顔じゃなかった! 女性から見てかっこいい男性とは

2020年05月29日 19時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

「おれもアイツみたいにかっこよかったら、絶対もっとモテるのになー……。」

「吉沢亮の顔面が俺に貼りついていたら、人生きっとバラ色イージーモードなんだろうなー……。」

「膝下があと5cm……、いやこの際贅沢は言わない、どこでもいいから3cm伸びてくれ、身長よ……!! 」

などと、多くの男性の皆さまは思春期……、いやもっと前から、思い悩んだことがあるのではないでしょうか?

分かります。男女問わず、多かれ少なかれこのようなことを考えたことがあるハズです。

でも、知っていますか?

女性の「美しくなりたい」は、男性目線というニーズをキャッチしてブラッシュアップするので、男性から見ても「美しい」のですが、男性が考える「かっこいい」は、女性にとって必ずしも「かっこいい」わけではないのです。

あなたの周りにもいるはずです。自分より見た目が飛びぬけて優れているわけではないのに圧倒的にモテる人が。それは、男性から見た「かっこいい」と女性から見た「かっこいい」が違うからです。

かっこいい方から微妙な方までたくさんのお客さまを接客してきた元キャバ嬢のわたし、二宮ゆみが、オンナの本音大爆発で「女性から見てかっこいい男性」を語らせていただきます。

■女性から見た「かっこいい人」とは?

では、女性から見たかっこいい人とはどんな人を指すのでしょうか。

多くの男性は、見た目(特に顔)が全てだと思っているハズです。

ようするにイケメンです、イケメン。ジャニーズのようにファンがわいてくるレベルの顔面を保有してらっしゃる方のことですね。

存在しているだけでキャーキャー言われて、多くの女性に「○○きゅんの子どもがほちい!」と言わせるような見た目。

それをおれが持っていたら……? 子孫残し放題じゃないか! なんて天国!!

そう考えてしまうのも分かります。

でも、女性はあなたたちが思っているほど、簡単じゃないんです。残念ながら。

◇「観賞用のかっこよさ」と「恋愛対象のかっこよさ」

ジャニーズ的なかっこよさを大半の女性は「観賞用」と捉えています。キャーキャー言っていますが、恋愛対象として好きかというと、ちょっと違う。

いや、菅田将暉と二人っきりのときにエレベーターが偶然故障して、いきなり背後から抱きつかれたりとかするなら別ですよ?

でもね、妄想では100回だって悶えられますけど、あくまでも妄想ですから。

◇女性の言うかっこいいは“見た目30%、中身70%”

女性が恋愛対象として好きになるうえで、大事にしているものが何かというと、それは現実です。

この人を選べば、わたしは愛してもらえる、幸せになれる。この人との人生は考えられる。

そう感じさせられる男性が女性から見たかっこいい人なのです。

自分より顔がかっこよくないけど一生懸命だった坊主頭の野球部員とか、自分より勉強はできないけど面白かった同級生とか。

彼らがモテるのは、そのスポーツへのひたむきさや、面白さに、「彼の隣にいたら楽しいだろうなあ、幸せだろうなあ」と女性が感じているからなんです。

男性目線のかっこいい:見た目100%、中身 0%(考えが及んでない)

女性目線のかっこいい:見た目30%、中身70%

こんな感じですかね。

■かっこよくなる方法【見た目編】

見た目は3割と先ほど申しましたが、3割大事ですからね(笑)。

簡単に変えられるのが外見です。内面は難易度が違います。

◇(1)美容室に行く

まずは髪です。美容室に行きましょう。そして店員さんに「清潔感とさわやかさ重視で似合う髪型お願いします」って頼みましょう。セットが苦手なら極力セットもしない方向でカットしてもらうのも大事。

眉毛も整えてくれるところがあるのでやってくれるか聞いてみましょう。

それだけ。ハイ簡単。

とにかく、「清潔でさわやか」が女性モテのキーワードです。

◇(2)セレクトショップで服や靴を選んでもらう

セレクトショップに行って、流行り廃りのない定番っぽい服と「自分の短所を隠して長所を伸ばせるアイテム」をうまくMIXしてコーディネートしてもらいましょう。

例えば、首が短いのでハイネックは着ないとか、O脚が目立つのでスキニーは避けるとか。

服には自分を良く見せる服と悪く見せる服があります。

ジムのトレーナーさんに「ゆみさんって、ほんと着やせする服選ぶの上手ですね……」とディスられた服狂いの私が言うんだから、絶対です。

お悩みは必ず店員さんに相談してくださいね。

初めにセレクトショップを選ぶのも意味があります。短時間で簡単に良いものを選べるからです。

素材感やラインなど、お値段が張るものはやはりそれなりに良いものが多いので、最初はファストファッションに依存しない方がいいです。

男性が女性の服についてよく分からないように、女性も男性の服なんてよく分かりません。

でも、ぼんやりと「ラインがきれい」「着心地が良さそう」「質が良さそう」って感じるんです。

毎回おしゃれセレクトショップでの買い物だと大変な出費になりますが、一度そろえれば雰囲気をつかめると思います。

その後はどんどん自分自身でコストダウンしていけますので、最初はちょっと奮発して、良いものを!

◇(3)欠点を減らす

髪と服は、お金をかければ一瞬で改善できる、簡単でコストパフォーマンスの良い方法なので、さらりとやってしまってください。

ここまでで外見70%完成って感じですね。

そのあとは、ひたすら自分の欠点探しと改善です。

姿勢を良くする、体型を整える、歯並びを治す、口臭や体臭を改善する……などなどで、外見のかっこよさを100%までどんどん積み上げるイメージです。

■かっこよくなる方法【性格編】

変えるのは難しいですが、7割大事なのが内面です。

◇(1)自分に自信をつける

自信のある人には惹かれます。自信のある人のお話はなんだか楽しかったり、聞く意味のあるものに思えたり、とにかく信じてしまいます。

対人関係でこれ以外ないだろってくらい超大事なコミュニケーション。そのコミュニケーションにおいて、自信がある人って圧倒的に有利です。

自信をつければ、コミュニケーション上手になり、結果、女性に信頼され「かっこいい……♡」と思われるようになるワケです。

さて肝心の自信をつける方法ですが、さきほどの【見た目編】「(3)欠点を減らす」で紹介した、欠点探しと改善をひたすら続けてみてください。

そのうちに、改善→良い結果→モチベーションの向上→気分良くなってさらに改善→もちろん良い結果……という好循環の無限ループに突入します。

継続した努力ができて、向上心もあって、自分を変えていける男性なんて、当然、かっこいいです。

◇(2)器の大きさを意識する

細かいことを気にしない、些細なことで怒らない。かっこいい男の人って、どんと構えていてとにかく安心感があります。

Twitter上ではよく奢り、割り勘議論が繰り広げられていますが、細かい人の典型ですね。例えばカフェのコーヒー一杯……そんなものまで割り勘とか……うん。誰がそんな人をかっこいいと思うのか、これは強く言っておきたい。

器の大きい男性を常に意識してください。自分より一段二段上の男性と同じだと思って日々生活するようなイメージでいるとちょうどいいかと思います。

◇(3)優しさ

何を優しさというのか、それは女性一人一人にとって違うため、一概には言えませんが、相手を理解し思いやる気持ちを強く持ってください。

そして、マメな人になってください。マメさ、大事です。

あとは壊れ物を扱うように女性を扱うこと。

道が悪かったら手を引いてください。景色がきれいな席を彼女に譲ってください。彼女が丁寧に巻いた髪にタバコの臭いをうつさないでください。30分に1回「疲れた?」「お手洗いとか大丈夫?」と気にかけてください。もしスカートの彼女が座ったら? 膝にあなたの上着を掛けてください (笑) 。

そんなことをしている男性がどれだけこの日本にいるでしょうか。絶滅危惧種並みに少ないのです。だから、できるとかっこいいんです。

■かっこいいを学べる少女漫画のすすめ

「うざい! めんどくさい!! なんだこれクソゲーか!!!」

うなりたくなる気持ち、分かります。私が男だったらムリだもん(笑)。

ただ、残念なことに、男性にこういったかっこよさを望む女性が多いのも、また事実です。現代っ子はちょっと違うかもしれませんけどね。

だけど、少女漫画を一度、見てみてください。

「オバサン達とは違うんだから! もう時代は変わったのよ!」って言ってる若いコだって20年前とさほど内容の変わらない少女漫画を読んで、萌えたり燃えたりしてるんです。

それは登場人物がイケメンだからではありません。

トキメキを売るのが仕事の少女漫画ですから、確かに壁ドンみたいなイケメン専用アイテムも多々登場します。

が、たいていはフツメンだとしても女性がきゅんきゅんくるセリフや行動です。

だから、強く言いたい。

かっこよくなりたければ少女漫画だ! 青年よ!!

(二宮ゆみ)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2020年05月29日 19時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。