「愛情表現が少ない彼」と上手に付き合うコツ

2019年06月22日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

「ちょっと冷めてない……?」

突然ですけど、男の人って、冷めてること多くないですか?

・LINEや電話がそっけない・会話のテンションが低い・うれしいときに一緒に喜んでくれない・なんか「いえーい」とか言ってくれない・めっちゃロジカル・ベタベタすると嫌がる

ちょっと物足りなかったりしますよね。好きでいてくれてるのはわかるけど――さみしいというか。やっぱ愛情を感じたいじゃないですか。

もしかすると貴女の彼氏もそうだったりしませんか?

ご安心ください。

今回は、そんな「冷めてる人」の特徴から、付き合い方まで解説します。

■冷めてる人の特徴5つ

◇1.腕を組んでいる

話を冷静に聞こうとしているのかもしれません。

心理的に、小さな壁を作っているイメージです。

自分で考えてから受け入れるかどうか決める、という感じです。ふとしたときに癖として出たりします。

◇2.笑いの感情表現が小さい

そもそも感情を大きく表すタイプでないということです。

笑うときは「ふふっ」「ニヤッ」という笑い方をするくらいです。

表情やアクションにまったく表れないことも。つい「あれおもしろくないのかな……?」とまわりに感じさせてしまったりします。

◇3.ロジカル

まさに「冷静」という感じです。

どんなときも論理的に考えて行動したいタイプ。男性に多い傾向があります。

もちろん悪いことではありません。

ただその分、感情表現がおろそかになってしまう、ということです。

◇4.会話が淡々としている

冷めた印象は会話にも表れます。

冷めてる人は、どことなく淡々と喋る傾向にあります。

たとえば、お笑い芸人のトークのように熱をこめて――ということもないわけです。会話のなかに感情をこめず、事実だけを並べるイメージです。

会話を共感のためのツールだとは考えていない傾向にあります。

◇5.LINEに絵文字や顔文字がない

この「冷めてる人問題」は、コミュニケーション全般にいえる話です。

なのでLINEにも当てはまります。

冷めてる人は、絵文字や顔文字をあまり使いません。文章自体もシンプルです。逆にスタンプ一個だけの返信、などもありえます。

■冷めてる人の心理5つ

◇1.シャイで照れている

感情表現をしないのではなく、苦手なのかもしれません。

笑ったり驚いたりの表現を恥ずかしく思っている可能性があります。つまり、シャイというわけです。

しかし、素直にシャイな一面を見せることができず、見栄を張った結果「冷めてる人」というポーズになるのです。

◇2.楽しんだら負けだと思っている

こじらせた場合もあります。

健全に楽しんだりするのを「カッコ悪い」と思っているパターンです。

逆にいえば、冷めてるポーズを「カッコいい」と考えているわけですね。ええ、いわゆる中二病です。

◇3.落ち着いて物事を味わいたい

そもそも「冷めてる人」というより「落ちついてる人」という可能性もあります。

その静かなトーンが、その人なりの感情表現ということです。これも悪いことではありませんよね。個性です。

こちらの捉え方ひとつで受け入れられるようになるかもしれません。

◇4.自分の世界(やりたいこと)がハッキリしてる

これは「イイ男」に多いかもしれません。

趣味、仕事、芸術――のめりこむものを持っていて、それ以外は大したことないさ、と優先順位が低いわけです。

冷めてるというより、没頭している世界があるという感覚です。ジブリ映画の『風立ちぬ』の主人公(堀越次郎)もそんなタイプの代表かと思います。

◇5.そもそも表現方法がわからない

感情を表すのに慣れていない可能性もあります。

親が世話を焼いてくれたなど、感情を出さなくても、なんとなく生きてこられた人に多いです。

感情の経験不足ともいえます。

自分がどういう感情にあるかを察する力がそもそも足りてないというわけですね。

■冷めた性格になった原因3つ

◇1.アドバイスしてくれる人がいなかった

今までの環境がそうさせたのかもしれません。

しっかり「コミュニケーションは感情をきちんと伝えることだよ」と、アドバイスしてくれる人がいなかった、という場合です。

そこから漫画やインターネットの「冷めてる人はカッコいい」という偏った演出を信じこんでしまうこともありえます。

◇2.頭がいい

シンプルに頭がいいだけの可能性もあります。

なんでもロジカルに考えられるし、自分の欲望もおさえられるので執着心がないパターン。

程度の差はありますが「冷めてる人」というより「大人」なのかもしれませんね。

◇3.自己愛が強い

自分を大事にしすぎているパターンもあります。

彼のなかでは、いつだって自分が第一位なのです。自分が何をするかだけが大事。

だから、まわり(たとえば恋人も)の優先度が下がるというわけです。

自意識過剰や自己中心的、ナルシストともいえるかもしれません。

■冷めてる人との付き合い方3つ

◇1.要望を伝える

まず言葉で伝えること。

意外と、本人が自覚していないだけの可能性があります。

そして、男性は察することが苦手です。

繊細な問題だからこそ、言葉にしないと気づけなかったりします。しっかりと「もう少し楽しむ姿を見せてほしい。一緒にいて楽しんでるんだって感じたい」と伝えてみましょう。

◇2.逆に受け入れてみる

その個性も込みで、その彼を好きになったのだと考えてみてはどうでしょう。

逆に、彼が四六時中「好きだ!」「イエイ!」と叫びはじめたとして、案外、しっくりこないかもしれません。

ある意味、現在のほうがフラットで落ちついた関係でいられる、ということもありえます。

いざというときも動じず味方になってくれますよ。

もし彼が「自分の世界を持ってる系男子」なら、貴女もそれに負けないくらい自分の人生をがんばってみるのもオススメです。

カッコいいカップルになれる気がしませんか?

◇3.2人でアクティブな体験をする

一緒に感情を盛りあげる体験をすること。

感情をシェアすると、新しい関係が生まれます。

特に、彼が経験したことのないものがオススメです。映画や美術館のように、受け身でいられるものでなく、アクティブなものにしましょう。

ジョギング、ウォーキング、ボルダリングなどのスポーツはもちろん、記念日にケーキを一緒に作ったり、星を見ながらグランピングをしたりなんかもいいですね。

「冷めてる人」のすべてが悪なわけではない

いかがでしょう。

なかなか男ってやつは手強いですね。

しかし、上で解説したように「冷めてる人」にもいろんなバターンがあるはずです。

どうか「冷めてる人」のすべてを「いけないもの」「変えるべきもの」と感じるのでなく「それも個性なのかな?」「落ち着いてるだけなのかな?」とも考えてみていただけると幸いです。

あとは言葉にして、しっかり伝えること。

それが一番です。

たとえば「愛してる」と言ってほしいなと悩む前に「愛していると言ってほしい」と伝えてみるのもいいと思いますよ。

あなたの恋愛がより幸せなものになることを心より祈っています。

(浅田さん@恋愛を語る奇術師)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年06月22日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。