「距離を置こう」と言う男性が考えていること

2019年05月15日 11時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「彼女と距離を置くこと」にまつわるアンケート。

■彼女に「距離を置こう」と言ったことある?

「なんだか、本当に好きなのかわかんなくなっちゃった」

男女の間にすれちがいはつきもの。

付き合いが深くなってくると、些細なことからケンカになったり、マンネリ化したりして「相手のことが好きかどうかわからなくなる」なんて時期が出てくるもの。

そんなとき「いったん距離を置く」とか「しばらく会うのを控える」ことを試すカップルもいるよね。

後先考えずに別れを選ぶより、一度冷静になって考える時間も必要かも……。今回は男性陣に「距離を置くこと」について聞いてみたよ~。

Q.彼女に「距離を置こう」と言ったことがありますか?

はい:23.0%いいえ:77.0%※有効回答数100件

なるほど~~~。「距離を置こう」と言い出すのは女性からが多いかもね。

自分のほうから彼女に「距離を置こう」という男性は多くないようだけど、それを言わずにLINEや連絡を少なくしたり、「仕事が忙しい」と言い訳を作ったりして会う回数を減らしていそうだけどね(笑)。

「距離を置くこと」について男性はどう考えているのか、深掘りしてみるよ~。

■「彼女に距離を置こうと言ったことがある」派の男性心理

◇うまくいかず、別れたいと思っていたから

・「別れたいが別れようと言いづらい場合、距離を置きたいという言葉を代わりに使う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「一緒にいるのが負担になってしまったから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

わ~、ずるいね(笑)。男性は「別れたい」を「距離を置きたい」という言葉で代用することも!

距離を置くことでフェードアウトを狙っているんだよ。いきなり別れ話をするのは気が引けるし、別れたい理由を問い詰められると困るからだろうね。

「とりあえず距離を置こう」と言うことでうまく逃げられるんじゃないか、と踏んでいるのかも。

だけどそのせいで関係がウヤムヤになるくらいなら、「それって別れたいってことなの?」って真意をたしかめたほうがいい。

そこで、彼が説明もせずに黙り込んだり、邪険な態度を見せたりするなら、あなたから「さよなら」って言葉を叩きつけてあげよう!

自分がしてきたことのケジメをつけられない男性は、何に対しても中途半端。早々に見切って正解よ。

◇相手の大切さを再確認するため

・「距離を置くことで、相手の大切さが再発見できるかもしれないと思ったから」(35歳/その他/事務系専門職)

・「当たり前に一緒にいることに慣れたくなかったし、距離を置くことで相手の大切さを改めて感じたいと思ったから」(38歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

距離を置くのは何もマイナスな感情からとは限らないよ。自分にも落ち度がなかったかを考えてみるいい機会にもなるしね。

一緒にいるのが当たり前な甘えられる関係になると同時に、相手を思いやる気持ちは忘れてしまいがち。でも、あえて会わない時間を作ることで、いろんなことが見えてくる!

付き合い当初の気持ちを振り返ったり、交際中のやり取りを思い返してみたりすれば、「ああ、ちゃんとわかってなかったかも」なんて、相手の気持ちがいっそう理解できるようになることも。

人間は近すぎると見失うことも多いからね。本当に大切なものに気づけば、もう一度新たな気持ちでスタートできるんじゃない?

■「彼女に距離を置こうと言ったことがない」派の男性心理

◇距離を置いても得るものはないから

・「距離を置くと、そのあとがなくなると思うから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「そこから改善するとは思えないから」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

相手から一方的に「距離を置きたい」と言われた場合、こちらから連絡するのはすごく勇気のいることだよね。

彼がどうしているのか気になっても「ウザいと思われたらどうしよう」「返事がこなかったらどうしよう」なんて怖さからLINEすら送れなかったりして……。

しかも、彼が距離を置いても“あなたの大切さ”に気づけない鈍感さんなら、そのあと一切連絡をくれないかもしれない。下手すると、ちゃんと別れてもいないのに、いつの間にか別に彼女を作ってしまうことも!

自然消滅にならないためには、距離を置く際に「会うのは一切やめるのか、月1くらいで会うか」「連絡はどれくらいの頻度でするか」など“距離のとり方”を決めることだね。

◇距離を置くなら別れる

・「中途半端だから、いっそのこと別れたほうがお互いのためだと思う」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「距離を置くのは別れるのと同じだから、距離を置くなら別れる」(34歳/その他/その他)

距離を置くくらいならはっきりさせたいという男性は、ある意味誠実なのかもしれない。

「距離を置こう」と言ってくる男性の中には、別れ話もしないですでに「俺の中では終わってる」と自分ひとりで勝手に完結させちゃっていることもあるからね。

ちゃんと段取りを踏んだ別れであれば、振られることはつらくとも「連絡を待つ」という時間からは開放されるもん。

“ハッキリしない別れ”だと「なんで? どうして何も言ってくれないの?」って、長い時間その恋を引きずってしまうからね。

■恋の教訓:男性は“ウヤムヤに別れること”を選びたがるもの!

せっかく2人ではじめた恋なんだから「なんとな~く」では終わらせたくないよね。

だからこそ、恋愛コラムニスト・神崎桃子から女子のみなさんに警告。

成熟した男性ならともかく、恋愛経験が少ない男性や恋愛偏差値が低い男性は特に面倒くさい行程や修羅場を避けたがるし、ウヤムヤに別れたがるってことを覚えておいて!

だからもし距離を置く場合は、「いつまで」という期限を設けるべきだね。そうじゃないと曖昧なままで終わっちゃうよ(涙)。

いったん距離を置き、その期間が終わったら会って話して、今後のことを決めようよ。

もし、会えない期間で「この人がやっぱり好き」と2人が思えなかったとしても、「今までありがとう」と感謝するための機会は持つべきじゃない?

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ)

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年3月22日~3月23日調査人数:100人(22~39歳の働く男性)

「恋の答案用紙」おすすめ記事

別れた元カノとの復縁はアリ?彼氏好みの服装に合わせる女性、アリ? ナシ?男性にとって「恋愛」と「結婚」は別物?

もっと読みたい方はこちら

マイナビウーマン

2019年05月15日 11時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。