男性に聞いた「あえてLINEを続けない理由」

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「好きな女性とのLINE」にまつわるアンケート。

■好きな女性とのLINEは毎日続ける?

「あれ、あの人からまたLINEがきてる……」

頻繁に男性からLINEが送られてくると、「もしかしてこれって、私に気があるってこと?」な~んて自惚れちゃうよね。

女性に比べて男性は、用件もないのに連絡したり世間話したりするのは得意じゃないからこそ、“LINEを送ってくる頻度”は彼の気持ちを推し量る判断材料になるってもの。

そこで今回は男性にこんなことを聞いてみたよ~!

Q. 片思いしている女性とのLINEは、毎日続けようとしますか?

はい:48.0%いいえ:52.0%※有効回答数100件

う~む。ほぼ半々という結果に……。

でも、毎日のLINEが1週間も続いたら、もうデートの約束とかしちゃいそう。だって会話が続くのは盛り上がっている証拠なんだから。

ただ、文面を考えるのがあまり得意でない男性も多いから、LINEが頻繁でないからって「あの人は自分に興味がない」と決めつけるのはまだ早い!

それでは、好きな相手にLINEを送り続ける男性とそうでない男性の本意を探っていくよ!

■「片思いしている女性とのLINEは毎日続ける」派の男性心理

◇自分のことを意識してほしい

・「少しでもその人の中に存在していたいから」(38歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「できるだけその人のことを知りたいと思うし、やりとりをすることで印象を与えたいから」(27歳/不動産/営業職)

男性は好きな人にはストレート。相手のことをもっともっと知りたいから、せっせとLINEを送るもの。

休日は何しているのか、好きな食べ物や趣味はなんなのか、どんな男性が理想なのか、どんな恋愛をしてきたのか……な~んてことをうまく聞き出そうとするんだよ。

また、会話の内容もちゃんとインプットしているだろうね。「この間○○が好きって言ってたよね」ってメッセージがきたらまちがいなし! どうでもいい相手との会話なんて真剣に聞いちゃいないし、覚えていられないんだから(笑)。

◇付き合えるきっかけがほしい

・「いつか付き合える日がくると思うからです」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「コンタクトをとり続けることで、何かのきっかけをつかみたいから」(35歳/医療・福祉/事務系専門職)

そうだよね。今はまだ恋愛関係にはならなくとも、LINEでつながっている限り「もしかしたらいつかは付き合えるのではないか……」と夢と希望が持てるもの。

彼から“俺様通信”がくるのは仲よくなるためのキッカケ作り。こっちが聞いてもないのに彼が近況報告してくるのは、必死だからこそなの(笑)。

ランチで入ったお店のことや、食べた料理のことが画像とともに送られてきたら、あなたの関心を惹きたい証拠だね。画像添付の「ひと手間」に彼の思いが詰まっているかもよ!

■「片思いしている女性とのLINEは毎日続けない」派の男性心理

◇毎日は面倒

・「好き嫌いに限らず、毎日連絡とるのはしんどい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「メッセージは苦手なので直接会って話したい」(36歳/建設・土木/技術職)

いくら男性が面倒くさがり屋だとしても、興味のある女性には接触しようとするはず。

久しぶりのLINEで「この映画、すごいおもしろいらしいよ」「今、友だちと旅行に来てるんだけど、お土産のスイーツが有名なんだって。○○ちゃんは甘いもの好き?」なんて言ってきたら、2人で会う方向に誘導しているってこと。

男性が「本当にモノにしたい!」と思っていたら、会うための口実を作ろうとするのが自然な流れよね。

◇相手の迷惑になりそう

・「相手にも負担になると思うので、毎日はしないと思う」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「片思い中なので、あんまりやりすぎると気持ち悪がられるから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

LINEを送るのをためらってしまう男性の気持ちもよくわかるな~。相手の生活のリズムを配慮すると、そうそう頻繁には送れないよね。

女性だって好きな男性に「ウザい」と思われたくないからこそ、LINEを送りたくともあえて我慢することもあるよね。

男性も積極的に攻めるタイプばかりじゃないからね。自分に自信がなければ、そうそう強気のアプローチなんてできないよ。

だから、マメでなくとも、たま~にでも相手からLINEがきているなら、あなたとかかわりたい気持ちはあるってこと。LINEの頻度より文面から彼の気持ちをうまく読み取ってみて。

■恋の教訓:LINEが苦手な男子でも、好きな子の連絡には反応するもの!

何かとLINEを送ってくる男性は、あなたのことが気になって仕方ないんだよ。

女子がよくやる鉄板のテク「~くんはどう思う?」みたいな疑問系のLINEも、男性はモテるためや駆け引きではなく無意識のうちに送っているの。本当に興味がない相手のプライベートなことなんて知りたがらないからね。

ただ、中には“LINEに消極的な男子”もいるから判定が難しいこともある。

でも、いくらLINEに苦手意識を持っていたとしても、やっぱり好きな人からの連絡はほしいものだし、連絡がきたらうれしいもの。気が進まない相手なら放置したり返信をためらったりすることもあるだろうけど、好きな子にはなんらかの反応をするはず。

もし、あなたが「あの人、私のことどう思ってるのかな……」って知りたかったら、ぜひ自分からLINEを送ってみて。

そこで、あなたが送ったLINEになかなか返してこないグズグズ男子だったら、とっとと見切りをつけちゃおう。

そんな不精な男子にあなたの大事な時間を捧げるのはもったいない! 「キミのことが知りたい」「キミともっと話したい」と言ってくれる彼を探そうよ。

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ)

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年3月22日~3月23日調査人数:100人(22~39歳の働く男性)

「恋の答案用紙」おすすめ記事

好きな人からのLINEにはマメに返信するべき?付き合ってないのにLINEでハートを送るのはアリ?男性にとって「恋愛」と「結婚」は別物?

もっと読みたい方はこちら

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。