「なぜかモテる男性」に共通する7つの特徴

決してイケメンなわけではないけど女性から人気があったり、彼女が途切れなかったりする男性ってまわりにいませんか?

今回はそんな「なぜかモテる男性」の特徴を男目線で紹介してみたいと思います。

さらに後半では、「なぜかモテる男性」の攻略方法についても触れてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

■イケメンなわけではないのになぜかモテる男性の特徴

◇1.とにかくおもしろい

これは王道。

お笑い芸人が美人な女優やタレントなどと交際するパターンは多いですよね。

一緒にいて楽しいのはもちろん、まわりの人を笑わせられる人は魅力的に映るもの。そんな男性と一緒に過ごせば、自然と笑顔になっちゃいますよね。

◇2.聞き上手

多くの女性は話すことが大好き。

ただ話を聞くだけではなく、女性の話したいことをうまく引き出すために適度に質問を振って、おもしろくツッコミを入れたり、さらに掘り下げることで会話を盛り上げることができたりする男性はやっぱりモテますよね。

◇3.とにかくマメ

髪型や服装、ネイルの変化に気づいて褒められたり、些細なことを覚えていてくれたりして、うれしくなったことはありませんか?

マメな男性は観察力に優れている上に、とにかく気が利いて、レディーファーストを心得ているタイプが多いように感じます。

相手を喜ばせるツボを押さえているマメな男性に、女性が魅かれてしまうのは当然なのかもしれません。

◇4.何かに真剣に取り組んでいる

仕事でも趣味でも、何かに真剣に取り組んでいる姿はカッコいいですよね。

その真剣に取り組んでいることについて熱く語る男性の姿にドキッとした経験がある方も多いのではないでしょうか?

◇5.センスがいい

たとえ顔が整っていなくても、髪型や服装がオシャレでセンスがよければ、個性が光って素敵に見えてくる経験は誰しもあるはず。

センスのいい男性と一緒にショッピングに出かけるのも楽しそうですよね。

◇6.常に前向きでポジティブ

一緒にいるとなんだか元気になれるという男性、まわりにいませんか?

誰かに相談したいなと思うときに、真っ先に思い浮かぶタイプがコレです。

前向きなアドバイスで背中を押してくれるような男性は男女かかわらず友人も多く、みんなから好かれているのではないでしょうか?

◇7.女心をわかっている

女心を知っていたり、自然に話すことができたりなど、女性の扱いを心得ている男性はやっぱりモテます。

独断と偏見ですが、 女きょうだいがいると、こういう傾向が強いかもしれません。

■なぜかモテる男性の落とし方

「なぜかモテる男性」の特徴を挙げてみました。

でも、どうすれば自分のことを好きになってもらえるか、何をすればよいかわからないという方は多いと思います。

なんだかんだモテるわけですから、当然ライバルも多くなりますよね。

何もしないでいると、誰かに先を越されてしまいます。

男性を振り向かせるテクニックはたくさんありますが、その中でも「なぜかモテる男性」に効果的であると思われるものを3つ挙げてみます。

◇1.彼特有のポイントを褒める

モテる男性は褒められ慣れていますが、男性は基本的にプライドが高い生き物。

褒められることで嫌な気はしません。彼特有のポイントを見つけて褒めましょう。

☆ほかの人が褒めないようなところを褒める「カッコいい」「おもしろい」など、いつも言われ慣れていることを褒めても彼の記憶に残りません。

たとえば、「いつもまわりに気を配れていて視野が広い」「落ち着いていて安心感がある」など、普段なかなか言われないことを褒めると好印象です。

☆趣味や関心のあることに耳を傾け、褒める

自分の趣味や関心を誰かに話したい、共感してもらいたいという願望は誰しもあります。

彼の趣味や得意なことについて、興味を持って聞いてみましょう。

その場はひとまず興味のある「フリ」でもいいかもしれません。彼が話してくれたら「さすが!」や「すごい!」と、しっかり褒めてください。

☆顔を褒めるときは部分的に

誰しも自分の容姿にコンプレックスがあるように、なぜかモテる男性もコンプレックスに感じている部分が必ずあります。

そこをあえて褒めることで「この人は自分のことを受け入れてくれているな」と安心感を持ちます。

褒めるときは「目が好き」「鼻の形がいい」「輪郭がきれい」など、部分的に褒めましょう。

コンプレックスも含めて好意を持ってくれているんだと感じさせることができれば、距離は一気に縮まるかもしれません。

◇2.愚痴を言える存在になる

ポジティブで前向きな彼は、基本的に愚痴を言いません。

それは、競争社会で生きており、まわりに弱い・頼りないと思われたくないからです。そんな彼が愚痴を言える存在は、彼にとって癒しであり、唯一無二の存在になります。

☆彼に「がんばっている」と思われるようにする

男性は、自分と同じようにがんばっている女性にはいろいろと話したくなる傾向があります。

「この子は苦労をわかってくれる」と思う女性には、彼も自分の弱さを見せてもいいと思うものです。

日々、自分の仕事ややるべきことに一生懸命に取り組んでいると、あなたのひたむきさや芯の強さが彼の目にも好印象にうつります。

☆悪口や文句を極力減らす

モテる男性は、自分の愚痴で相手をネガティブな気持ちにしたり、後ろ向きな時間を過ごしたりしたいと思っていません。

彼に、愚痴を言っても深刻にならない相手だと思ってもらうことが第一歩です。

そのためには、あなた自身が日ごろから悪口や文句を減らし、愚痴を話しても大丈夫だという安心感を彼に与えましょう。

☆愚痴に対するアドバイスは厳禁

彼が愚痴を言ってくれたときには、適切なアドバイスや悩みを解決する必要はありません。

「大変だったね」「とてもがんばったね」と、彼の努力を認め、共感してあげましょう。

このひと言が、彼にとって励ましや支えになっていきます。

◇3.ガツガツしない

モテる男性はたくさんの女性から好感をもたれており、そういった状況に慣れています。

彼の中で、ちょっと気になる存在、もっと知りたい存在となるために、ガツガツしないことは非常に重要です。

☆自分のことばかり話さない

せっかく彼との時間を過ごしているときに、自分のことばかり話すのはNGです。

盛り上げようとして自虐や過去の失敗を話すのも、せっかくの好印象を自ら覆すことになるのでほどほどにしましょう。

☆相手の話をよく聞く

誰しも自分の話を聞いてもらえるのは、気持ちがいいことです。彼の好みや思考を知る上でも、彼の話をしっかり聞いてあげましょう。

ただし、必要以上に彼のテリトリーに踏み込むことは厳禁です。

彼が話したいことを、話したい範囲で聞いてあげられるようになると、彼にとって心地よい存在になります。

外見よりも重要なこと

「イケメンなわけではないのになぜかモテる男性」の特徴は、外見を補って余りある内面のよさやセンスです。

自分の顔や容姿に対する自信のなさや欠点をバネにして、お喋りで楽しませるなど女性に親しみを持たれる男性としての振る舞いを身につけています。

そういったものを日々磨いてきた男性は、同じように女性の内面を重視する傾向にあります。

外見のよさはもちろん大切な要素ですが、「かわいいけれど彼女にするのはちょっと……」とならないように、内面を磨いたり、考え方や接し方を意識したりするのも同じくらい重要です。

今回挙げた攻略法は決して難しいことばかりではないので、今日からできることをまずはひとつずつ実践してもらえたらなと思います。

(グパパ)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。