首筋に「キスマーク」をつける男性の本音

「好きだ」という言葉よりも、強く抱きしめられたときに愛が伝わることってありますよね。

愛情をともなうスキンシップは、時に言葉よりも雄弁。キスマークも、相手からの愛を強く感じる印のひとつです。

しかーし、見えるところにつけられたら、正直困る! それもわかっているはずなのに、男性はなぜキスマークをつけてくるのでしょうか。

今回は、そんなキスマークに対する女性の気持ちと、男性がつけるキスマークの場所に隠された心理をご紹介します。

■キスマークをつける彼氏への本音

愛を感じる反面、場所によっては困ってしまうキスマーク。ここでは、キスマークをつけられたらどう思うか女性に本音を聞いてみました。

彼氏 キスマーク

Q.彼氏にキスマークをつけられるのは、アリですか? ナシですか?アリ(46.4%)ナシ(53.6%)※有効回答数390件

結果はキスマークをつけられるのはナシという女性が53.6%でした。やっぱり困るよね!

でもアリだという人も40%を超えています。キスマークは、つける場所によっては2人の秘めごと、相手を思い出すトリガーになり、うれしいという女性もいるようです。

■キスマークをつける彼氏の心理とは?

男性がキスマークをつけるのは、本能的な行為です。動物の縄張り意識から生じるマーキングと重なります。キスマークにはこんな男性の心理が隠されているようです。

◇独占欲を表している

彼氏 キスマーク

独占欲とは、「ひとりじめしたい」という欲求のことです。「俺だけを見て」って素直に恋人には言えませんよね。そんな抑えきれない恋人への思いをこめてキスマークをつけてしまうようです。

◇会えないときも思い出してもらいたい

彼氏 キスマーク

恋人であっても、離れてしまえばお互いの生活があります。だから思い出すきっかけとしてキスマークを体に残すのです。一緒にいないときも自分のものであってほしいという思いがこめられています。

◇困ったり慌てたりする彼女が見たい

彼氏 キスマーク

キスマークって、つける部位によっては他人に見えてしまうので困りますよね。

彼女の困った顔、怒った顔が見たい! という男性もいます。ちょっとめんどうくさいですが、それも彼氏なりの愛のスキンシップ。

キスマークをつけたがる彼氏は、怒れば怒るほど喜びそうなので、上手に見えないところにつけてくれるよう誘導する必要がありそうです。

◇自信がない

彼氏 キスマーク

自信がない男性もキスマークをつけがちです。彼女を取られたくない、自分のだという印としてキスマークを残します。自信がないから、たとえ「好き」といわれても、彼女の愛を信じられません。キスマークが消えるのを気にしてまたつけてくるタイプの男性はこの傾向にあります。

■【場所別】キスマークをつける意味とは?

キスマークはつける場所によって男性の心理が異なることを知っていますか? あなたの彼氏はどんな気持ちであなたにキスマークをつけているのでしょう。

◇首筋

彼氏 キスマーク

人目につく首筋にキスマークをつけるのは、ズバリ誰にも奪われたくないという独占欲の表れです。見えやすい部位での「この子には彼氏がいるよ」というアピールに、強い執着心が表れています。

◇鎖骨

彼氏 キスマーク

服によってはキスマークが見えそうで見えない鎖骨。ここにキスマークをつけるのは、あなたを困らせたらどんな顔をするか見たいといういたずら心が作用しています。

また、鎖骨は色気を感じる部位でもあります。あなたに夢中、もっと深く知りたいという気持ちの表れでもあるでしょう。

◇顔や頬

彼氏 キスマーク

じゃれているときなどに激しいキスをしてしまい、つい、ついてしまったという人が多いほっぺたや顔へのキスマーク。わざとじゃないという男性も多いようです。

ほっぺたへのキスは、下心とは別の、親愛のこもったコミュニケーションでもあります。キスマークがついてしまったら困る部位ですが、ペットに慕われているようなあったかい愛を感じるはずです。

◇胸やお尻

彼氏 キス

他人には見せないこの部分に意図的につけるのは、強い独占欲を示します。首筋につけるとあなたが困ると知っていて、この部分を選んでいるので、そういう意味では配慮のあるキスマークですが、「俺のもの」という意識は同じです。

◇腕

彼氏 キス

腕にキスマークをつけるのは、あなたを大好きな証拠です。

女性の腕は、プニプニしていたり、なめらかだったりして、筋肉質な男性の腕とはちがう魅力があります。だから普段から手をつなぐのが好き、触るのが好きな男性はその延長線上の気持ちで腕にキスマークをつけるようです。

◇腰

彼氏 キス

腰にキスマークをつけるのは、束縛したいという心理が働いています。身体のうしろ側にあたる腰に執着するのは、離したくない、思い通りにしたい、という彼氏の本音が込められているようです。

◇耳

彼氏 キス

性感帯でもある耳付近へのキスマークは、ズバリ、性的欲求を意味します。ストレートに言うと「したい」と思っているようです。やたら耳を攻めたりキスマークをつけたりするのはあなたを誘惑しているのかも。

◇太もも

彼氏 キス

太ももへのキスマークは、強い支配欲を表します。自分のものにしたい、優位に立ちたいという本能の表れです。また、ここにキスするときは男性の本能がむき出しになり、感情が高ぶるので、無意識にキスマークをつけてしまう男性もいるようです。

◇背中

彼氏 キスマーク

本人が見えない背中にキスマークをつけるのは、ズバリ浮気防止の意味があります。

「俺のほかに見せるんじゃねーぞ」という確認と束縛の心理が見てとれます。顔や首筋とちがい、ぱっと見で気づかないし、キスマークを消すのもひと苦労です。他人の前で服を脱いだときに効果を発揮する彼氏のけん制キスマークといえるでしょう。

◇おなか

彼氏 キスマーク

おなかには、男性の求める母性や癒やしの意味がこめられています。人間はみな生まれる前はおなかにいますよね。だからおなかは男性にとって安心できるオアシスのような場所なのです。甘えたい、癒やされたい、受け入れてほしいという心理が表れています。

◇手・指

彼氏 キスマーク

手は、相手への敬愛を指します。手や指へのキスやキスマークは、あなたに敬意を持って接しているという愛情の表れでしょう。本当はもっと深くかかわりたいという欲求を隠しながら手にキスマークをつけているのかもしれません。

■キスマークをつけられたときの対応

彼氏 キスマーク

いろいろな心理や本能が隠されたキスマーク。口下手な男性の愛情表現としてみると、熱い思いにちょっとうれしい気持ちもしないでもないかもしれません。

つけられたいと思っている男性もいるので、たまにはつけかえしてあげるのもありですね。

一方で、ちょっと困る、つけられるのがイヤだという人もいます。ストレートに「嫌だ」と伝えたり、本気で怒ったりすると誤解をされたり、男性によってはふさぎ込んだりしてしまうかもしれません。

そこで、彼氏には、痛いからやめてほしいとお願いしたり、見えないところにつけてもらえるように誘導したりしてみてはどうでしょう。また、彼氏の欲求を満たすためにも、たまには「好き」と言葉や行動で愛が伝わるように接してあげてみてください。

キスマークはわかりにくい男の愛情のサイン

彼氏 キスマーク

男性は彼女の前ではかっこよくいたいもの。でも、時には甘えたり、独占欲を発揮したり、あふれる愛情を伝えたくなります。でも、なかなか素直には言えない、隠された気持ちがキスマークに込められていることがあります。

男性がどんな欲求や心理を隠しているか見極めて、彼氏の隠れた本能を愛し、満たしてあげてください。そうすれば、キスマークがなくても愛がどんどん深まっていくはずです!

(さかもとみき)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年6月7日~6月10日調査人数:390人(22~34歳の働く未婚女性)

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。