「彼女いない歴=年齢の男性」と付き合う作法

2019年05月20日 21時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

付き合った彼氏が「彼女いない歴=年齢」だった。

つまり皆様が彼にとっての人生初彼女。

初めてというのは何事も忘れ難いもので御座いますが、そんな彼の初めての彼女としてどんなことに注意をすればよいのでしょうか?

今回はそんな初めての彼女として注意すべき点についてお話しさせて頂きます。

■忘れられない? 「初彼女」ってどんな存在?

男性にとって「初めての彼女」というのはその後の人生の恋愛遍歴を決定付ける存在であるといっても過言ではありません。

◇今後付き合う女性の系統を決めてしまう

たいていの方は大体いつも同じような系統の異性とお付き合いをするのです。つまり初彼女こそが今後付き合う女性の系統を決めてしまうといえるでしょう。

初彼女が清楚系だった男性は清楚系の女性とばかり付き合うようになりますし、初彼女がギャル系だった男性はギャル系の女性とばかり付き合うので御座います。

◇「過去の女性」と比較されない唯一の女性

また、悪いとわかっていても人間は過去の恋人と今の恋人を比較してしまうもの。

そんな中、初彼女は唯一「過去の女性」と比較されない女性で御座います。そして2人目以降の女性は「初彼女」と比較されよいか悪いかを判断されてしまうもので御座います。

◇その後の恋愛の「判断基準」

つまり「初彼女」というのはその男性にとって「あの子よりもよいか悪いか」という「判断基準」となるのです。

女性からすれば知ったことではありませんが責任重大な立場であるといえるでしょう。

もちろん責任重大とはいえ、仮に大失敗をしてもその結果困るのは男性と2人目以降の彼女であるので、皆様が特に気にされる必要は御座いません。

■「初彼女」としての作法。付き合う上での3つの注意点

彼にとって初めての彼女であったとしても、基本的に普通の彼氏と接し方を変える必要はないでしょう。

しかし、皆様が初彼女になった場合3つだけ注意をしなければならいことが御座います。

以下の3点だけくれぐれもご注意くださいませ。

◇1)自分にとっては「初彼氏」ではないことを口にしない

テーマパークには、着ぐるみを着たキャラクターが存在します。

あれが着ぐるみであることは誰もが知っていることで御座いますが、それでも誰ひとりとしてアレを指差して「中におっさんが入ってんだろう?」とは口に致しません。

みんな知ってる。けど誰も言わない。

その紳士協定によってあの世界は保たれているのです。みんな答えを知っているけれど、決してそれを口にしてはいけない。何故なら夢が崩れてしまうから。

“彼氏いたことある問題”もテーマパークの着ぐるみと同じようなものでしょう。

よほどヤバいタイプの男性を除けば、目の前の女性に過去彼氏がいたことくらい知っております。確証こそ無かったとしても「まぁ普通にいたことあるんだろうな」くらいには考えているのです。

しかし、女性がそれを口にしなければそのことを考えなくて済むことでしょう。

心の中では薄々「まぁいたことあるんだろうな……」と思いながらも、最後の一線が守られるのです。

ですので特に初彼女の男性に対しては元カレの話をしてはいけません。そんなことを言っても誰も何も得をしないので口にしないに越したことはないのです。

もちろんわざわざ「彼氏いたことない」と嘘をつく必要は御座いませんが、出来る限り「いた」と明言しないほうがいいでしょう。

◇2)彼の夢を叶えてあげる

たとえば20歳で人生初めての彼女が出来たとしたら、その女性は20年分の男性の思いをぶつけられることになるでしょう。

それはよい思いもあれば、悪い思いも御座います。よい思いは受け止めて、悪い思いは受け流すことが重要なのですが、よい悪いとは別に「願望」という思いもまた彼の中には存在するのです。

たとえば「彼女と一緒にプラネタリウムに行きたい」とか「彼女と一緒に水族館に行きたい」とか、彼女がいない男性が考えがちな妄想というものがひとつや2つ必ずあるといえるでしょう。

もちろんそれらは妄想なので、得てして女性の気持ちを考えておりません。しかし、考えていないとはいえ、そこまで極端に問題のある願望ではないことがほとんどなので、叶えてあげると関係は非常に良好になるでしょう。

初彼女は彼らの年齢分の思いをぶつけられてしまうのです。中学生のころに考えた理想のデートという思いも、高校生のころに考えたこんなことしてほしいという妄想も、すべてが初彼女の元にやってくるのです。

もちろん、すべてを叶えろとは申しませんが、彼の長年の願望をほんの少しだけでも叶えて頂ければ幸いです。

◇3)振ってあげる

もしも初彼女になり、そして不幸にも関係が悪化した場合、彼を振ってあげる必要があるでしょう。

もともと男性は女性をあまり振らない生き物で御座いますが、その中でも特に初彼女の男性はまず彼女を振ることがありません。

ですので関係を終わらせるためには初彼女である皆様が別れを切り出す必要があるでしょう。

逆にいえば、初彼女が出来た男性はまず皆様を振ることが御座いませんので安心して頂ければ幸いです。

■別れに繋がる? 「初彼女」がやっちゃダメな3つのこと

初彼女を自ら振ることが出来る男性はほぼ存在いたしません。

そのため女性がどれだけ暴君になったとしても、女性から別れを切り出さない限り関係が終わることはほぼないでしょう。

しかし関係が終わらないといっても、それはあくまでも「振られない」というだけの話。女性が悪いことをすれば関係が冷え込むのは避けられません。

それでは彼が初彼女の場合、どのようなことをすると関係が冷え込んでしまうのでしょうか?

◇1)自分の初彼氏ではないことを口にする

前段でも触れましたが、たとえ初彼女の男性でなかったとしても、過去の彼氏の話をするのは避けたほうが無難で御座います。特に初彼女の男性の場合、過去の彼氏の話をされるのは精神的に大きなダメージを受けてしまいます。

年齢にもよりますが、彼女がいなかった男性というのは多かれ少なかれそれをコンプレックスに感じているもの。ですので自分の彼女は初めてではないと知るとそれはそれは甚大なダメージを受けてしまうことになるでしょう。

わざわざ「元カレ」の話をするようなことは出来る限り避けた方が無難で御座います。

◇2)下手なことをバカにする

野球をやったことのないイチロー選手と、高校球児で比較すればまちがいなく高校球児のほうが野球が上手いことでしょう。

人間誰しも経験を積まなければ能力を発揮することは出来ないのです。

これは恋愛も同じでしょう。

初めての彼女でまともにエスコート出来るような男性などおりません。彼に欠けているのは才能でも能力でもなく経験なので御座います。

エスコートが上手な男性だって、最初は未経験のペーペーだったのです。そんな彼らがエスコート上手になったのは幾人もの女性をエスコートして経験を積んだからにほかなりません。

幼稚園児がボールを変な方向に投げるのを見て「お前野球下手だな」という人がいるでしょうか?

初彼女をうまくエスコート出来ない男性をバカにするのは、それと同じことで御座います。

◇3)やりたいことを口にしない

これは普通の彼氏の場合でも問題になりますが、初彼女の彼氏の場合特に大きな問題になるのでご注意くださいませ。

やりたいことを言わない。

女性がやりたいことを言わないと男性はデートでどこに行っていいのかわかりません。水族館や舞浜の某テーマパークにデートをする男性は、女性が行きたい場所がわからないからこそ仕方なく「ベタなデートスポット」を選んでいるのです。

そこそこ経験がある男性であれば、何かしらそれっぽいデートスポットを用意してくれることでしょうが、経験があまりない男性の場合、どこにデートをしていいのかわからず、結局「デートをしない」という選択をしてしまうことでしょう。

ですので特に経験の少ない彼氏様の場合、女性は「〇〇に行きたい」「□□をやりたい」とあれこれ言ったほうが関係は良好になります。

■初彼女との結婚は考えられる? 実は初めて同士は離婚率が低い

キリスト教など、婚前交渉を否定している宗教では初彼女=結婚といっても過言ではありません。

このような例からも初彼女と結婚することは当然あり得ることなのですが、それ以外にも「初めて同士」が結婚すると離婚率が低いというデータもございました。

少々難しい統計なので簡単に要点だけを掻い摘んでお話をさせて頂くと「結婚する前までに付き合った人数が多ければ多いほど離婚しやすい」というもの。

つまり付き合った人数が「1」の初めて同士の結婚はかなり離婚率が低いといえるでしょう。

その理由はさまざまでございますが、その中のひとつに「ほかの異性と比較しない」というものが挙げられます。

恋人が過去に複数いる方はどうしたって、過去の恋人と今の恋人を比較してしまうものでしょう。

「あの子はこうだったのに」「彼はこうしてくれたのに」

こういった比較は2人の関係を改善させることはございません。ただただ2人の関係を悪化させることになってしまうのです。

しかし比較対象の存在しない「初めて」の方はこういった比較をしないので、過度な期待をすることもなければ、勝手に絶望することも御座いません。

そういった点が「初めて同士」の結婚を長続きさせる理由でしょう。

完成品を求める人間は不幸になる。「育てる」楽しみを持ってみて

彼女いない歴=年齢の男性と付き合うのはデメリットばかりではございません。

確かに彼らは経験がないので、何かと間違った行動をしてしまったり、段取りが悪かったりすることもあるでしょう。

しかし、自分が経験不足であることを理解している男性であれば、女性が教えることで簡単に魅力的な男性へと成長するのです。

なまじ恋愛経験があるばっかりに、間違った考えを信じ込んでしまっている男性よりもはるかによい男性であるといえるでしょう。

もちろん恋愛経験がない男性と付き合うことで面倒なこともたくさん御座いますが、2人で一緒に成長してくことで生涯のパートナーになれる可能性は非常に高いのです。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年05月20日 21時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。