共働き&子どもを持たない「DINKS夫婦」という選択

2019年10月09日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

子どもを持たない選択をしている共働きの夫婦のことを「Double Income No Kids」、頭文字をとって「DINKS夫婦」といいます。

今は女性の社会的自立が活発になり、ひと昔前は当たり前だった“結婚・寿退社・出産”という流れが珍しいものとなってきました。

女性の社会的役割が増えれば、キャリアとライフプランの選択肢も増えることになり、それとともに、子を持たない選択をする女性も増えましたね。

■「子どもを持たない」ことに理由を求められてしまう時代

私自身も、結婚して早2年。子どもはまだおらず、夫婦2人の生活です。

2年も経つと「子どもは考えているの?」という質問をいろんな人からされます。

「結婚して2年経って、夫婦2人だけの時間も十分楽しんだでしょう。そろそろ子どもの計画、立ててるんじゃないの?」と。

その質問からもわかるように、まだまだ世間では、結婚と出産がセットで考えられていますね。

「結婚して、子どもを産む」というのが生物として当然の本能なのか、洗脳なのか、いまだにわかりません。

しかし、時代が変われど「子どもがほしい」ことに理由はいらないが、「子どもを持たない」ことには理由を求められるなあと感じます。

「子どもがほしい」という感情が自然とわき上がる人。「子どもは作るもの」と義務感のように感じている人。いつかは……と思っているけどまだ決心がつかない人。そんな気持ちはみじんもわき上がってこない人。

さまざまな人がいると思います。

最近では、さまざまな考えの人がいることにだいぶ理解が出てきたように感じますが、

「なぜ子どもを持たないという選択をするのか」「結婚という形を取りながらも、DINKS夫婦である意味とはなんなのか」

という点についてあまり語られることがなく、ふわっとしているからか、まだ理解が及ばない人たちも多いようです。

私がTwitterをはじめて特に驚いたのが、お正月、親戚やら近所の人たちがそろったときに「結婚はまだか! 子どもはまだか!」ハラスメントをされる女性が多いらしい、ということ。

彼らの前提では「女は結婚するのが当たり前!」「女は子どもを産むのが当たり前!」の概念が、コンクリートで固められてガチガチなのでしょうか……。

女性のキャリアやライフプランについては、まだまだ軽視されてるのだなあと感じます。

そんな人には「女性にはたくさんの人生の選択肢があることを、ご存知なくて?」と、3日間ぐらいの研修合宿を開いて教え込みたい(笑)。

■DINKSを選択したエマちゃん夫婦の場合

かくいう私たち夫婦は今まさにDINKS夫婦。

内状を言えば、夫は「子どもはいつでもほしい」、私は「まだ2~3年はいいかな」という状態です。

私は子どもが嫌いなわけでもなく、かわいいと思うし、未来予想では子どもを育てている図を思い描いています。

だけど現時点では、子を持たないことで、仕事・遊び・ひとりの時間・夫婦の時間をまだまだ大切にしたい……! と思っているのです。

とはいえ、妊娠・出産にはリミットがあるし、「いつか子どもを産みたいと思ったときに産もう」と思っても、そんな都合よくできるものでもないし、悠々としていていいのか? という葛藤もありました。

そんな葛藤があるときに、母から「子どもはほしくないの?」と聞かれて。

私は正直に、今の「仕事・遊び・ひとりの時間・夫婦の時間をまだまだ大切にしたい」という気持ちを話したのですよね。

母は「子育ては超楽しかった!」「子どもがいることが幸せ」というタイプだったので、「子どもは最高だよ〜! 母になったら子ども一筋になっちゃうんだから、産んでみなさいよ♪」くらいに言われると思ったのですが、意外な答えが返ってきました。

それは「子どもがいることで何か自分のことを諦めなければいけないと思ううちは、子どもは作らないほうがいいよ。子どもがかわいそうだから」という答え。

子どもが大好きで、一点の曇りもない愛情を注いだ母がそう言ったことには、驚きつつも説得力がありました。

「あなたを産んだことで私はこういう人生を諦めたの」と親が思わない・思わせないのは、深い愛情ですよね。

だからこそ、年齢や固定概念から子どもを作らなきゃと焦る気持ちと、自分の本心「まだ子どもはほしくない」という気持ちの、どちらを優先すべきかがはっきりしました。

私はそれで、今の気持ちを大事にしようと思ったのです。

■大切なのは「自分にとって正しい選択」をすること

「でも、そのうち『若いうちに産んでおけばよかった』と後悔するときがくるかもしれないよ」と言う人もいますが、きっとそれはなくて。

一瞬の満足のための選択ではなく、今の自分のキャパシティや環境などあらゆる面から見て出した答えは、自分にとって正しいもの。

たとえ歳を重ねて、子どもがほしいと思うことがあっても、「あのときの私の決断」を自分自身で肯定してあげたいなって思います。

私はDINKS夫婦とそうでない夫婦のメリット・デメリットを並べることはしません。

それこそ、並べることで価値観を狭めてしまうし、両方にメリット・デメリットは同じだけあると思うから。

それよりシンプルに、相手の気持ちと自分の気持ちをストレートに感じ、夫婦単位でよく話し合って決めればいいことですよね。そこに他人の思惑はいらない。

私と夫は「今後もずっとDINKS夫婦でいる」と決めたわけではないので、これからも定期的に家族計画の話をしていくでしょうし、その時々でまた方向性が変わっていくかもしれません。

いずれにせよ、それが2人にとって話しにくいものにならないようにすること、自分の気持ちに嘘をつかないことが大事だと思っています。

そういう家庭だったら、どんな選択をしてもうまくいくだろうと確信しています。

(エマちゃん)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年10月09日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。