案外落としやすい!?  理屈男子の恋愛攻略法

2019年08月19日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

「さっき言ってたことと矛盾してるよ」「一般的に考えて可能性は低いと思う」「ただの主観でしょ。エビデンスは?」と、AIのようにドライな言葉で、自分の意見を曲げず、理詰めで話してくるのは、男性に多い気がします。

こちらとしてはコミュニケーションの一環として、ただ他愛もない話を共有して、少し共感してくれるだけで満足なのに……。恋愛カウンセラーのぐっどうぃる博士は、「理屈っぽい男性に恋愛上手は少ない」と話します。

■理屈っぽさを隠せない男性は、恋愛下手の傾向

知識が豊富で、筋道を立てて考えられる人は魅力的ですが、そこにプライドが高い、自己中、完璧主義、上から目線、頑固など“理屈っぽい”一面が見えてくると話は変わってきます。こういう性格の男性を好きになると、一筋縄ではいかないような気がします。

理屈っぽい人「男性は論理的、女性は感情的とよく言われるように、多くの男性は理屈っぽい部分を持っていると思います。

しかし恋愛経験豊富な男性は、元々は理屈っぽくても、女性が“雰囲気”“居心地のよさ”“エンタメ感”“センス”など、理屈と関係ないところを重視すると知っているので、女性の前では理屈っぽさを封印している人が多いんです。そういう人は女性にモテますが、そのまま理屈を押し通してくる人は、恋愛が得意でなく、女性ウケも悪いでしょうね」。

やはりそうなりますか。つまりライバルも少ないから、うまく彼にハマることができれば、チャンスはあるかも?

◇理屈っぽい人は、“自分が正しい”と考える傾向がある

しかしそんな理屈っぽい部分についつい反応して、衝突してしまうこともあります。相手の懐に入るには、こちらは静観して、「そうだねー」と話を合わせるのが得策でしょうか?

理屈っぽい人「理屈というのは、いわゆるロジックのことなのですが、哲学に始まり、数学、科学など太古の昔から積み上げられてきた、“考える様式”のことです。その様式にしたがっていれば、判断を間違えない。問題解決に最善の方法が取れる、真実かどうかがわかるなど、とても魅力的でパワフルな思考法なのです。

男性はそれに持論を乗っけて、より自分なりの完璧なロジックを組み立てます。『理屈』にはまっている男性は、どんな問題が起きても、その思考法に当てはめて考えるので、いつも簡単に“正しい”答えを導き出してしまうわけです。

そしてやっかいなことに、理屈っぽい人は、その自分流にアレンジされた思考法、つまり“俺ロジック”以外の考えを認めないところがあります。

俺ロジックに感服させよう、詰め将棋のように相手を詰ませよう、うんとうなずかざるを得ないようにしようということばかりに重きを置いているので、どんなにこちらが反論しても、絶対に意見を曲げません。そういう相手には、理屈で対抗しない方が無難です」。

彼の世界観を受け入れ、徐々に染まっていればいいのかもしれませんが……。

■コツさえつかめば実は簡単!? 理屈男子の攻略法

つきあっていくのはやや面倒な気もしますが、人は自分にないものを持っている相手に惹かれる傾向があるので、理屈っぽい人に好意を抱く人も、意外と少なくないかもしれません。もしこのタイプを好きになったら、どう攻めていけばいいですか?

理屈っぽい人「それは簡単。コツさえつかめば落としやすいと思います。

まずは彼独自の世界観を受け入れてみること。理屈っぽい人は、物言いがはっきりしていますが、興味のありなしもはっきりしています。彼が世界観を構築していくうえで、影響を受けたものを聞き出し、それを自分も取り入れてみることです。

たとえば彼が好きな映画を観たり本を読んだり、彼が好むジャンルの話題を共有して、意見を交わすんです。

◇質問と反論をくりだしてエキサイトさせる

理屈っぽい人

その際に注意すべきことは、すぐに彼色に染まらないこと。

そのためにも最初は、『私はこう思う』『世間的にはこう言われている』と、自分が思ったことや感じたことを率直に述べて、彼と議論してOKです。先ほども述べたように、反論されれば、俺ロジックが発動し、相手をねじふせようと、エキサイトして会話が盛り上がるでしょう。

『なんで?』『どうして?』などと、根拠や理由を求める質問も効果的です。ただし、彼のロジックや知識を超える発言は控えること。そして最終的に『そういうことか、深い!』と“目からウロコ”感を出したり、『やっぱりあなたにはかなわないかも……』と、相手のすごさに感服したふうに“負けを宣言”します。

多くの女性は議論を嫌うため、『もういい』と話題を変えようとしますが、真剣に議論を交わし、徐々に“彼の意見を受け入れていく”あなたの姿を見せることで、『数少ない、俺のことを理解できる女がここにいた!』と、彼に一目置かれるようになります」。

■“手に入りそうで入らない距離”が、彼の恋愛スイッチをオンにする

彼の影響を受けていく姿を見せるのが効果的というのは分かりましたが、これだけでは恋愛モードにはならないような……。

理屈っぽい人

「いい質問ですね。恋愛は非現実や非日常の中にあるので、ロジカルとはかけ離れたところにあるわけです。

そこで、彼がロジカルになりすぎないように会話を調整します。たとえば議論をしているときも、お昼のゲストを迎えてのんびり話すトークバラエティのような“軽いノリ”を意識します。

深い話に入り過ぎると恋愛とかけ離れたロジカルモードになるので、彼が前のめりになって持論を展開し、なんだか真剣な話が長すぎて、まあまあ煮詰まったなと思ったら、頃合いをはかって『このドリンク美味しくない?』『全然関係ないけど、まつ毛長いよね』などとふって、話を切ります。そして『いつもクリスマスとか年末って実家に帰ってるの?』と日常の話題をふります。すると彼はロジカルモードに入りすぎずに、非日常な雰囲気の中にいられます。

その“ふわふわ感”があると、恋愛スイッチが入りやすくなります。

◇従順な犬から、気ままな猫のふるまいに

理屈っぽい人会話ではかれの理屈の影響を受けながらも、行動は彼の思い通りにならない方がいいでしょう。

たとえば気まぐれにデートを断ります。最初は犬のように従順にしっぽを振っていたあなたが、途中から猫のように気ままに振る舞ってみせます。すると、『彼女は僕の影響を受けているはずなのに、なぜか僕の手に入らない』と彼は思い、あなたに価値を感じはじめます。

論理的思考を持つ哲学者や偉人で、奥さんや愛した女性にまつわる名言を残している人は多いです。それはその女性に、“俺ロジック”が通じないから。

だから理屈っぽい男性の彼女になっても、結婚したとしても、“手に入りそうで入らない距離”を保っておけば、彼はあなたを魅力的に感じ続け、多少感情的な部分を見せたとしてもハマり続けるでしょう」。

たしかに精神分析学者のフロイトは、「30年に渡って女性心理を研究してきたにもかかわらず解答の出せない問題は、“女性が何を求めているか”である」の名言を残しました。高名な学者にも、女性の心理は難題だったんでしょうね。

理屈っぽい人には、小悪魔的な感じで、多少ふりまわすくらいが効果的なようです。

(取材・文:吉祥さゆり)

※画像はイメージです

超人気恋愛カウンセラーで理学博士のぐっどうぃる博士の、8年ぶりとなる書き下ろし恋愛単行本『振り向いてくれない彼に1ミリも迫らないで恋に落とす本』(SBクリエイティブ)が出版されました。彼のことを一日中考えていても気持ちがわからないあなたが、まるで彼の脳内に入ったかのように彼の心がわかってくる……。これまで博士が提唱してきた「手に入りそうで入らない距離」「沈黙を守る」「破壊行動を起こさない」といった教えが守れない人のために、感情のコントロール法もレクチャー!

マイナビウーマン

2019年08月19日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。