行きたくない結婚式を断る「自然な理由」

2019年11月05日 17時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

友達の結婚式に誘われた。……けど、行きたくない。

皆さんは、そう思った経験、ありますか?

「あるある!」という人、結構多いのではないでしょうか。ぶっちゃけ、私もあります(笑)。

その経験も踏まえた上で、行くべきか、行かざるべきか、行かないときはどうやって断るか、そもそも断るべきなのか、 私なりの考えを綴っていきたいと思います!

■「結婚式行きたくない」問題

友達の結婚式に行きたくない。そう思う理由としては、以下などがあると思います。

・金欠でご祝儀を出せない・そこまで親しくない・自分は未婚なので、結婚する友達に嫉妬してしまう・なんらかの理由から新婦や新郎に腹を立てている・心身の調子が良くない

◇理由1:金欠

「金欠」などは男女問わずよくある話。特に、近い日程で複数の結婚式に招待されるとご祝儀だけでも結構な出費になりますよね。

◇理由2:そこまで親しくない

「そこまで親しくない」も、よくある理由。「相手は本気で来てほしいわけじゃなくて、一応誘ったからねと義理を果たしたいだけでは」と、私の友人は言っていました。なるほど。

◇理由3:結婚する友達への嫉妬

「結婚する友達に嫉妬」は、自分の恋愛や婚活がうまくいかず悩んでいるときに陥りがちな心情かもしれません。

◇理由4:新郎新婦に腹を立てている

「友達に腹を立てている」には、いろんなケースがあると思います。たとえば、元彼と復縁したいことを友達に相談していたのに、その友達と元彼がくっついてまさかの結婚、とか。そこまでエモーショナルな状況ではなくとも、何かしら引っかかっていることがあって素直に祝う気になれない、というケースはあるでしょう。

◇理由5:心身の調子が良くない

「心身の調子が良くない」は、転職活動中で気持ちが鬱屈しているとか、家庭の問題でゴタゴタがあるとか、自分自身がおめでたい場に出席できる状態ではない、というケース。

■その友達は本当に「大切な人」?

ほかにも理由はいろいろあると思いますが、行こうと思えば行けるけど行きたくない、でもその理由を相手には言えない……というときが、一番悩ましいかもしれません。

でも、この悩ましさには意味がある、と私は思っています。なぜなら、自分と相手の関係性を見直すきっかけになるから。その友達が本当に大切なら、そもそも行きたくないとは思わないはずだからです。

◇「行きたくない」は関係を見直すタイミング

いや、大切な友達だったはずなんだけど、祝う気になれなくて……という場合は、相手との関係性を見直すときが来た、ということだと思います。

たぶん、自分の中で掘り下げるべきこと、もしくは友達と話し合うべきことがあるのです。

話し合いをする気になれない場合は、頑張って維持したいと思えるほどの関係ではないのかも。いや、維持したいよ! と思うのであれば、何が引っかかっているかを掘り下げ、友達に伝えたいことや聞きたいことがあるなら、向き合うべきだと思います。

結論「結婚式は行くべき」なのか

さて、自分はなぜ友達の結婚式に行きたくないのか、理由が自覚できたとしましょう。

また、その上で、やっぱり行きたくない場合、どうすべきなのでしょう。

◇笑顔で祝えるなら「行く」

人それぞれ判断基準はあると思いますが、私の考えはこうです。当日、笑顔で友達を祝えると思うなら行く。それはムリ! と思うなら行かない。笑顔にもなれない状態で参加するのは自分もつらいですし、周りもいい気持ちがしません。

ある結婚式で、新婦の女友達3人が、険しい目つきで新婦を見ているのを目撃し、驚いたことがあります。皆が順番に新郎新婦の席までお祝いの言葉を伝えに行くときも、彼女たちは席に座ったままでした。

新婦は大学の理系学科卒でオタサーの姫的な存在だった、とはチラリと聞いていました。また新郎の女友達が「この前、奥さんになる人(つまり新婦)を紹介してもらったけど私嫌われたと思う(苦笑)」とも言っていたので、同性と友情を育むのが苦手なタイプかも、と思ったりもしました。

ただ、新婦に原因があっても、そんな険しい表情になるくらいなら欠席したほうがいいと思います。誰も幸せにならないので。

◇結婚式に行くメリットは大いにある

逆に、笑顔で過ごせるなら、行く意義は大いにあります。

私は同じテーブルになった新郎の友人男性(独身)の感じが良かったので、婚活中の女友達に紹介できないかな、と思ったりもしました。もちろん男性本人が「あそこに座ってる女性、いいな」と思うこともありますよね。

結婚式はある程度近しい間柄の人が集まっているので紹介もしやすく、思わぬ縁に繋がることもあります。

参加して刺激を受けることもありますよね。「あぁ、結婚っていいな」と思ったり、スピーチの言葉に感銘を受けたり。逆にひどいスピーチを聞いて「これはない」と反面教師にしたり。人としてどうありたいかに気づく機会になると思います。

■行きたくない結婚式の断り方ハック

では、断るときは、どう断ればいいか。関係性別に考えてみましょう。

◇ケース1:友人の場合

まずは友人の場合。

法事や家庭の事情や病気などやむを得ない事情があるときは、それを正直に言う。

そうではなく友達との間に引っかかりがあるけれど話し合えておらず、でも関係を切りたいわけではないなら、身内の冠婚葬祭を理由に断るといいのでは。

◇ケース2:それほど仲良くない知り合いの場合

続いて、それほど仲良くない知り合いの場合。

これは、「あいにく予定が入っていて、参加できません」だけでいいと思います。

◇ケース3:会社の人の場合

会社の人の場合。

お世話になっている人や親しい人なら、やむを得ない事情がある場合は正直に伝え、なんらかの理由で気持ちが乗らない場合は、これまた身内の冠婚葬祭を理由にする。

そこまで親密ではないなら、「あいにく予定が入っており」でいいと思います。

◇どんなときも「おめでとう」は必須

いずれの場合も、まずは「おめでとう(ございます)!」と、祝いの言葉から始めること。

そして「参加できず残念ですが、素敵な結婚式になりますようお祈りしています」などの前向きな言葉で締めくくるのが大切です。

断るときに注意すべきことって?

続いて、相手と険悪にならないよう注意したいことについて。

◇いつまでに伝える?

知らされている返信期限は絶対に守る!

席も料理も人数分を前もって用意するわけですから、ドタキャンはご法度! 社会人としての信頼が失われかねません(急病や事故などは例外)。

◇どんなマナーを最低限守るべき?

最初にお祝いの言葉を伝えるのを忘れない!

どう断ろう、ということばかり考えていると、そのことで頭がいっぱいになり、お祝いムードゼロの文面になりがち。あぁ、この人は自分の結婚を祝福する気持ちはないんだな、と相手に思わせてしまいます。

◇しこりを残さないためには?

「そんな理由で?」と相手に思わせない!

いくら自分には大事なことでも、誰それのライブチケットを既に買っていて……などと正直に言うべきではありません(笑)。冠婚葬祭に欠席するときは、冠婚葬祭を理由にする。これが、角が立たないコツだと思います。

■LINEで誘われたときの返し方

昨今は、正式な招待状が届く前に、個人またはグループLINEで結婚式に誘われるケースも多いですよね。

そんなとき、やんわり断るテクは? という解説を求められたので今考えていますが……(笑)。大事なのは、相手のノリに合わせることと、無駄に相手を傷つけないことかと。

◇例1:個人LINE

「○月○日空いてる? 結婚式しようと思うのだけど」

「えっ○月○日? ちょうど従姉妹の結婚式だ……ごめん! もう参加するって言ってあるんだよね」

親戚の結婚式、しかも既に参加表明済。となれば、相手も仕方ないなと思うのでは。

◇例2:グループLINE

「○月○日に結婚式をすることになりました! 皆に来てほしいのですが、都合はどうですか?」

「○月○日は、従姉妹の結婚式に参加予定なのです……ごめんなさい!」

断り方は個人LINEもグループLINEも同じでOK。

大安は結婚式が重なりがち。従姉妹なら何人いてもおかしくないので、もし複数回これを理由にした場合でも、ボロが出にくいと思います(笑)。

「結婚式に行きたくない」は自分に向き合う良い機会

結婚式に誘われることって、歳を重ねるにつれ、どんどん減っていくものです。

バツイチのカップルや40代以上のカップルなどは式を挙げないことも多いですし、一生を通じて参加する回数って実はそんなに多くないんですよね。

つまり、招待される機会は貴重。前述したように、参加することは人としての振る舞いの勉強にもなりますし、思わぬ縁が生まれることもあります。

参加に悩む場合も、自分の欲求やコンプレックス、相手に関して引っかかっていたことなどに改めて向き合うきっかけになります。それは絶対にムダになりません。

私自身、結婚式の誘いを断った経験が人生で一度だけありますが(ドタキャンではないです)、なぜ行きたくないのかを掘り下げ、信頼できる複数の友人に意見を聞き、自分が人としてどうありたいか、どういう人と付き合っていきたいかを考えた上で決めたので、全く後悔していません!

虚ろな目で出席するより、なんで行きたくないんだろ? と考え、どうすべきか悩むことが、結果的には笑顔の多い未来に繋がると思いますよ!

(ヨダエリ)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年11月05日 17時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。