あまのじゃくな男性に「してはいけないこと」

2019年05月24日 07時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

「彼氏があまのじゃくすぎて何を考えてるかわかんない!」恋人があまのじゃくな性格で、本心がわからなすぎて困っている女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、「あまのじゃくな男性の特徴と上手に付き合う方法」についてお話しさせていただきます。

■あまのじゃくな男性の特徴

彼らの傾向として高いものを次にまとめてみました。

・前もって予定を決めるのが嫌い・明らかに好意を持ってくれているはずなのに、こちらから愛情表現をすると素っ気なくされたり冷たくされたりする・彼氏らしいことをたくさんしてくれてはいるが、「好き」とは言ってくれない・本人なりの愛情表現はしてくれるけど、けなしたり貶めたりするようなことを言ってくる・とにかくほめてくれない・たまにひどいことも言う・言っていることがコロコロ変わったり、言ったことを覚えてなかったりすることがある・風邪をひいたときなど、「仕事休めば?」「身体弱いな」というように連絡はくれるが心配してくれない・ほかの男性の話になると突き放すようなことを言ったり、話題にあがった男性をけなしたりするようなことを言う・束縛はしないけれど、LINEやメールの返信が遅くなると素っ気なくなったり冷たくなったり、場合によっては突き放したりする

傾向として高い項目を挙げてみましたが、端的に言うと「とにかく気分屋で素直じゃない」のが、あまのじゃくな男性です

■あまのじゃくな男性になった背景

あまのじゃくな男性は基本的に、思っていることを言えないかつ、言わない上に、口が悪いことが多いです。

彼の「してくれていること」に目を向けることができないと、気持ちがわからず振り回されてしまいます。

では、なぜ彼らはあまのじゃくな性格になってしまったのでしょう。

◇原因(1)幼少期に感情を抑圧されていた

理由のひとつに、育った環境が考えられます。

小さいころから感情を抑圧する生活を余儀なくされていた人は、思っていることを言えないまま大人になることが多いです。

親が子の主張をことごとく受け入れなかったり、支配的で否定的だったりするとそうなりやすいのですが、中には、「親が大変そうだからワガママを言えない」という理由で、感情を抑圧していた人もいます。

そして、あまのじゃくな男性は「他人に悪ふざけを過剰にする」「人の意見を認めたら負けだと思っている」「自分の本当の気持ちを認めたくない」という子どもっぽい一面があることが多いです。

これは、子ども時代に感情を抑圧していたことで、大人になってから子どものときにできなかったことを無意識にしているケースがあります。

◇原因(2)反動形成

自分の気持ちと正反対のことを言うのは、反動形成が原因です。

反動形成とは、本心を隠すために本心とは真逆の行動を取ってしまうことでして、自分を守るための防衛手段になります。

あまのじゃくな男性が、彼女のことを大好きなくせに大嫌いだと言ったり、本当はほめたいのにディスったりするのが反動形成に該当します。

なぜ、これが防衛手段になるのかというと、「女に好きと言うのはカッコ悪い」「ベタベタするのは恥ずかしい」「ほめて調子に乗られたら負けた気がする」といった、自分の価値観を守りたいからです。

ほかにも、「好きだと認めたくない」から真逆の言動をしているケースもありますが、恐怖や不安から攻撃に出ている場合もありますね。

なぜ恐怖や不安を感じるかというと、自分は好きだけど相手は好きじゃないかもしれないので、そうすると傷つくのは自分ですよね。

そこで、自分を守るために、素っ気なくしたり冷たくしたりといった攻撃に出るわけです。

小学生の男の子が、好きな女の子に意地悪するという例がわかりやすいのではないでしょうか。

◇原因(3)相手の気持ちを試している

また、彼らがひどいことを言ってくるのは、「自分のことをどこまで受け止めてくれるのか?」を無意識に試していることが、理由のひとつとして考えられます。

子ども時代に感情を抑圧されていると、親が丸ごと受け入れてくれたという実感を得られていないことが多いので、親でさえしてくれなかったことを、他人がどこまでしてくれるのかわからないんですよね。

ちなみに、親がちゃんと受け入れていても、成長過程で子どものことを叱ったり怒ったりしなかった場合、思春期に中二病をこじらせたまま大人になったあまのじゃくタイプもいます。

そういう男性は、わざと人に逆らうような言動をしたり、みんなが楽しんでいる場面でも一匹狼を演じたりしているのですが、「異端児な俺カッコいい」というしょうもない心理が元になっています。

親は子どものことを愛していても、「あんたそれ、カッコいいと思ってやってんの?」「もう恥ずかしいからやめなさい」と注意してないと、中二病こじらせタイプのあまのじゃくな男性になることが稀にあるんですよね。

このタイプの人は大人になって、「俺、超カッコ悪いじゃん!」と気づいて軌道修正をし、同窓会などで級友と再会して「お前、そんなキャラちゃうかったやん!」と言われることがしばしばあります。

■あまのじゃくな彼氏と上手に付き合う方法は「素直」になること

あまのじゃくな彼氏と上手に付き合うためには、とにかく素直になることです。

あまのじゃくな男性にあまのじゃくな態度で接すると、腹の探り合いにしかなりません。

「私の彼氏があまのじゃくな人で、どうやって接していいかわかりません」というご相談をいただいたとき、話をよく聞いてみると、その女性が思っていることを彼氏にぜんぜん伝えてなかったことから、男性も本心を話せなくなってしまったという事例がかなりあります。

あまのじゃくなのは彼氏である男性ではなく、実は女性のほうだったというケースは枚挙にいとまがないです。

本当に男性があまのじゃく気質だった場合、前述のように「自分のことをどこまで受け止めてくれるのか?」を試している場合が多いので、恋愛うんぬんは関係なく「人として」信用されることが大前提なんですよ。

そもそも、相手があまのじゃくであろうがなかろうが、人として信用できない異性に心を開くことはできないですからね。

なので、嘘をつかず思っていることをちゃんと言葉に出し、誠実に対応することが大切です。

それから、あまのじゃくな男性は思っていることを言えないかつ、言わないので、彼らの言葉に目を向けるのではなく「行動」や「してくれていること」に目を向けましょう。

注意点としては、「さみしかったんだな」「会いたかったんだな」というように、あまのじゃくな言動の裏側にある心理をわかったとしても、それを茶化すようなことは言わないほうがいいです。

うれしくなって「あれれ~? さみしかったの~?」なんて言ってしまい、「もういい」と言われ、いきなり心を閉ざされることは珍しくありません。

あと、デートに誘ったときなど、「どうしよっかなー」「めんどくさいんだよなあ」と言われることがよくあるのも、あまのじゃくな男性の特徴です。

この場合、相手に判断を委ねるのではなく、「いいじゃん行こうよ!」というように一度は押してみることをおすすめします。

このような例にかぎらず、相手が発言したセリフをそのまま受け止めるのではなく、あえて「真逆の提案」をしてみると、すんなり事が運ぶ場合がよくありますね。

自分の気持ちを伝えることが大切

以上が、「あまのじゃくな男性の特徴と上手に付き合う方法」になります。

彼らは、ときにひどいことを言ってきたり、してきたりすることもあるので、あなたが不快な気持ちになった場合は、「そういうことを言われると(されると)傷つくからやめてほしい」とはっきり言うことも大切です。

あなたに対しての扱い方を相手にわかってもらうためでもありますが、「嫌なことを嫌だと言えない恋愛」は決して長続きしません。

それから、これが一番大事なことかもしれませんが、こういう記事を書くと、自分の好きな人や恋人を無理やり「あまのじゃくタイプ」に分類する女性がいますが、人間をひとつの枠組みにカテゴライズすることは不可能なので、目の前の男性の「人となり」をちゃんと見ましょう。

「私の彼氏はあまのじゃくなんです」と言う女性のお話をよくよく聞いてみると、「人と向き合うことがまったくできず、不誠実なただの大嘘つきな男性」だったという事例はたくさんあるので、お忘れなく。

(藤本シゲユキ)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年05月24日 07時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。