もしかして下心? 泊まりに来る男友達の心理

2019年08月18日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

「悪い、終電なくなっちゃった……。泊まりに行ってもいい?」

男友達と遊んでいるとき、相手から「泊まりに行ってもいい?」とお願いされた経験はあるでしょうか。

もしも皆様がその男性との関係を発展させたいのであれば、迷うことはありません。

するかしないかはともかく、彼を自宅に招いて一緒に夜を明かせばいいでしょう。

問題なのは彼との関係を発展させるつもりがない場合。

純粋に男友達として会っている相手や、関係をゆっくりと進めたい相手の場合は、彼からのお願いにどう答えればいいか判断に迷うことでしょう。

相手のお願いを無下に断るのも苦手だし、そもそも「何かあるかも!?」と思っているのは自分だけかもしれない……。

今回はそんな「男友達が泊まりに来ようとした場面」でどのように対応すればいいのかを解説させていただきます。

■「泊まってもいい?」と聞く男友達の心理

まずはこんなシチュエーションを想像してみてくださいませ。

男性が女友達だと思っている女性と飲みに行って、自分だけ終電を逃してしまったとしまった。もう自分の家に帰ることはできないけれど、女友達の家なら近い。

そんな状況だったとして、男性がその女友達の家に転がり込むかといえば、これは99%あり得ません。

◇本当に「女友達」なら男性側に泊まるメリットはない

その理由は極めて簡単。

相手とセックスする気がまったくないのであれば、女友達の家に転がり込むなんて面倒なことをするメリットがあまりにもないのです。

「泊まりに行ってもいい?」というひと言でその女友達との関係がギクシャクしてしまうかも知れません。さらに「あいつは女の家に来る危ない奴だ」なんていういらぬ噂を流されてしまうかもしれない。

また男性が「女友達」としか思っていなかったとしても、相手が男性のことを「男友達」と思っているという保証はありません。ですので、「泊まりに行ってもいい?」と行って期待させてしまい、いらぬ失望感を与えてしまうこともあるでしょう。

そのためまともな男性は女友達としか思っていない女性の家に泊まりに行こうとなどしません。どうしても翌日に予定があって寝なければならないのであれば、ホテルや漫喫に行くなり、タクシーで帰るなり、別の選択を取るはずです。

◇彼が狙っているのは「ワンチャン」

つまり男友達が「泊まってもいい?」と言った時点で、多かれ少なかれ「ワンチャン」を期待していると考えても問題はありません。

もちろん強引に話を進めようとする強硬派は稀で、多くの男性は「あったらいいな」くらいの穏健派で御座いますが、それでもワンチャンを狙っているのは間違いないでしょう。

ですので、もしも相手の男性とのワンチャンをまったく望まないのであれば、家に泊めるのは避けたほうが無難です。

■泊まりを提案する男友達の断り方

「断る」といっても、その断り方に悩む女性は多いでしょう。

特に終電で帰れなくなった男友達を前にして「そこらへんで朝まで過ごしたら?」なんて言うのは気の毒に感じてしまうもの。

そんな状況で穏便に断るとしたら、どのように伝えればいいでしょうか?

◇「今、親が来てるから」の常套句

まず相手の男性がこちらの事情をさほど知らないのであれば「今、親が来てるから」(もしくは「実家暮らしだから」)と言って断るといいでしょう。

さすがに親のいる家に上がり込もうとする男性はそうそうおりません。特にワンチャン狙いの男性は間違いなく引き下がることでしょう。

これは親以外でも問題ありません。

「姉が来ている」「親が来ている」「兄が来ている」「女友達が来ている」

誰でもいいのですが「〇〇が来ているから」という理由で断れば、角も立ちませんしほとんどの男性は引き下がります。

「なんで来ているの?」と聞かれたら「明日の早朝に、〇〇(家の近く)で予定があるらしく泊まりに来た」とでも言っておけばいいでしょう。それでも引き下がらない男性がいたら、その相手は何かしらヤバい男なので今後の付き合い方を考えたほうがよいと思います。

◇男性は置き去りにしたってなんとかなる

どうかご安心くださいませ。

男性は女性と違って、深夜の繁華街に置き去りにしてもなんとかなる生き物です。皆様が泊めるのを拒んでも、その10分後には漫喫でガーガーいびきをかいているもので御座います。

ちなみに私の働くホテルをはじめ、最近のラブホテルの多くは男性ひとりでの利用が可能で御座いますので、もしもどうしても朝までベッドで寝たい男性がいらっしゃいましたら、是非ともラブホテルを提案くださいませ。

おひとりの方向けの割引プランもご用意させていただいております。

誰も得をしないことをしない

2人きりで家にあげてもらったら、男性は多かれ少なかれ「これはアリなのでは?」と思う生き物で御座います。

もちろん「家にあげる」ということは「性行為に同意した」ということにはなりませんが、だからといって無闇に男友達を家にあげたり、男友達の家に泊まりに行ったりするのがいいことだと私は思いません。

これは善悪の問題ではなく損得の問題です。

相手の男性が同意も取らずに襲ってきたとしたら、女性が被害者で男性が加害者になることもあるでしょう。この場合、間違いなく男性側が悪であり、女性が正義となるのですが、そうなったところでどちらもなんにも得をしません。

男性は逮捕され、女性は傷つく。どっちも得をしないのです。

こういうことを書くと、必ず「なぜ被害者が注意を払わなければいけないのか?」という意見が上がってきますが、そんな意見に対して、私はリンカーンの言葉を借りて回答しております。

細道で犬に出会ったら、権利を主張して咬みつかれるよりも、犬に道を譲った方が賢明だ。たとえ犬を殺したとて、咬まれた傷は治らない。

善悪の問題ではなく、損をするからやめておけと私はお伝えしたいのです。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年08月18日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。