人づきあいが疲れる……。敏感で繊細な人が自然体でいるために

2019年07月19日 15時10分

恋愛 マイナビウーマン

1対1なら平気なのに大人数がどうにも苦手とか、人づきあいで気をつかいすぎたり、無理にがんばったりして疲れてしまう。

そんな、けっしてコミュニケーションが苦手というわけではないけれど、人づきあいで疲れるという人、けっこういると思います。そんな人は、どうして人づきあいで疲れてしまうのでしょうか。

■“人嫌い”ではないけれど、人づきあいが疲れる……

人づきあい 疲れる

コミュニケーションが苦手というわけでもなく、人が嫌いというわけでもない。だけど、人づきあいで疲れる。それは、どうしてなのでしょうか。

理由(原因)は、いろいろ考えられるのですが、今回はあるひとつのことに注目して、話を進めたいと思います。それは、“感覚処理感受性”です。

◇生まれつき約15%の人は“感覚処理感受性”が高い

“感覚処理感受性(Sensory-Processing Sensitivity)”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の研究者であるエレイン・アーロン(Elaine Aron)とアーサー・アーロン(Arthur Aron)によって提唱されました(※)。

ふたりはこの感覚処理感受性を、生まれながらの特徴として、視覚(目)や聴覚(耳)といった感覚器自体ではなく、“感覚情報の脳内処理過程における基本的な個人差”と定義しました。(※)「Sensory-Processing Sensitivity and Its Relation to Introversion and Emotionality」『Journal of Personality and Social Psychology』1997

ちょっとむずかしいので、かみくだいて説明しますね。

人づきあい 疲れる

ある人にとって心地がいい刺激も、別の人にとっては少なすぎたり(=刺激が弱い)、多すぎたりする(=刺激が強い)ことがありますよね。たとえば、街に出かけても、同じ環境にいるにもかかわらず、静かだと感じる人もいれば、にぎやかだと感じる人もいます。

この個人差が、感覚処理感受性によって生じているというんです。

音だけではなく、光、感触など、さまざまな刺激にあてはまります。これは“生まれながらの特徴”で、だいたい15%くらいの人が、この感覚処理感受性が高いといわれています。

◇“感覚処理感受性”が高いのはどんな人?

人づきあい 疲れる

これまでの研究で、この生まれつき“感覚処理感受性の高い人”には、いくつかの特徴があるとされています。

たとえば、「ゆううつである」「落ち込んでいる」といった気分になりやすく抑うつ傾向がある、不安感が高い傾向がある、人間関係に不安を感じやすく消極的になりやすい、ストレスを感じやすい、他人の感情に気づきやすく、傷つきやすい、などです。

◇“感覚処理感受性”が高い可能性があるのは……

あくまで参考なのですが、次の質問であてはまる数が多ければ多いほど、感覚処理感受性が高い可能性があります。

(1)生活に変化があると混乱する。(2)一度にたくさんのことが起こると不快な気分になる。(3)短時間でしないといけないことがたくさんあると、オロオロする。(4)大きな音で不快になる。(5)明るい光や強いにおいが気になる。(6)他人の気分に左右されやすい。

どうでしょうか。これらはあくまで参考です。すべてにあてはまったからといって、必ずしも感覚処理感受性が高いとは言い切れないので、安心してくださいね。

■敏感すぎる人が抱えやすい悩みや問題とは

それでは、感覚処理感受性が高く、敏感で繊細すぎるがゆえに直面しやすい人の悩みは、どういったものがあるのでしょうか。

◇明るい場所や大きな音が苦手

人づきあい 疲れる

感覚処理感受性が高い人の特徴的な悩みに、“明るい場所や大きな音が苦手”というのがあります。たとえば、モノが落ちて急に大きな音がしたり、緊急車両のサイレント音などが、心臓がドキドキするくらい苦手だったりします。

◇ストレスを感じやすい

さまざまな刺激が強すぎるため、それらがストレスとなってきます。そのため、ひんぱんに不快な気持ちになったり、気分が落ち込んだりしてしまいます。

◇集団が苦手

人づきあい 疲れる

1対1のコミュニケーションなら問題ありませんが、大勢でガヤガヤするのは苦痛だと感じます。たとえば会社の新年会や歓迎会、忘年会や送別会というのは刺激が強すぎて、参加するのを苦痛に感じてしまうでしょう。

◇傷つきやすい

人づきあい 疲れる

相手に悪気がなかったり、普通の人なら気にとめないような言動でも、感覚処理感受性が高い人にとっては“大きな刺激”です。そのためちょっとしたことで傷ついて、仕事に行くのも嫌だと感じることもあるかもしれません。

◇自信がもてない

明るい場所や大きな音が苦手、集団が苦手、傷つきやすい……これらのさまざまな特徴のせいで、悩みやすく、自分に自信がもてなくなることもしばしばおこります。

■もっとラクに生きるために、“順応的敏感さ”を育てていく

では、そういった人がもっとラクに生きていくために、どんな対処法が考えられるでしょうか。

人づきあい 疲れる

てっとり早いのは、“強い刺激から自分を遠ざける”ことです。たとえば大人数が集まるところには行かない、大きな音が聞こえないようにイヤホンやヘッドホンをして自分がリラックスできる音楽を流す、など。ただこの方法は、根本的な解決にはなりませんよね。

研究でもいわれているのですが、“順応的敏感さ”を育てていくことで、感覚処理感受性の高さを克服できる可能性があるといわれています。

またまたむずかしかったかもしれませんね。具体的には、たとえば自分がリラックスできる好きな音楽を聴く、おいしいものを食べる、好きな香りに包まれる、芸術鑑賞するといった行動を、じょじょに刺激の強いものにして、慣れていくということです。

今回は、人づきあいが苦手というという問題を、”感覚処理感受性“の視点から考えてみました。もちろん、人づきあいが苦手な理由というのは、ほかにも考えられます。それについては、別の機会で紹介しますね。

(平松隆円)

※画像はイメージです

平松隆円さんの著書『黒髪と美の歴史』(角川スフィア文庫)が、7/24(水)に刊行されます。平安美人の長くまっすぐな黒髪、江戸時代の華やかな結髪とかんざし、モダン・ガールのショートカット……なぜ黒髪は「美しい」の? 垂らし、束ね、結う……女性の髪形から、“日本の歴史”を振り返ります。

マイナビウーマン

2019年07月19日 15時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。