「失礼な人」にふりまわされたくない! “ちょっと困った人”への対処法

2019年07月11日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

初対面なのに、なぜかなれなれしい人、横柄な態度で接してくる人っていますよね。そんな“失礼な人”とは、仕事でもプライベートでもつきあうのがイヤになるものです。

そもそもそんな人は、なぜ失礼になってしまったのでしょうか。

■なぜこの人はこんなに失礼なのか?

失礼な人

普通の人は、多少なりとも周囲に気をつかうものです。なのに気をつかうこともせず、自分の好きなように“失礼”な言動ができるって、ある意味うらやましいくらいです。ですが、どうして、失礼な言動ができてしまうのでしょうか。

そもそも失礼な人は、“言葉がヘタ”な場合が多いです。日本で生まれ育った日本語母語話者だからといって、日本語を上手に使えるとは限りません。まして、敬語となるとなおさらです。同じ意味の言葉を言うにしても、たいていの人は相手が不快にならないように、適切な言い方というものを考えます。

ですが、言葉がヘタであるがゆえに、相手を不快にする言い方しかできないんです。

◇大人になるまで“直すチャンス”を失ってきた人

失礼な人

言葉がヘタというのに通じますが、礼儀を知らないことも影響しているかもしれません。たとえばあいさつをしない、返事をしないなど。

しかし、言葉がヘタだとか、礼儀がなっていないというのは、その人自身だけの問題ではなさそうです。大人になるまで、そういった“失敗(=失態)”を、誰にも注意されてこなかったがために、直すチャンスを失ってきた、注意をされてこなかった“かわいそうな人”といえるのかもしれませんね。

◇公私の境があいまい、デリカシーがない

失礼な人

恋人や親友でもない限り、誰だってプライベートな領域に踏み込まれるのはイヤなものです。同じ社会に生きていれば、“ここまでプライベートにふみ込まれたらイヤだ”と理解できそうなものですが、失礼な人というのは、その境界があいまいというか、踏み込んでもいいという境界が広いのかもしれません。

または、デリカシーがない、“相手の気持ちを察することができない”人ということになるでしょうか。これを言ったらどう思うか、なにをしたらイヤな気持ちになるか、ということを察することができないため、平気で失礼な言動ができてしまうんです。

◇相手よりも自分が大事

失礼な人

会議などでは、相手の意見に反論するため、言い返すということもしばしばあるでしょう。たいていは相手を尊重して意見を聞き入れたり、真意をくみ取ったりします。ですが、相手よりも自分が大事な人は、なにがなんでも自分の意見を通そうとしたり、自分のしたいようにしたりします。

それは相手が自分より年上であろうが、役職が上であろうが、関係ありません。

◇相手に勝ちたい

失礼な人

自分のほうが相手よりも優位であるということを示すための主張や行動のことを、“マウンティング”とよびます。失礼な人は、相手よりも自分が優位にいたい、勝ちたいという気持ちが強く、自分のほうが相手よりも上だということを周囲に知らせるために、わざと失礼な言動をすることもあります。

■失礼な人の性格を直すことはできるの?

失礼な人

そんな失礼な人の態度や発言を、周囲が指摘して直すことって可能なんでしょうか。

相手が子どもなら別ですが、いい大人の場合は、けっこうむずかしいと思います。だって、本人は何の問題もなく、それでずっと生きてきたわけですから。

例えていうと、30歳になってから、左利きを右利きに直すようなものです。仮に本人に“自分の言動は失礼だ”という自覚があり、直したいと思っているならば、あるいは直す可能かもしれませんが、そうでない限りはとてもむずかしいでしょう。失礼な言動をしてしまうのも、その人の個性だと、周囲が理解して受け止めるほうが、よほど簡単です。

◇失礼な人とはどうつきあうべきか

失礼な人

そうはいっても、失礼な言動をその人の個性だと受け止めることも、なかなか簡単なことではありません。それでは、失礼な人とはどういう風につきあっていくべきでしょうか。

ひとことで言えば、“スルーする”ということ。差し障りのない範囲で無視をしたり、聞き流したりするのがいいでしょう。

いや、それでもイライラしてしまうかもしれませんね。いっそのこと、近寄らない、かかわらない、というのが一番ではないでしょうか。それは精神的な意味ではなく、物理的な意味で距離を持つということ。面と向かうということがなければ、イライラもしないでしょう。

■“失礼”は伝染する!

失礼な人

ちなみに、“失礼な人に接すると、次からその人に対して自分も失礼な言動をしてしまう”ということを実証した論文があります(※)。つまり、失礼な言動は伝染するということ。

いつのまにか自分まで、周囲から「“あの人は失礼な人だ”認定」をされてしまう可能性があるのなら、やっぱり、そんな人とはかかわらないのが一番よさそうですね。

※フロリダ大学Trevor Foulk「Catching rudeness is like catching a cold: The contagion effects of low-intensity negative behaviors.」(『Journal of Applied Psychology』2016)

(平松隆円)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年07月11日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。