「復縁したいとき」やっちゃダメなこと

2019年05月21日 21時10分

恋愛 マイナビウーマン

大好きだった人に振られるのは、誰だってつらいものですよね。

できることなら、すぐにでも元彼のことなど忘れて次の恋に向かいたいところ。しかし、失恋のダメージが大きい恋ほど忘れられずにヨリを戻りたいと考えてしまう女性も少なくありません。

そこで今回の記事では、元彼が忘れられない女性のために復縁成功・失敗体験談を紹介します。復縁した人のエピソードが知りたい、元彼と復縁したいと考えている方は要チェックです。

■復縁成功体験談10選

復縁を一度は考えたことのある人であれば、成功者のエピソードは知りたいところ。

そこで、マイナビウーマンでは働く未婚女性388人を対象に「復縁成功体験談」のアンケートを実施。成功した秘訣を聞いてみました。

その中でも、特に多かったものをピックアップして10個紹介します。

元彼と復縁したいと考えている女性は、ぜひ参考にしてくださいね。

◇冷却期間を置いてから連絡を取った

・「5年付き合って先が見えなかったので別れたが、しばらくしてまた連絡取り合い元に戻った」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

別れたあとに冷却期間を置くことで、お互いに冷静な気持ちで過去の恋に向き合うことができるため、復縁しやすくなるようです。

◇携帯の番号を変えずにおいた

・「携帯の番号を変えずにいたら、相手から久しぶりに連絡があって会うことになった」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

少しでも未練があれば、携帯番号を変えないままにしておくと復縁のチャンスが訪れることも。筆者も別れて1年後に元彼から「もう一度戻りたい」とメールが届いたことがありました。

◇ほかの男を匂わせた

・「別れて半年後、自分が新しい男性と遊びはじめたことに嫉妬して『やり直してほしい』と言われた」(26歳/医療・福祉/専門職)

あえてほかの男性の存在を匂わせることで、復縁のチャンスが巡ってくる可能性があるようです。

ただし、彼が「連絡も取りたくない」など、あなたを断固拒否している場合であれば、意味がありません。

◇自分から復縁を迫った!

・「別れを決めたが、いざ離れてみるとやっぱり彼なしではやっていけない。そう思ったのをきっかけに、自分から復縁をした」(25歳/その他/その他)

ストレートに気持ちを伝えることで、復縁チャンスが巡ってくることも。成功の秘訣は、素直に気持ちを伝えること。回りくどい言い回し方をせずに「戻りたい」と伝えてみましょう。

ただし、復縁を迫るときは重いメッセージになりすぎないよう注意。筆者も過去に復縁したい思いをつらつらとLINEメッセージで送ったらブロックされたことがあります。

◇2年ののちにたまたま再会して復縁

・「2年後、たまたま再会してまた連絡を取り合うようになり、一緒にいて楽しくて復縁した。まだ続いています」(26歳/医療・福祉/専門職)

ポイントは2年という期間が空いたのちに、偶然再会したことです。

しっかり冷却期間が置け、意図せず再会。運命すら感じてしまいますね。復縁がうまくいきやすいパターンです。

たまたま再会、といった偶然は、いくらでも演出できるはず。大事なのはしっかり冷却期間を置くことですね。

◇復縁にベストなタイミングを図ってからアプローチ

・「元彼とは、交際中に『本命から告白されたから』と言われて振られた。しかし、彼が本命と別れたタイミングでもう一度告白をして復縁に成功した」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼の動向をチェックして、ベストなタイミングでアプローチすると復縁の成功率が高まります。

もし元彼の男友だちや知人と仲がいいのであれば、近況を教えてもらいましょう。女友だちとしてでも、彼と浅くつながり続けておくのも手かもしれません。

◇「まだ好きなの」と伝えた

・「2人が好きな映画があったので、彼を誘ってご飯を食べた。やっぱりこの人だと思えたので『まだ好きなの』と話したら『ヨリ戻す?』と言われ復縁した」(27歳/その他/販売職・サービス系)

元彼と友人としていい関係を築けているのであれば、ストレートに好きな気持ちを伝えるのもオススメです。もちろん、現在彼女がいないなど彼の状況をよく理解した上で実行しましょう。

◇顔を合わせるうちに自然と復縁!

・「同じ職場で会う機会が多々あり、顔を合わせて話をするうちに自然にヨリを戻した」(31歳/医療・福祉/専門職)

元彼が同じ職場、サークル内であれば、別れても何度か顔を合わせることになります。職場やサークルの行事には必ず参加して、元彼と会うチャンスを増やしていきましょう。

◇共通の知人、友人を介して会った

・「1年ほど付き合って、2年後に共通の友だちを介して再会したのがキッカケで復縁した」(32歳/その他/販売職・サービス系)

共通の知人、友人がいるのであれば、復縁を助けてもらうのもオススメです。

ただ、口の軽い人の場合は元彼にアレコレと話してしまう可能性があるので、人選には注意しましょう。

◇放置してたら

・「放置し続けていたら、向こうから連絡がきた」(32歳/その他/その他)

少しでも元彼があなたに未練があれば、忘れたころに連絡がくる可能性があります。

ただし、あなたのことを嫌いになって別れた場合はどんなに放置をしても戻って来ることはないので注意です。

■復縁失敗体験談10選

「復縁を迫って、彼に嫌がられたらどうしよう」など、復縁したくても勇気が出せずに悶々としている女性は少なくありません。できることなら、失敗はしたくないものですよね?

そこで、続いてはアンケートで集まった「復縁失敗体験談」をご紹介。エピソードに多かったものを10個ピックアップします。

元彼と復縁したいとは思うものの「絶対に失敗したくない!」と考えている女性は以下の項目をチェックしてから復縁に臨みましょう。

◇寂しさに耐えられず、すぐにアタックした

・「別れたあと、すぐにアタックしたためうまくいかなかった」(29歳/医療・福祉/その他)

失恋すると、寂しくてすぐに連絡を取りたくなってしまうもの。

しかし、復縁したいときこそ別れてすぐに連絡を取らないようにしましょう。

◇既婚者との復縁

・「相手が既婚者だったことを知り別れたものの、好きだったため復縁した。しかし、復縁してからさらなる嘘が発覚して別れた」(28歳/金融・証券/専門職)

既婚者との恋は、最初から実らないとわかっているもの。

ちなみに、筆者の場合は既婚者ではなく婚約者のいる男性の浮気相手になったことがあります。結局、彼には「君を幸せにすることはできない」と言われて振られ、つらい思いをしました。

しかし、どんなに好きな相手であれ、実らない恋はハマっても無駄な時間です。潔く諦めましょう。

◇金銭トラブル

・「彼に貸したお金が返ってこないのがショックで別れました。復縁するときは楽しかった思い出が美化され、再び付き合ってしまいました。結局、彼とまた金銭トラブルがあり、この人は変わらないと思い別れてしまいました」(28歳/その他/その他)

復縁するときの注意点は、「別れの原因が克服できているかどうか」です。

お金にだらしない男性の多くは、人からお金を貸し借りすることに対して罪悪感がありません。もし恋人にお金の貸し借りを平気でするような男性であれば、あなたをATMとしか見ていません。それが変わっていなければ、同じようにトラブルになるのは目に見えています。

お金にだらしない彼との復縁は、覚悟がなければ決してしてはいけません。

◇やり直したいと何度も伝える

・「デートに誘って何度もやり直したいと伝えたけど、無理だった」(34歳/その他/事務系専門職)

そもそも彼に振られたのは、あなたになんらかの原因があるからこそ。その原因を払しょくできないままあなたがどんなに再アプローチしても、嫌がられるのがオチです。

ちなみに、筆者の場合は別れたあとに何度も元彼から「もう一度戻りたい」と涙声で留守電が入っていたことがありました。正直、嫌で別れたほうからすれば気持ち悪いだけ。

しつこくアプローチしても嫌がられるだけなので、くれぐれもしつこく誘うのはやめましょう。

◇友だちに戻りたいと言われた

・「別れてからのほうが心を開いて話せたので復縁した。しかし、彼から『友だちに戻りたい』と言われて別れた」(24歳/その他/事務系・専門職)

復縁ができたからといってゴールではありません。復縁できたことに浮かれて、変わらずにいたりすれば、別れは再び簡単にやってきます。

復縁したいときに2人の関係を見つめ直すのは当たり前ですが、復縁後も見つめ続ける必要があるのです。

◇親の反対があった

・「復縁したが、親の反対があって結局別れた」(33歳/医療・福祉/専門職)

復縁において重要なのは、「別れの原因が克服できるか」ですが、中には克服するのが非常に困難なものもありますよね。

そのひとつが親や親族といった、切っても切れない関係の第三者です。

彼を変えることだって難しいのに、その親ともなれば、変えることは不可能と言っても過言ではないぐらい。親の反対のある復縁は、非常に困難であると考えておきましょう。

◇お互いの嫌な部分を許せなかった

・「3年程付き合って同棲していたが、お互いの嫌な面を見て別れた。1年弱してもう一度同棲せずに交際した。しかし、お互いに自由人すぎて別れた」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「すぐに同じような理由で別れた。復縁はしないほうがいい。人は1カ月では変わらない」(30歳/学校・教育関連/その他)

人の性格は、そう簡単に変わるものではありません。もし性格の不一致で別れたのであれば、たとえ復縁しても同じ理由で別れる可能性が高いです。

復縁する前には、一度別れの原因を振り返り、克服できるものか確認するのも大切です。

◇すれちがい

・「復縁はしたが会うタイミングがなく別れた」(23歳/その他/その他)

元彼と会うタイミングが原因で別れているのであれば、最初から生活サイクルが合わないのでしょう。生活、時間が合わずに自然消滅するカップルは少なくないです。

それでも、元彼とどうしてもヨリを戻したいのであれば、あなた自身が彼の生活リズムに合わせる覚悟をしておく必要があります。

◇過去に浮気されたのに懲りずに復縁

・「二股をかけられて別れたが、私が忘れられず復縁を迫って復縁した。その後も浮気をされ、結局別れた」(27歳/医療・福祉/専門職)

浮気とは、病気のようなものです。

浮気を一度でもした男性であれば、次もあると思っておいたほうがよさそうです。

これも、別れの原因をちゃんと克服できていなかったため、復縁がうまくいかなかったパターンです。

◇アプローチ方法をまちがえた

・「彼への未練や思いを手紙に書いて復縁を迫ったが、うまくいかなかった」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

筆者の知人に、元彼に思いのこもった手紙とともに、2人の思い出の曲をピアノ演奏して録音し、元彼の自宅へ送りつけた女性がいました。

もちろん、元彼からは迷惑だとキレられて着信拒否されたそうです。

復縁を迫るときは、くれぐれも重いアピールになりすぎないように要注意です。

■復縁成功・失敗した先輩たちの教訓を生かそう

復縁の成功例失敗例から教訓や秘訣をまとめてみたいと思います。

◇復縁を成功に導く秘訣

思い出とは、美化されやすいもの。とくに別れてから日が経つと、楽しかったときのことばかり思い出すことも……。

彼の記憶が美化されるのを待ちましょう。別れてすぐに連絡を取ってはいけません。少なくとも数カ月は冷却期間を置いてから連絡してみるのがポイント。今回ピックアップした成功例でも、しばらく経ったあと復縁したケース、なかでも年単位で期間を置いたケースが目立ちました。

本当に彼と縁があれば、復縁のチャンスは必ず巡ってきます。そのときまで、携帯の番号などは変更せず、友だちとしてつながれるのならつながりつつ、じっと耐えて待ちましょう。

◇復縁失敗例から学ぶポイント

人の悪い癖は、簡単には治りません。彼の浮気、金銭トラブル、性格の不一致が原因で別れた場合は、復縁してもまた同じことを繰り返す可能性大!

冷却期間を置いたからといって、必ずしも解決するものではありません。

復縁を失敗されている方の体験を振り返ると、別れの原因を振り返ることなくヨリを元しているケースが大半。同じ過ちを犯さないためにも、復縁を考える前に別れの原因をとことん振り返って克服しておくことが大切です。

先輩たちの、成功も失敗も、ぜひあなたの復縁に役立ててみてくださいね。

(みくまゆたん)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年4月5日~4月8日調査人数:388人(22~34歳の働く未婚女性)

マイナビウーマン

2019年05月21日 21時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。