日本人女子が外国人にモテる理由

こんにちは。ダーリンはアメリカ人のパンジー薫です。

大失恋がキッカケで国際恋愛デビューして、今年で5年になりました。

「日本人女性はモテる」。巷でよく聞くこの言葉を信じ、国際交流パーティへの扉をたたいたあの日が懐かしいです(笑)。

さて、この「日本人モテる」説。嘘か本当か気になる人も多いのでは?

そこで私の経験から、「国際恋愛のリアル」をシェアしたと思います。

■日本人はモテるのか?

海外旅行から帰った友人から「現地でモテた」という土産話を聞かされたことはありませんか。

私はあります。インドに行った友人から、台湾に行った友人から、そしてヨーロッパに行った妹から……。

かくいう私も「実はセブ島でさ~……」って話をしたことがあります(笑)。

「日本人は外国人にモテる」のでしょうか。それとも友人ら(私も?)の勘違いなのでしょうか?

◇日本人女性は外国人男性にモテる?

個人的な見解ですが、日本人女性は外国人男性にモテると思います。

というのも、国内外問わず、日本人女性と外国人男性がデートしているところをよく目にしてきたからです。また、声をかけられて、楽しそうに話している場面もいたるところで目撃してきました。

ちなみに台湾でモテた友人は、台湾マッサージに行くたびに、担当する男性から連絡先を聞かれたそう。インドでモテた友人は、写真を一緒にとってほしいと行列ができ、また観光している間ずっと、後ろをついて歩くおっかけ(?)がいたそうです。どれも日本ではありえないモテ方ですよね(笑)。

とはいえこれらがすべて勘違いだったら悲しいので、アメリカ人の夫に「外国人から見た日本人女性」について聞いてみました。

すると、「オシャレでかわいらしい人が多い」と好印象。独立心が強く男らしい人が多いアメリカ人女性と比べて、日本人女性には守ってあげたくなる魅力があるのだとか。

また、親切でフレンドリーなところもキュートだよね、と教えてくれました。

あくまで夫の意見ですが、同じような印象を抱いている外国人男性は少なくないのだそうです。

◇日本人男性は外国人女性にモテる?

では、男女逆だとどうなのでしょうか。「日本人男性は海外でモテない」なんて噂も聞いたことがあります。

残念ながら、私の知り合いには「日本人男性と外国人女性の国際カップル」はいません。SNS上で見かける「#国際恋愛している方と繋がりたい」の投稿もほとんど、日本人女性×外国人男性の組み合わせばかりです。

じゃあやっぱり日本人男性はモテないのでしょうか?

私はそうは思いません。外国人女性と付き合う日本人男性が少ないのは「魅力の問題」ではなく、「シャイが多いから」だと思っています。

実際に、国際交流パーティに行っても日本人男性の参加者はとても少ないです。外国人がよく集まる銀座や六本木などのレストランやバーなどでも、日本人女性に声をかける外国人男性はチラホラ目にするものの、日本人男性が外国人女性に声をかけているシーンを私は一度も見たことがありません。やはり「英語でアプローチ」はハードルが高いからでしょうか?

とはいえ外国人女性たちからの印象は「真面目でやさしい」「オシャレでかわいい」と高評価なので、もったいないですね……。

■日本人女性が外国人にモテる理由

さて、「日本人女性はモテる」とお話ししてきましたが、具体的にどんなところが海外ウケするのか気になりませんか。

ここからは私が考える日本人女性がモテる理由を紹介します。

◇理由1:エキゾチックな魅力がある

アジア女性特有の黒髪や華奢な体つき、愛嬌のある顔に魅力を感じる外国人男性は少なくありません。

私たちが西洋人の外見に憧れるのと一緒で、自国の異性とまったくちがうタイプは魅力的に映りますよね。

また、童顔で老けにくく、いつまでもキレイなところも定評があるようです。

◇理由2:庇護欲をくすぐられる

欧米女性に比べ、よくも悪くも自己主張がそこまで強くない日本人女性。

欧米女性の多くは男性が手を差し伸べるスキを与えないのに対し、日本人女性はうまく男性の力を借りることができます。

男性ヘの柔らかな対応、そして「守ってあげたい」と思わせる適度な甘え。そんな一面に惹かれる外国人男性も少なくないのです。

◇理由3:ファッションがオシャレで女性らしい

欧米の女性は、ジャージやヨガパンツ、ジーパンにTシャツなど、比較的ラフな格好をすることが多いそう。

そのため夫は来日して、フェミニンなファッションに身を包む日本人女性を見てビックリしたと言います。なかでもスカートをはく女性が多いことには感動すら覚えたそう(笑)。

このように、日本人女性のファッションが好きという外国人男性もいます。

◇理由4:やさしくて気づかいができる

細やかな気づかいができるのも、魅力のひとつのようです。

日本では多くの女性が恋人に手料理を振舞ったり、病気のときに看病したりしますが、出身国によっては「そんなにやさしくしてくれるの!?」と驚かれます。

特にレディファースト文化のある国では、男性からやさしくされて当然だと思っている女性が多く、男性に何かをするのはマレということも。

そんな国の男性からしたら、日本人女性の気づかいや尽くす姿が眩しく感じるのもわかりますよね。

◇理由5:大人しくて従順というイメージがある

「アメリカ人男性はワイルド」、「イギリス男性は紳士」など、国によってイメージってありますよね。

海外で日本人女性は「大人しくて従順」だというイメージがあるため、そのイメージから日本人女性を好む人も少なくないようです。

■日本人女性がモテる国とは?

恋愛において、自分のモテるフィールドを把握することはとっても大事ですよね。

日本人女性は「どこの国ウケ」するのでしょうか。

結論から言うと、よくわかりません(笑)。

「日本人女性がモテるのはここの国です!」とお伝えできればいいのですが、割といろんな国からモテている印象があって、ひとつに絞れません。

一概にどことは言えないものの、経験上「日本にいる外国人男性」は、日本人女性を好む人が多いような気がします。

当然と言えば当然ですが、日本の文化や人柄に惹かれて来日している場合、特にその傾向が強いですね。

外国人と恋愛したい人は、日本好きが高じて来日しているタイプか、滞在歴が長くて日本に溶け込んでいるタイプを狙うとうまくいくと思います。

■モテる人とモテない人がいる。外国人男性にモテる日本人女性の特徴

「日本人はモテる」といっても、もちろん誰でもモテるわけではありません。

では、外国人男性が好む日本人女性のタイプとは?

◇笑顔がステキで表情豊かな人

私は過去に参加した国際交流パーティで、いろんな国の男性から声をかけられ楽しそうに過ごす女性、誰からも声をかけられず寂しそうにしている日本人女性の両方を見てきました。

同じくらいかわいいなのに一方はモテて、一方はモテない。両者のちがいはなんだと思いますか?

モテる女性には明るく、楽しそうに笑っている人が多かったのです。一方、モテない女性には暗く、笑顔が乏しい人がほとんどでした。

夫も言っていましたが、男性は「女性の表情」をよく見ているそうです。笑顔が多い女性はそれだけでかわいく見えるのだそう。また、声をかけてくる女性は少ないため、笑顔で話しかけてくる女性はそれだけで好感が持てるとも言っていました。

これは万国共通の男性心理かもしれません。ただし、相手が外国人となると、「言葉の壁」もあるので、より笑顔が重要になってくるのです。

外国人男性に話しかけるのは勇気がいりますが、笑顔で“Hi”“Hello”からぜひはじめてみてください。国際恋愛デビューへの道は意外と難しくありません♪

◇長くて美しい黒髪の女性

そのほかにモテを左右する要素を強いてあげるならばヘアスタイルでしょうか……!

外国人(特に欧米)の男性は女性をよく褒めますが、中でも髪の毛は別格です。

彼らの目には黒くて長い髪はすごく魅力的に映るようです。

もちろんショートヘアが好きな外国人男性もいるとは思います。でも、私のまわりの国際恋愛をしている女性はそろって、「ロングヘア」か「ミドルヘア」です。

長い髪の女性を好むのには、「女性だとハッキリわかる」という理由もあるのかもしれません。

以前、知り合いのアメリカ人がショートカットの女性を見て、「あれは男性?」と聞いてきたのです……。私の夫もショートカットの女性をたびたび男性とまちがえることがあります。信じられない話ですよね。

とはいえ、洋画を見ていて「登場人物の見分けがなかなかつかない」という経験をしたことのある人も多いのでは? 人種がちがうだけでも、見分けるのは容易にはいかないもの。

とにかく外国人男性には、日本人男性以上に、笑顔と「わかりやすさ」を提供するのがモテるカギのようです。

私に日本は狭すぎる!? 海外の反応を試してみても◎

これからますますグローバル化する時代、国内だけで恋愛してるなんてもったいない! 日本人女性に魅力を感じている外国人男性はたくさんいます。

彼氏がなかなかできない、モテない、なんて悩んだら、「外国人の彼氏」という選択肢を加えてみては?

人のモテ期は一生に3回なんていうけれど、“恋のグローバル化”でその数はまだまだ増やせるんじゃないでしょうか!

(パンジー薫)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。