婚活がうまくいく10のヒント

2019年06月12日 17時10分

婚活 恋愛 マイナビウーマン

こんにちは。婚活・女子力アップコンサルタントの澤口珠子です。

婚活コンサルティングの仕事をしていると、毎回、自分に自信のない方が多くいらっしゃることに驚きます。

こんなにかわいいのに! こんなに魅力的なのに! もったいない!

いつもこう感じています。

毎回私は相談者に「魅力のない人はこの世に存在しません!」と断言していますが、自分の魅力を知ることが、自信を持つことにつながります。

今回は、この「自信を持つ方法」についてお伝えします。

■自信を持つことができないのはなぜ?

婚活がうまくいかないと自分のすべてが否定されていると考えてしまうのが、自信喪失の一番の理由でしょう。

たとえば、マッチングアプリの場合。

多くの男性と出会うことができる分、なかなかよいご縁に巡り会えないと「こんなにたくさんの男性と会ってもうまくいかないなんて、きっと私に魅力がないからなんだ……」と落ち込んでしまい、結果として自信喪失につながってしまいます。

別の例として、結婚相談所の場合。

特に条件ファーストで判断されてしまいがちな結婚相談所では、男性は見た目や職業と年収、女性は見た目と年齢で判断されます。

当然、結婚相談所から紹介される男性は、ひとまわりもふたまわりも年齢が高い方がザラです。

よって、年齢で勝負ができなくなった方にとっては、「こんな高齢な男性しか私には残っていないんだ……」というように、自分には市場価値がないと勝手に思ってしまい、自信が粉々に砕かれてしまう傾向があります。

はっきりいって結婚なんてご縁とタイミング次第なのですが、このようになかなか決まらないことで自信がなくなってしまうケースが非常に多いといえるでしょう。

■自信を持つにはどうしたらいい? 自信をつける方法

自信を持つほうがいいのはわかっているけれど、持てって言われてもそんなに簡単にはできないもの。

ここでは、「どうやったら自信をつけられるのか」というテーマで、実践できることをご紹介していきます。

◇(1)自分を最優先にする

他人軸で自分の人生を決めている方がどれほど多いことでしょうか。

まず真っ先にお伝えしたいこととして、一番大切に、そして最優先すべきなのは「あなた自身だ」ということです。

ピンチのときに真っ先に自分を助けられる人は、自分です。

24時間、常に一緒にいて、人生でもっとも長い時間を過ごすのも自分です。

あなたをもっとも理解してくれる人は、あなた自身にほかならないのです。

彼氏の代わりはいくらでもいますが、あなたの替えはどこを探してもいません。

あなたは世界で唯一無二の尊い存在です。

だからこそ、自分が楽しめることや生き生きとできることをして、人生を自分らしく楽しむべきです!

これが結果として、確たる自信につながっていきます。

◇(2)感情優先で行動する

現代人は、圧倒的に「思考」で物事を判断します。

婚活も、目の前の条件について頭で考えてしまいがちなので、感情がついて行かず、あとから後悔してしまうケースが多いです。

この「感情を殺して生活をする」ことが、自信をなくす根本的な原因です。

自分の感情としっかりと向き合うようにしましょう。

「一緒にいて楽しい、うれしい、幸せだ」……これを意識すると、恋愛も婚活もうまくいきます。

「どれが自分の本当の感情かわからない!」という方は、ぜひ「身体の声」を聞いてみましょう。

「その人に触れられたい? キスできる? エッチしたいと思う?」と聞くと、「無理!」とか「できちゃうかも!?」など、一瞬で答えが出るはずです。

それがあなたの感情であり、直感です。

直感で感情を優先して判断することが、自信を持つことにもつながっていきます。

◇(3)ベイビーステップで物事を進める

いきなり結婚という大きな目標を立てると、「それを達成できない自分はダメなんだ」と自信をなくしてしまいます。

ベイビーステップ、つまり「小さな一歩」を重ねるように、目標も小さく区切って進めるようにしましょう。

たとえば、「紹介を頼めそうな友人をピックアップする」という小さな目標を立てることからはじめます。

この目標を達成したら、次は「友人に紹介を頼むメッセージを送ったり電話をしたりする」という目標を設定。

さらに、今度は「友人紹介の男性と初デートをする」という目標を設定。

こんな具合に大きな目標を小さな目標で分解するようにしましょう。

達成するごとに目標を少しずつ上げるようにしていけば、確実に自信につながります。

◇(4)人と比べない

「自分の婚活がうまくいかない中で、他人から結婚の報告を受けると素直に喜べない……」というお話をよく聞きます。

現代の競争社会は、なんでも人との比較で表現されてしまいます。

でも本来、自分の幸せは自分が一番よくわかっており、他人との比較で表せるものではありません。

他人と比較すると、どうしても他人より豊かになろうとするので、結果としてそうでなくなったときに、自信を喪失してしまいます。

「ほかの人がどうだから」ではなく、「自分がどうしたいのか」という観点で物事を見るようにしましょう。

◇(5)自分のいいところをとにかく挙げてみる

自分に自信がない人は、自分の欠点ばかりに目が行きがちです。

でも待って! あなたにはいいところがたくさんあります。

実際に口に出すだけでもいいですが、ぜひ自分の「いいところ・強み」を挙げられるだけノートや紙に書き出してみましょう。

自己認識力を上げることが、自信を大いに回復させてくれます。

◇(6)ネガティブワードをポジティブワードに変換する

わたしたちの潜在意識は、実は主語を認識しません。

ネガティブな言葉を発すると、たとえそれが自分に向けた言葉でなくても、自分を主語に置き換えて受け取ってしまいます。

つまり、ネガティブな言葉ばかりを発していると、自分自身もどんどんネガティブになり、結果として自信のない卑屈な人間になってしまうのです。

ぜひ、ネガティブな言葉はポジティブな言葉に置き換えて発するようにしましょう。

たとえば、多くの人が使っているのが「すみません」という言葉。

何も悪くないのに、声をかけるときに「すみません」と言ってしまうのは、ネガティブへの第一歩です。

ぜひ「お願いします」に変換して言うようにしましょう。

◇(7)日々、感謝を心がける

心から感謝すると、たいていは感謝が返ってきます。

つまり、感謝できることが多ければ多いほど、セルフイメージが上がっていきます。

これは他人に対してだけでなく、自分に対する感謝でももちろんかまいません。

小さいころの自分でもいいし、ちょっと前の仕事中の自分でもけっこうです。

ぜひ、さまざまなシーンで感謝の心を持つようにしましょう。

感謝をしている状態は、自信を持っている状態に非常に近いといえるので、この習慣がつくことで、自信がみなぎるようになります。

◇(8)言葉のパワーを活用する

なりたい自分になるための言葉による思い込みづくりのことを、「アファメーション」といいます。

言葉の力で自分の潜在意識に働きかけ、成功を引き寄せるシンプルな方法です。

例)「私が笑顔の中心」「みんなが私にやさしくしてくれる」「今日の私は一番いい女!」「ポジティブな私が好き」

このように唱えると自分の気持ちが「上がる」言葉を、ぜひ声に出して言ってみましょう。

できるだけ毎日、シーンごとに口に出して唱えるとより効果的ですよ。

◇(9)自分自身を褒める

ぜひ、自分を褒めてあげましょう。

自信のない方は、自分を褒める習慣が皆無です。

明石家さんまさんも、「自分の一番のファンは、自分だ」とおっしゃっています。

先ほど記載したベイビーステップと合わせて褒めるようにすると、相乗効果があります。

自分自身を認めてあげることが、そのまま自信に直結していくのです。

◇(10)社会貢献をする

社会貢献といっても、大それたことをする必要はありません。

要は、人のためになるようなことができればいいです。

少額だけでも寄付をする、お掃除を手伝う、海外旅行者の道案内をしたりカメラのシャッターを押したりしてあげる、など。

どんなに小さなことでも、人のためになることをすることでセルフイメージが上がります。

「いいことしたな」という感覚が大事です。

社会貢献活動は、結果としてあなたに自信をもたらしてくれます。

■魅力のない人はこの世に存在しない

自信を持てるようになると、婚活もうまくいくようになります。

冒頭にもお伝えした通り、魅力のない人はこの世に存在しません。

上記の方法をできるところから試してみて、自分が世界で唯一無二の尊い存在だということを改めて感じてみてください。

みなさまの恋活・婚活が成功することを、心よりお祈りしております!

(澤口珠子)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年06月12日 17時10分

婚活 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。