「35歳の女性」が結婚する方法

2019年06月23日 11時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

女性の社会進出が進み、昔ほど結婚が絶対でなくなっている昨今。

気がついたら、結婚しないままに35歳を迎える女性は案外多いものです。

学生時代の友人たちのほとんどは既婚者で子持ちなのに、自分には彼氏すらいない……という状況に焦ってしまう人もいるかもしれません。

さらに、そこに追い打ちをかけるように、「35歳以上の女性は結婚できない」説などもまことしやかにささやかれ、不安を感じている女性がたくさんいます。

今回は、35歳の女性がこれから結婚する方法をまとめてみたいと思います。

■女性にとっての「35歳」とはどういう時期?

35歳 独身女性

女性にとっての「35歳」とは、まさに人生の岐路。

選択肢がまだたくさん残っているだけに、もっとも煩悩を抱えやすい時期とも言えるでしょう。

たとえば、結婚や出産。女性の出産にはリミットがあります。

日本生殖医学会の発表によると、出産数は30歳から徐々に減少し、35歳を過ぎるとその傾向は顕著になり、40歳を過ぎると急速に減少します。年齢が増加すると妊娠する力が低下するそうです。

となると、35歳ぐらいで結婚しておかないと、出産は難しくなる可能性があるということ。

その一方で、仕事では管理職などに起用されはじめるのもだいたい35歳ぐらい。

転職を考えるとするなら、よほどのスキルや資格でもない限り、35歳ぐらいが最後のチャンスと考える人もいます。

人生において何かを選択するということは、何かを捨てることにもつながります。

35歳の女性には、究極の選択が迫られることも多く、煩悩を抱えてしまう人が続出する時期とも言えるでしょう。

■35歳で結婚に焦る理由とは

35歳 独身女性

前述しておりますが、やはり一番の理由は出産年齢を意識する人が多いです。

そういったこともあってか、実際に30〜35歳は結婚、出産ラッシュです。今まで独身貴族を謳歌していた友人たちがあっという間に次のステップへ歩み出し、取り残されたような気分になってしまうこともあるでしょう。

また、親も高齢化します。親の体調不良などを見聞きするようになると、もうそろそろ身を固めて、親を安心させてあげてもいいのではないか? と考えはじめるきっかけになるのではないでしょうか。

■35歳で結婚したいけれど彼氏がいない女性がすべきこと

35歳 独身女性

今後、どのような人生を歩みたいのか?

自分の心とよく対話することです。

その上で、その人生の中でともに歩みたいパートナーはどんな人物像なのか、よく考えることです。

「好きになった人と結婚したい」という人もいますが、フワっとした恋愛感情だけでは結婚生活は長続きしません。

大人であるからこそ、理想のライフスタイルを先に思い描いて、そのライフスタイルから逆算して相手選びをしてみてもよいでしょう。

どんな男性と結婚したいか? がある程度、まとまったら、とりあえずはなりふり構わず、出会いの場に足を運んでみることです。

たくさんの男性と出会うことで、理想の男性像が変化したり、ブラッシュアップされていくこともあるものです。ある程度、場数を踏まないと、見えてこないこともあります。

自分の中での目標が定まったら、あとは理想の相手と出会えるよう、試行錯誤するのみ!

■35歳からの婚活のポイント

世間的には不利と言われる35歳からの婚活。

だからこそ、20代30代前半の女性とはまたちがった視点や戦略を持つことも大切です。

その辺をくわしく解説します。

◇35歳からの婚活は遅い?

35歳 独身女性

35歳からの婚活はまったく遅くはありません。

巷では35歳以上の女性が結婚できる確率は2%なんて統計データ(国勢調査)もありますが、それはそもそも婚活していない人(結婚する気がない人)も人数に含まれています。

現実的な話をすれば、婚活界では女性の年齢は武器にもハンデにもなります。

子どもを望む男性は28〜33歳ぐらいの女性を希望する人が多く、35歳以上ですと、年齢で足切りされてしまうことも……。

でも、そこを今さら嘆いても意味がありませんよね。

若い女性を希望したものの、思うようなお相手に恵まれず、少し年上の女性にも目を向けてみようかな? という男性もいますし、「精神的にも経済的にも自立していて、頼れるから」という理由で年上女性を好む人もいます。

35歳 独身女性

結婚適齢期とは、その人が本当に結婚したいと思ったときなのではないか、と思います。

婚活をはじめてみると、「もっと若いうちに婚活しておけばよかった」なんてことを言う人もいますが、若いときにはそんなに結婚したくなかったのだとしたら、たとえ若くして結婚しても幸せになれるとは限りません。

私みたいに20代で結婚しても、結局、離婚してしまう人もたくさんいますから……。

40代でも50代でも本気で婚活をした人は結婚しているものです。

確かに、20代の女の子と同じ理想を掲げて勝負をするのは厳しいものがあるかもしれませんが、35歳には35歳なりにふさわしい相手がいるはず。

そのふさわしい相手を見つけることができれば、きっと結婚できます!

◇35歳からの婚活のポイント

☆漁場(=出会いの場所)をまちがえないこと

35歳 独身女性

たとえば、女性に年齢制限がついている婚活パーティの場合、その制限上限の年齢でパーティに参加すると、年齢がハンデになってしまい、ほかの若い女性たちに圧倒されて、玉砕してしまうかもしれません。

できるだけ自分に有利な漁場を選んで、婚活をすることが婚活疲れ防止になります。婚活パーティでも婚活アプリでも趣味のサークルでも、女性が多い場所ではどうしても不利になってしまうので、男性が多く、女性が少なめなど、自分が有利に戦える場所を選ぶことも戦略のひとつです。

☆電撃入籍を目指す!

35歳 独身女性

若い女性なら「3年ぐらい付き合って、お互いをよく見極めてから〜」なんて悠長なことを言っていられるかもしれませんが、35歳の女性にはむしろ電撃入籍をオススメします。

若い女性は若い分、人生経験も少ないものですから、男性を見る目が未熟である可能性があります。だからこそ、1〜2年付き合ってから結婚を考える! で正解だとも言えます。

その一方、大人の女性はそれなりに人を見る目があるんです。むしろ人を見る目がありすぎて、あれやこれやの懸念事項を次々見つけてしまい、なかなか決断ができない……という傾向があります。

少しぐらいの懸念事項があったとしても、それが致命的でないなら、アクセルを踏む勇気を持ちましょう。

☆交際する前に結婚の意思を伝える

35歳 独身女性

男性というのは基本的に何も考えていないことが多いです(笑)。

「年齢も考えて、結婚を意識してくれるかもしれない」なんて淡い期待は無残に裏切られてしまうことが多い。

だからこそ、交際に発展しそうになったら、「結婚を考えたい」という自分の気持ちをしっかり伝えましょう。「え? それって重くない?」と不安になる方もいるかもしれませんが、その重さを受け入れてもらえないなら、そもそも結婚できません。

☆35歳なりの魅力に自信を持つ

35歳 独身女性

若い女性にはなくて、35歳だからこその魅力もあるはずです。

たとえば、落ち着いているとか、聞き上手とか、謙虚な姿勢とか、相手のことを思いやる余裕があるとか。

そういういいところにきちんと自信を持って、相手と接するようにしましょう。

逆に、「私はもうオバサンだから」とか「年だし、しょうがない」というように自分を卑下して自虐的な発言をすると、扱いに困る女性になってしまいます。

また、年齢の話になった際に、年齢を言いたくなくて「私、いくつに見える?」なんて質問返しでまぎらわそうとしたりすると、面倒臭い女性と思われてしまう危険性もあります。

35歳の女性には、35歳の魅力があるものですから、謙虚にふるまいつつも、胸を張って相手と接することも大事です。

☆年上の男性やバツイチ男性を視野に入れる

35歳 独身女性

多くの女性は33歳ぐらいをターニングポイントに「声がかからなくなった」と感じる人が多いようです。

というのも、そのぐらいの年齢になると、同年代の男性陣はだいたい年下の女性を好むようになるから……。20代なら同年代の独身男性が大勢いて、同年代同士でお付き合いすることも多いものですが、33歳ぐらいを境に状況が少しずつ変わっていくことがあります。

そして、女性も35歳ぐらいになると、「同年代がいい」「年下でもOK」と考える方が少なくないのですが、なかなかそういうお相手が見つかりにくいのも現実です。

婚活は理想の相手を選ぶことも大切なことですが、そういう相手から選んでもらえなければ、先に進めません。

年上の男性や、バツイチの男性を視野に入れてみましょう。

案外、年下の不器用な男性よりも、一緒にいて楽しいかもしれませんよ。

■35歳からの結婚のよさ

35歳 独身女性

35歳からの結婚のよさは、自分にあらゆる余裕があること、いい意味で諦めがつくことです。

だんだん仕事も落ち着いてきて、それなりに経済力もついて、気持ち的にも丸くなることができるからこそ、結婚後の生活が円満に運ぶことが多いもの。

若いころは「もっといい人がいるはず!」「まだドキドキワクワクの恋愛を楽しみたい!」というような欲望を捨てきれないこともありますが、少し大人になったことで、「もう恋愛の刺激やスリルはいらないから、穏やかな家庭がほしい」などといい意味での諦めがつくんですよね。だからこそ、なんの変哲もない穏やかな結婚生活にありがたみを感じることができるんです。

また、年齢を重ねていることで思慮深くもなっていますので、勢いだけで結婚して、あとから「こんなはずじゃなかった!」と安易に離婚してしまうこともないでしょう。

■35歳はまだまだ若い! 幸せな結婚はできる!

35歳 独身女性

35歳で結婚に焦ってしまう気持ち、よくわかります。

実際に厳しい婚活市況を目の当たりにしてしまった方は、「もう結婚できないかも……」と不安で眠れなくなる夜もあるかもしれません。

でも、大丈夫です!!

35歳はまだまだ若いから! 子どももまったく諦める必要なし!

本気で結婚したい気持ちがある人は、結婚できる方向で帳尻を合わせたり、戦略を練ることで、どんなに不利な条件を抱えていたとしても必ず幸せな結婚ができます! 断言っ!

(ひろん)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年06月23日 11時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。