「優柔不断な彼」の背中を押す方法

2019年05月23日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

友だち以上恋人未満の関係を1年も続けているのに、全然彼女にしてくれない、もう2年もつきあってるのに、彼がプロポーズしてくれない、などと、優柔不断の彼に悩む女性は多いもの。どうして彼が白黒はっきりしてくれないのかを考えてみましょう。

■愛情と時間は比例しない

優柔不断な彼そもそも、なぜ「もう○年も」というグチが出てしまうのでしょう。長く交際していればそれだけ関係が深まる、というわけではないのです。ときどき、出会って間もないのに結婚するカップルもいるように、恋愛感情というのは時間に比例していません。

けれど女性のほうは、時間がたてばたつほどイライラして、男性を責めたくなる生き物。自分が損をしてしまっているかのように感じてしまうせいなのです。

K美さんもそのひとり。もうすぐ30歳になってしまうのに、恋人がなかなか結婚を切り出してくれないことで「このままじゃ婚期を逃しちゃう」と焦っています。

◇せっかちすぎる女性が損をする

優柔不断な彼

女性は30歳、35歳など、年齢の区切りをかなり気にします。その大きな理由は妊娠。「子どもを作りたいから30代で結婚したい」という気持ちが強いので、急いでいることが多いのです。

いっぽう男性は妊娠をするわけではないので、急いで結婚する必要をそれほど感じていません。そこに両者の大きな差があるようです。

タイムリミットを意識するあまり、女性は恋愛でもせっかちです。「彼女にするの? しないの?」と白黒つけたくて彼にせまる女性の言い分は、「ダメなら早く次にいきたいから」。

自分の想定する年齢での結婚を急ぐあまり、相手に○か×かと答えをせかしてしまいがち。けれど先を急ぎすぎると損をしてしまいます。

◇タイミングを待つロマンチストな男性

優柔不断な彼

いっぽう、男性の言い分を聞いてみると、「彼女の気持ちはうすうすわかってる。友だちが結婚したとか、なにかと結婚の話題を出してくるし……。はっきりしなきゃ悪いなとは、わかっているんだけど」と、女性の思いは伝わっているようす。

「結婚するなら彼女だろうなと思ってはいるんだけど」と言うのに、なぜゴールインへ踏み切らないのでしょうか。

実はその理由は、「いまだ! というタイミングがないので、切り出す理由が見えない」というものでした。恋人のままでもじゅうぶん楽しいので、双方の親へのあいさつや披露宴の手配などで忙殺されそうな結婚にしり込みしてしまうのです。

特に、仕事で多忙なときには、結婚のあれこれは、避けたがるのです。

■ベストなタイミングはいつ?

優柔不断な彼それでは彼らの言う「ベストなタイミング」とは、どんなときなのでしょう。

実は、「彼女の誕生日」にプロポーズをする人が多いのです。バースデーにはもともと、プレゼントなど、彼女が喜びそうなものを用意しているもの。それにさらにサプライズで彼女をもっと幸せにするために、プロポーズを用意するのです。

ただでさえ喜んでくれる彼女にさらにおいうちをかけ、感激で涙してくれたら、彼は大満足し、結婚を決意してよかった、と思うはず。「自分はひとりの女性をこんなにも幸せにできる男なのだ」という誇りこそが、男を燃えさせるのです。

このドラマティックなシーンが心にあるからこそ、この先のさまざまな手続きにも立ち向かえる気になれるのでしょう。

◇バースデーにプロポーズしてくれない彼の心理

優柔不断な彼「でも私の彼は、バースデーの時にプロポーズをしてくれなかった……」とため息をつく女性も少なくないでしょう。それはもしかしたら彼なりのタイミングではなかったのかもしれません。

何人かの男性は「彼女が30歳になったから」などと、年齢に区切りがつくころに決断をします。人によっては「彼女が30になる前に」と、29歳の時にプロポーズをすることも多いもの。

ここで先ほどの、プロポーズ待ちのK美さんの話に戻りますが、彼女もバースデー・プロポーズをしてもらえないひとりでした。でもその原因は彼女にもある、と私は思います。

K美さんは「私たちってこれからどうなるの?」と彼に何度もたずねたり、「友だちのなかで結婚してないの私だけなんだよ」と訴えてみたりと、彼にプレッシャーをかけていたのです。

◇いつまで待てば、プロポーズしてくれるの?

優柔不断な彼は、いったいいつになったら告白やプロポーズをしてくれるのでしょう。

答えは簡単で、「いったいいつになったら」というその考えそのものを消し去ることなのです。このワードには、煮えきらない彼への恨み節が詰まっています。たとえ彼に直接なげかけなくても、心の中でそう思っているということはなんとなく彼に伝わってしまうもの。

なかなか決断してくれない彼にジリジリする日々を送っていると、彼をチクチク責めるような態度をしていたり、友だちの結婚ネタを持ち出したりと、自分では気づかないうちに、“結婚してして”アピールが強くなってしまいがち。そうすると彼としては、あなたに迫られて結婚するかのように感じてしまい、かえってプロポーズする気が失せてしまうのです。

◇「一緒にいると楽しいね!」が、最高の“背中押し”ワード

K美さんはそこに気づき、「こんなに待っているのに……」と彼へネガティブな気持ちを抱くことを一切やめました。

待ってばかりいる自分をやめたら、目の前には自由な世界が広がっていたのです。

K美さんは前から興味があった習いごとをはじめたり、女友だちと飲みに行ったりと、いきいきと活動しはじめました。動いてみて初めて、くよくよすることに今までどれだけ時間を消費してしまったのか気づいたのです。

そして思いがけないうれしいことが起きました。楽しそうに出歩くようになったK美さんが気になるのか、彼のほうからひんぱんに連絡が来るようになったのです。

他にも行く場所ができたK美さんは、彼とのデートも心から楽しめるようになりました。「やっぱりあなたといる時がいちばん楽しい!」と自然とそんな言葉が口をつき、幸せそうなほほえみが浮かびます。そうしたら彼のほうから「ずっと一緒にいようか」とプロポーズしてくれたのです。

彼を優柔不断にしているのは、あなた自身の態度かも

告白やプロポーズを待っている女性は、もしかしたら悲しそうな、うらめしそうな目つきで彼を見てしまっているのかもしれません。彼をますます優柔不断にしているのは、もしかしたらそうした態度なのかもしれないのです。

男性はそういう顔をされると、非難されているようで逃げ腰になってしまうもの。せっかく大好きな彼を前にしているのだから、うれしそうな笑顔で、彼との時間を思いきり楽しんでみましょう。そうすればあっけないほど簡単に、幸せがい込んでくるのかもしれません。

(内藤みか)

マイナビウーマン

2019年05月23日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。