「目が泳ぐ男性」の本当の心理

2019年11月04日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

目が泳いでる人って怪しいですよね。

思わず「何考えてんの」って気になるじゃないですか?

その表情にどんな心理が隠されているのか。どんな原因があるのか。

恋人や好きな男性だったら──気になりまくって夜以外は眠れませんよね。

なんとしても解き明かしたい。

なんなら脈ありか、脈なしか。そこまでわかるかもしれません。

ていうか、そんな恋愛ノウハウもがっつり解説します。数分いただけたら損はさせませんよ。

■目が泳ぐとはどういう意味?

すごくシンプルにいえば「瞳がゆれている状態」を指します。黒目が、ゆらゆらする様子を「泳いでいる」と表現しているのですね。

よく会話のときに、目をキョロキョロさせて言葉も出せずにいると「目が泳いでるよ」と言われるわけです。一般的には「何か隠してるんじゃないの……?」というニュアンスで使われます。

■目が泳ぐ人の心理

では、目が泳ぐ人の心理とはどのようなことが考えられるでしょうか。

◇(1)緊張している

緊張しているのがわかります。

つい顔に力が入っているというとわかりやすいでしょう。もっともこれだけでは「なぜ緊張しているのか?」までは判断できません。シチュエーション、会話内容、貴女、いろんな原因が考えられます。

◇(2)嘘がバレたくない

心の中にやましいことがある場合。

隠しごとがバレないように必死におさえているところです──それが顔に出ているということなのですけれど。心理的に動揺しています。

つい目が泳いでしまうのは嘘をつきなれていない(素直な)人であることが多いです。逆にいえば顔に出さずに嘘をつける人はプロです。

◇(3)居心地が悪い

リラックスできていないのが原因かもしれません。

例えば有名人ばかりのパーティや、慣れない高級フレンチレストランに連れてこられた場合。めちゃくちゃ緊張しますよね。どこを見ていいかすら定まりません。

それが「目が泳いでる」となってあらわれるわけです。その意味を理解して「なんか、ここ緊張するね」と共感しつつフォローできればポイントアップになります。

◇(4)深く悩んでいることがある

心がダメージを受けているパターン。

例えば、直前にペットが病気になったと知らされたり、好きな人に振られた場合、楽しみにしていた予定もリラックスどころではありません。しばらく心理的なショックに囚われていることでしょう。

相手がそうだった場合、その感情を気づかってあげましょう。深く心に刺さります。

◇(5)頭の回転がついていかない。

司会者に無茶ぶりされてボケを考えている芸人をイメージしてください。

相手のテンポについていけない場合、それを脳が頑張って処理しようとします。そのときに顔つきまでかまっていられません。そこで「目が泳ぐ」ことになります。

ある意味、その場のペースに圧倒されている、という感じです。

■好きな人の目が泳いだら? 目が泳ぐ人の恋愛心理

ここからが本題です。

結局、私たちにとって大事なのは「好きな人の目が泳いだとして、それが脈アリなのか、脈ナシなのか?」ですよね。恋愛的にどんな意味があるのか考えてみましょう。

参考にしちゃってください。

◇目が合って好きな人の目が泳いだら? 男性心理とは

☆(1)貴女に感情を動かされている

まず大事な話をします。

男性の目が泳いでいる場合、はじめに考えるべきは「相手が自分に反応している」ということです。感情を動かされている、と言い換えてもいいでしょう。

人は、本当に興味がないものに対しては、まったく反応しません。今日、となりで新聞を読んでいた男性のことを覚えていないように。

☆(2)貴女にプレッシャーを感じている

その「反応」は、大ざっぱにプレッシャーだと捉えることができます。

何に対するプレッシャーなのかまでは判断できません。

昔からモテなかったので、女性を前にコンプレックスがあらわれたのかもしれません。慣れない異性とデートするというシチュエーション自体に気負っているのかもしれません。貴女の仕草が初恋の人を思い出させたのかもしれません。

いずれにせよ、貴女は、彼の心に何かを呼び起こすことができているわけです。

☆(3)自分の心の中で何かを焦っている

そして基本的に「目が泳ぐ」という反応はネガティブなものです。ええと、勘違いしないでくださいよ。貴女にとって悪いニュースという意味でありません。

目の前の男性が「心理的に弱いポーズを見せている」という意味です。さらにいえば「負い目を感じている」ともいえるでしょう。

恋愛においては「貴女のことを振りたくて負い目を感じている」というのでもない限り、良いほうのニュースだといえるでしょう。好意のある女性の前で緊張しているわけですね。そのままデートを続けるだけでOKです。

☆(4)嘘をついている

上のバリエーションになります。

もちろん男性が嘘をついて「目が泳いでいる」場合もありますよね。ちょっと恋愛とは違う話に感じるかもしれません。

しかし、その場合も「自分を都合良くみせたい(貴女に良く思われたい)」から嘘をついたわけです。ちょっとテクニカルな話すぎる気もしますが、ゆえに「貴女に負い目を感じている」という心理自体は変わりません。

◇脈あり? 目が泳ぐことの恋愛心理

☆(1)恋愛感情の手前の好意を持っている

脈ありみたいなものです。

いわば恋愛感情の芽です。気になっている、くらいの感じ。台詞にすると「あ、いいかも……」のさらに手前くらいのイメージです。

その印象を保ったまま進めれば、順調に、相手の心を引きつけることができます。ここで傲慢にふるまったり急に意識しておどおどすれば逃しかねません。

まだ注意は必要だけど、喜んでいいかもという段階です。

☆(2)恋愛感情を持っている(脈あり)

完璧な脈ありの場合。

心理的に優位に立てています。好意を持たれているのですね。だから相手は目が泳いだというわけです。ここで重要なのは、上にも書いたように変に振る舞って自滅しないこと。

今までのように接していたからこそ、それが刺さって相手の心をつかめたわけです。男性の心理を知ったからといって態度を変えてはいけません。

☆(3)貴女といて気まずい(脈なし)

恋愛はシビアです。

だからこそ最悪の場合を考える必要もあります。相手がプレッシャーを感じているのは「その場を立ち去りたい」「貴女から逃げたい」からの場合もあります。

貴女も苦手な男性と食事しなくてはならない状況をイメージしてください。心ここにあらずでソワソワしてしまいますよね。そのプレッシャーから目も泳ぐというわけです。

ひどい想像をさせてすみません。しかし心のどこかでは、そういうこともあるのだと記憶していただけると助かります。

脈ありかを確かめる意味でも、男性の姿勢が前のめりになっているか、会話がはずんでいるか、といった他のサインもチェックしましょう。

■目は口ほどに物を言う?

相手の目からだけでも多くの情報を読みとれるものです。

目は、口のように「考えていること」を教えてはくれません。しかし露骨に「心理」があらわれます。そこを読み解くのもコミュニケーションの練習になります。

相手がどういう状態にあるのかを感じること。自分のことはいったん脇において、相手を理解しようとすること。

そうすることでかけてあげられる言葉もあります。それは恋愛においてだけでなく、とても重要で、貴女のやさしさを感じさせることだと思うのです。

相手の目を見て、そこから、何かを汲み取ってみてください。

口では立派な台詞を吐きながら、その目の動きは「自分のことをわかってほしい」という寂しさを伝えているかもしれませんよ。あとは、貴女が、それに気づけるかです。

貴女の人生がより良いものになることを祈っています。

(浅田さん@令和の奇術師)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年11月04日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。