オトナ女性はもっと「素直」になってみよう

2019年08月26日 15時10分

恋愛 マイナビウーマン

年を重ねるごとに、いろいろな言い訳ばかりが増えていって、素直にストレートに気持ちを伝えることができない。そんなジレンマにおちいっている女性がとても多いのです。

特に30代を過ぎると、相手に配慮するあまり、考えすぎてまわりくどくなってしまいがち。

素直になるためには、どうしたらいいのでしょうか。

■彼の立場を考えると、出すぎたまねができない

素直になりたい

R子さんという、ある30代の女性がいました。

職場に以前からいいなと思っていた男性がいるのですが、彼が来月、転勤になることが決まりました。さみく感じながらも、準備で忙しいだろうし、あまりこちらから誘っても悪いからと、彼の状況を思いやり、遠慮していました。

彼のLINEは知っているし、転勤先も電車で1時間とかからないのだから、また連絡できる、そう考えていたのです。

送別会の日も、R子さんは「落ちついたら飲みにでも行きましょう」と言うのが精いっぱいでした。彼もにっこり笑って「そうですね」と言ってくれたので、未来に向けての希望も持てたからいい、と思ったのです。周囲には同僚もいて、恋愛めいた話をするのもはばかられたので、それ以上はひかえてしまったのでした。

彼が転勤して1カ月ほどして、そろそろ落ちついただろうから、連絡してみようかなと考え始めた R子さんの耳に入ってきたのは、彼に恋人ができたという情報でした。

■若いころのように“直球で勝負”できなくなってしまった

素直になりたい

相手はなんと、同じ部署で働いていた新入社員の女性でした。「会えなくなってしまうのはつらい」と、彼に捨て身のアプローチをしたのだそうです。

送別会の後、「話があるので、少しだけお茶してください」と彼をLINEでひきとめ、そのときに「ずっと好きだったんです」と告白したのだとか。

最初は驚いていた彼も、彼女の真剣でいちずなアプローチにほだされ、お付き合いすることになったということでした。

その話を聞いて、R子さんはかなり落ち込みました。どうしてもっと早く彼に気持ちを伝えることができなかったのだろう、自分も勇気を出して告白できていたら、もしかしたら彼は自分と付き合ってくれたのだろうか、などと後悔ばかりが浮かんできますが、もうどうしようもありません。

■年齢を重ねるたびに、どんどん“まわりくどく”なってしまう

素直になりたい

実はR子さんは、彼に気持ちが伝わっている、と誤解していたのです。安心していたので、急いでいませんでした。

「落ちついたら飲みにでも行きましょう」と声をかけたら、「いいですね」と言ってくれたので、彼のほうもR子さんに気があるのでは……と期待してしまったのです。けれどR子さんは「2人で飲みに行きましょう」とは言っていないわけで、彼が“社交辞令的なもの”だと解釈した可能性は高いでしょう。

けれど、あまり恋愛慣れしていないR子さんは彼の「いいですね」を、“デートにOKしてもらえた”と拡大解釈し、彼の転勤が落ちつくのを待ってしまったのです。彼と2人で何度か飲みに行き、仲よくなって、お付き合いに発展できたらいいな……と、長い目で考えていたのでした。

そんな悠長なR子さんを、新人の女の子が、光の速さで抜き去ってしまったのです。

◇まわりくどいと、男性に気持ちが伝わらない

素直になりたい

R子さんは、自分の気持ちが伝わっているとばかり思っていたのですが、後日聞いてみると、彼はまったく気づいていなかったそうです。

そしてデートの誘いではなく、「みんなで飲もうね」という意味合いだと受け止めていました。R子さんは普段から、さりげなく彼にだけ「おつかれさま」などとねぎらいの言葉をかけたり、親切に接してきたりしたつもりでした。けれどそれも、彼は「他の社員にもやさしくしているんだろう」と、特別なものだとはわかっていなかったのです。

R子さんも恥ずかしいので、まわりくどい誘いかたしかできなかったのですが、本当はもっとはっきりと「2人で飲みに行きたいな」と伝え、彼の反応を見るべきだったのかもしれません。

それに、彼の転勤をさびしく思う女性は“自分だけではないかもしれない”と考え、早めに行動に出ることも必要だったのではないでしょうか。

男性は女性の複雑な気持ちを読み取るのを、とても苦手としています。はっきり伝えないと、彼は好意を好意だとすら理解できないままかもしれません。

■「察してほしい」と「ヒントがほしい」

素直になりたい

女性は男性に対しはっきりと感情を出さず、ほんの少しヒントを出すだけで、「あとは察してほしい」と“相手に丸投げ”してしまう傾向があります。

若い女性の場合は、このヒントがとても簡単なので、男性も察しやすく、行動しやすいことが多いのですが、年齢を重ねるにつれて恋のかけひきも巧妙になっていくのか、女性が男性に出すヒントがかなりむずかしいものになってしまいがちです。

そこには「男性のほうからアプローチしてほしい」という女性の本音があるのですが、男性も、自分に気があるのかどうかわからない女性を誘うのは怖いのです。

彼と仲よくなりたいのなら、それを単純に表現したほうが効果的です。

「もっとお話ししてみたいな」「一緒に飲んだら楽しそうですね」と言われてイヤな気持ちになる男性はいないでしょうし、これなら恋の告白よりもずっとカジュアルなので、言いやすいはずです。

◇高校生が出てくる映画やドラマで“素直”を取り戻す

素直になりたい

「でもどうやって素直になったらいいのかわからない……」

そんな人には、高校生が出てくる映画やドラマがオススメです。たとえばレンタルや動画配信で手軽に観られるものだと、『好きっていいなよ。』『ママレード・ボーイ』『俺物語!!』といった少女マンガ原作の作品は、ヒロインがまっすぐで、きっと胸がキュンとするはずです。ヒロインに感情移入して鑑賞すれば、いつもよりも少し素直な自分になれるかもしれません。

それから、『今日、好きになりました。』(AbemaTV)という、高校生の恋愛リアリティーショーもオススメです。複数の男女が好きな人に告白するまでを追った、ドキュメンタリータッチの、とてもリアルなものなので、参考になります。

ひたすら素直な彼らを見ていると、「こんなふうに告白できたらかわいいだろうな」と思えますし、なにより“シンプル”であると、こんなにも伝わりやすいんだということが見えてくるはずです。

■素直なほうが、もっと恋愛がうまくいくなら……

素直になりたい

素直になるのは照れくさく、恥ずかしいことかもしれません。けれど、素直になったほうが恋愛が何倍もうまくいくとしたら、どうでしょう。

もちろん素直になるイコール、すぐさま「好きです」ということではありません。そういう大事なセリフは、肝心のときまで取っておきましょう。

まずは「ステキですね!」「そういうところ尊敬します」などの“カジュアルなほめ言葉”を、素直に口にするところからはじめてみましょう。彼がうれしそうな顔をするなど、けっこう短期間で、2人の間の空気が変わってきたことを実感できるかもしれません。

(内藤みか)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年08月26日 15時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。