既婚女性400人が教える、「彼に結婚を決意させた」方法

2019年06月10日 11時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

おつき合いは順調だし、そろそろ結婚を考えたいけど彼氏のほうにその気配がない。こんなとき、彼氏に結婚を意識させるにはどうすればいいのでしょうか。

既婚女性400人から聞いた「結婚のなれそめ」には、幸せなスタートへふたりで向かうためのヒントが隠されていました。

そろそろプロポーズしてほしい! という女性に向けて、恋愛コラムニストのひろたかおりがお伝えします。

■結婚を意識してから決断までにどんなことをした?

既婚女性たちは、結婚を意識し始めてから、彼に対してどんな行動をとっていたのでしょうか。あるいは彼からはどんなアプローチがあったのでしょうか。具体的にみていきましょう。

◇ストレートに聞いた

結婚 なれそめ

・「つき合いが長かったので、『いつ結婚する?』と単刀直入に聞きました」(29歳/事務系専門職)・「プロポーズは指輪をパカッとしてもらうのが夢、とストレートに伝えていました」(30歳/営業職)・「将来のこと、子どもがほしいということをよく伝えていた。年齢的に早く産みたかったので、『ゆっくり待っている時間はない!』と」(34歳/販売職・サービス系)

王道のアプローチはやはり、ストレートに言う・聞くということ。出産希望年齢のことなど、気になる点も早めに伝えておくのが一番の近道ですね。

◇結婚前提と伝えていた

結婚 なれそめ

・「お互い適齢期だったので、結婚してからの生計や仕事、生活スタイルなど、日ごろから話していた」(31歳/専門職)・「彼が以前交際していた人とは、4年間付き合っていたのに、結婚の話をはぐらかしていたらフラれたと聞いたので、『私はそんなに待つ気もないし、結婚するつもりもないなら他の人を探すように』と伝えておいた」(34歳/公務員・団体職員)・「同棲したので、そのままうやむやにならないように、半年後に婚約指輪がほしいことを伝えた」(33歳/事務系専門職)

“待たない”という意思を知っておいてもらうのは大事ですね。また、いついつまでにと期間を設けておくのも、“同棲のままダラダラ”となるのを防ぐのに有効のよう。

◇彼から匂わされた

結婚 なれそめ

・「結婚前提でつき合い始めたので、自然な流れで、『2人の通帳をつくって、毎月平等に貯金して、目標金額に達する頃合いを見て籍を入れよう』と彼に言われた」(28歳/専門職)・「こちらからアプローチはしてない。向こうが、子どもができたら……など、ときどき匂わせてきた」(32歳/販売職・サービス系)・「東京と地方の遠距離恋愛だったが、彼が会社に異動希望を出し、東京に来てくれた」(34歳/販売職・サービス系)

こんなふうに、彼のほうから具体的な提案をしてくれたという声も多くありました。お金のことや子どものことをきちんと考えて伝えてくれたらうれしいですよね。遠距離を乗り越えた決断力に拍手です。

■“彼に結婚を考えてもらう”ためのアプローチ

結婚 なれそめ

彼氏との結婚を意識したとき、多くの既婚女性がやっていたのが「彼氏にも結婚を考えてもらう」アプローチ。

●結婚情報誌を彼氏の前で読んでみた●結婚式や結婚生活について話題に出した●「○○歳までに結婚したい」「○○歳までに子どもを産みたい」と伝えた

結婚情報誌は男性にとってかなりプレッシャーになるため、賛否がわかれる気もしますが、交際から結婚に進みたい気持ちを具体的に伝えることで、彼のほうもその気になりやすく、スムーズに進むといえそう。ほかにも、

●友だちなど、身近な人が結婚したことを言ってみた●恋愛映画を一緒に観た●料理など家事力のアピールをした

など、それとなく結婚を意識させるような行動も、彼に結婚を意識させる方法としては有効なようですね。なかなか煮え切らない彼氏には、「結婚しないなら別れる」「これ以上待たない」など、多少強気で迫るのもありかもしれません。

結婚 なれそめ

一方、彼のほうからのアプローチでは、

●婚約指輪の好きな形を聞かれた●親へのあいさつや、結婚式場の見学を提案された●「結婚」の言葉が出るようになった

など、結婚につながる具体的な行動を起こされたことで話が進んだ、というケースが多く見られました。

男性にとっても、愛する彼女との結婚は人生の中で大きな決断です。遠距離恋愛をしていたけれど彼女のもとへ転職してくるなど、決意を見せる行動を起こすのですね。

■どんなプロポーズだった?

それでは実際に、どんなプロポーズをされた・したのでしょうか。ロマンティックな演出を準備された人、さりげなく言われた人、思いがけないタイミングでされた人など、みなさん、さまざまなプロポーズの思い出がありました。

◇ロマンティック&ドラマティック派

結婚 なれそめ

・「同棲している家でゴロゴロしていたときに、仕事から帰ってきた彼に花束を渡されて、『結婚してください』と言われた」(28歳/専門職)・「チャペルで手紙を読んで、『結婚してください』と」(30歳/専門職)・「大みそかに旅先の温泉で、『おんなじ苗字になってください!』と、年越しのタイミングで」(32歳/事務系専門職)・「結婚式の招待状を渡されて、開けると自分たちの名前が書いてあった」(34歳/専門職)

などなど、彼が一生懸命に考えてくれたであろう幸せな演出が、たくさん寄せられました。特に、「おつき合いの記念日」や「彼女の誕生日」、クリスマスやホワイトデーといったイベントに乗じてプロポーズをする男性が多く、より思い出に残る瞬間になるように、という男性の愛情が感じられますね。

◇そろそろどう……派

結婚 なれそめ

・「飲みに行った帰りに、『籍入れようか』と」(30歳/その他)・「同棲していたため、『そろそろ籍入れようか』と食事中に言われた」(30歳/専門職)・「遠距離恋愛で、久々に会ったときに」(29歳/専門職)・「授かり婚なのでプロポーズはなかった。代わりに、結婚披露宴にサプライズで、プロポーズのようなことをしてもらいました」(29歳/販売職・サービス系)

このように、実は一番多かったのが、いつもどおりの時間を過ごしているときに言われた、というパターン。大げさな演出がなくても、彼氏から自然に出た「結婚してください」の言葉には、「ふたりでいること」にしみじみと幸せを感じたことがわかります。

どんな瞬間であれ、そこには男性の大きな愛情と決意が込められているのがプロポーズです。ふたりにとって幸せな思い出となるように、素敵な笑顔で受け止めたいですね。

◇記念日だから!派

結婚 なれそめ

・「3月14日に彼の家で。円周率の3.14にちなんで“永遠に続く数字”ということで、この日のプロポーズになった」(33歳/その他)・「おつき合い記念日に温泉旅行をし、その日の夜に部屋で」(31歳/公務員・団体職員)・「私の誕生日の深夜0時に花束をプレゼントしてくれて、結婚しようと言ってもらいました」(32歳/販売職・サービス系)

記念日にプロポーズを考える男性は多いですが、彼女の誕生日など“女性が喜ぶタイミング”を選んでくれていると、喜びもひとしお。プロポーズを受け入れてほしいし、2人にとって一生の思い出に残る一瞬にしたい……そんな気持ちが伝わってきます。

また、旅先でのプロポーズのようなサプライズも、彼女に喜んでほしいから思いつくこと。結婚してからも、プロポーズの舞台として、2人で大切にしたい特別な場所になるでしょう。

待つばかりではなく、女性からもアプローチしていこう

結婚 なれそめ

彼からプロポーズされたい! と願う女性は多いですが、だからといって待つばかりの姿勢では、彼のほうが一向に結婚を考えないままダラダラと時間ばかりが過ぎてしまう、なんてこともあります。

彼氏をその気にさせるなら、女性からアプローチしていく勇気も大切です。

結婚生活を想像させるようなデートや話題、指輪や結婚式のことなど、自分の理想を少しずつ彼に伝えていきましょう。

彼にも一緒に考えてもらう機会を作ることで、結婚をより身近に感じられるようになります。

(ひろたかおり)※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年5月23日~5月25日調査人数:384人(22~34歳の働く既婚女性)

マイナビウーマン

2019年06月10日 11時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。