「涙もろい女性」に正直思うこと

2019年06月19日 19時10分

恋愛 マイナビウーマン

話していて感情が高まると、すぐに涙が出てしまう。

止めたくてもコントロールできないくらい涙もろいと、好きな男性の前でもつい泣いてしまってどう思われているか不安になりますよね。

ですが、涙もろいのはそれだけ情緒が豊かで感動しやすい性格ということ。

涙もろい女性にはどんな特徴があるのか、また恋愛ではどう対処すればいいのか、恋愛コラムライターのひろたかおりがお話しします。

■「涙もろい」女性の特徴とは?

驚いたり感動したり、気持ちが高揚するとすぐ涙が出てしまう……。

涙もろい女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

◇感受性が豊か

涙もろい

人と話していると、小さなことでも感動して涙が出てしまう。「こんなことで」と驚かれるようなささいな内容でも、心が反応するのはそれだけ感受性が豊かな証拠です。

話に込められた気持ちをすぐにくみ取り、それに反応するのですね。

◇素直な性格

涙もろい

涙もろい人は、真面目で素直な性格をしているのも特徴です。

話の内容を疑わずにまっすぐ耳を傾け、相手に心を開いて一生懸命理解しようとします。

自分の感情を抑え込むことが苦手で、ストレートに表に出してしまう素直さが涙もろさにつながるのですね。

◇感情移入しやすい

涙もろい

涙もろい人は、相手の話をまるで自分のことのように受け取り、すぐに感情移入する一面があります。

それだけ話に集中していて、相手の気持ちを理解するスキルが高いといえますね。

◇ストレスをためがち

涙もろい

涙もろい人のなかには、ストレスをためていて情緒が不安定になっていることもあります。

苦しいことや悩んでいることがあるとささいなきっかけで感情が爆発しやすく、それが涙もろさとなって表れるのですね。

無理に感情を抑え込んでしまい、泣くことがデトックスになっていることも。

■涙もろくなってしまう理由は?

それでは、涙もろくなってしまうことにはどんな理由があるのでしょうか。

◇感情を我慢できない性格だから

涙もろい

泣く、という行為は感情が高ぶらないとできません。

また、泣きそうになってもぐっとこらえてやり過ごすことができる人もいますが、涙もろい人は気持ちを我慢することができずそのまま表に出してしまいます。

自分の感情をコントロールできないことが、涙もろさにつながるのですね。

◇ストレスを抱えているから

涙もろい

仕事のことであったり恋人とのことであったり、ストレスを抱えていると心が落ち着かずにささいなことでも過敏に反応するようになります。

いい話でも悪い話でも、すぐに気持ちが入ってしまって涙が出るのは、ネガティブな感情が出口を求めているから。

泣くことで心が落ち着くこともあり、ストレスが涙もろさの引き金となるのですね。

◇「泣いている自分」を見られたい

涙もろい

たとえば男性なら、「すぐに泣くのは男らしくない」など人から自分がどう見られるかが気になって、泣きたくなってもこらえる人も多いでしょう。

女性のなかは、「泣いている自分」を人に見られることに抵抗がなく、むしろそんな自分を知られることで「感動しやすい人なんだな」「情緒の豊かな人なんだな」と思われたい場合もあります。

■涙をコントロールする方法

涙もろいのをなんとかしたい!

そんなとき、涙をコントロールするにはどんな方法があるのでしょうか。

◇涙を意識しすぎない

涙もろい

「すぐ泣いてしまうのをやめたい!」と思うと、心がぐっと高揚したとき、涙を抑えることばかり意識して肝心の内容から心が離れてしまうことがあります。

泣くまいと思うと余計に感情が高ぶるので、涙が出そうになったらちょっと上を向いてみるなど体を動かして気をそらしましょう。

◇深呼吸をする

涙もろい

あ、泣きそうと思ったら、考えることをやめて深呼吸をします。

呼吸に意識を集中させると感情が落ち着き、涙も引いていくのがわかるでしょう。

深呼吸は、大きく息を吸ったら深く長く吐き出すのが気持ちを安定させるコツです。人前では難しいと思ったら、浅くでもいいので呼吸することに心を向けてみてください。

◇体の別の部分に集中する

涙もろい

涙が出そうになったら、顔を上に向けてみたり手のひらをぐっと握って緩めるのを繰り返したり。

「泣く」ことから意識をそらし、体の別の部分に集中してみると、感情が落ち着いてきます。

■涙もろい女性の恋愛のポイント

涙もろい女性は男性ウケがいい? 悪い?

涙もろい女性が恋愛をうまくいかせるには、どんな点に注意すればいいのでしょうか。

◇男性は「涙もろい女性」は好き?

涙もろい

すぐ泣く女性、と聞くと「どうすればいいか困る」「面倒くさそう」など、接し方に悩んでしまうという男性の声はよく耳にします。

また、ケンカすればすぐに泣かれて話が進まないなど、お付き合いでも涙もろい性格がネックと考える男性もいて、涙もろい女性との恋愛はどこかネガティブな印象があるのは確かです。

ですが、すぐに泣いてしまうことを「やさしい子なんだなと思う」「感受性が豊かでいい」「抱きしめたくなる」など、前向きにとらえる男性も大勢います。

そのちがいは、「涙が出たあと」の態度がポイント。

いつまでもグズグズと泣き続ける様子は男性もうんざりしますが、すぐに泣きやんで話が続けられる、笑顔を見せてくれるなど、ポジティブな姿があれば男性の愛情も萎えません。

「涙もろい」ことそのものが問題ではなく、「どんなときに涙を見せるのか」「泣いたあとどんな態度なのか」が男性にとっては重要だといえます。

◇涙もろい女性の恋愛のポイント

☆大げさな泣き方はしない

涙もろい

たとえば、感動する場面を見てポロポロと涙がこぼれるような泣き方は、一緒にいる男性やまわりの人に嫌な印象を与えませんが、つらい話を聞いてわっと大声をあげて顔を覆うような大げさな泣き方は、どう接すればいいか困るし周囲からもネガティブな関心を引いてしまいます。

いいことでも悪いことでも、話を中断させるような泣き方はNG。

「面倒くさい女性だな」と思われると、一緒にいたい気持ちも消えていきます。

☆すぐに泣きやむように努力する

涙もろい

我慢できずに泣いてしまうのは仕方ないとしても、いつまでもすすり上げて涙を止められないと男性は困ってしまいます。

ケンカしたときなど、泣かれたことで気まずい空気になり、ちゃんとした話ができずに終わってしまうと男性の愛情も冷めるもの。

涙が出ても、すぐに泣きやんで話を再開できるように気持ちを立て直す努力をしましょう。その姿勢があれば、男性も涙もろいことをネックには感じません。

☆相手の気持ちを考える

涙もろい

女性に泣かれるのは、男性にとってつらいことでもあります。

いいことがあって涙が出るのはいいとしても、悪い話を聞いて泣き出してしまう女性を見るのは決していい気分はしないし、男性自身の気持ちも暗くなっていく、と心得ましょう。

涙もろいことで困らせたり混乱させたりするのが当たり前になれば、いい関係は築けません。

泣いている自分が男性にどう思われるか、ネガティブな印象を持たれないように気をつけたいですね。

「涙もろい」性格をポジティブに伝えよう

涙もろい

すぐに泣いてしまうのは、感情移入しやすくて素直な性格であるといえます。

そのいい点をポジティブに伝えるには、涙が出たとしても大げさに騒がないこと、すぐに泣きやんでコミュニケーションを続けようとする姿勢が不可欠です。

男性が涙を見せる女性を「かわいいな」と思うのは、素直さに加えて感受性の豊かな心が見えるから。

相手の気持ちを忘れずに、涙もろくても前向きに関係を築けることを伝えていきたいですね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年06月19日 19時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。