、編集:高橋千里)

マイナビウーマン

2021年09月11日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。